名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

トマス・J・ワトソン・ジュニアの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

トマス・J・ワトソン・ジュニアのプロフィール

トマス・ジョン・ワトソン・ジュニア。アメリカの経営者。「IBM」2代目社長。オハイオ州出身。父はIBM創業者トマス・J・ワトソン。プリンストン大学を経て、ブラウン大学卒業。父の創業したIBMに入社。アメリカ陸軍パイロットとして第二次世界大戦に従軍。父の死後、IBMの総指揮を執った。黎明期だったコンピューターに巨額の投資を行い、同社をコンピューター産業の巨人に育てた。

トマス・J・ワトソン・ジュニアの名言 一覧

野鴨は馴らすことはできる。しかし馴らした鴨を野生に返すことはできない。もうひとつ、馴らされた鴨はもはやどこへも飛んでいくことはできない。ビジネスには野鴨が必要なのである。


組織の持つべき基本的な考え方は技術力、資金力、組織構造、新製品の導入、タイミングといったことより、はるかに強く企業業績とつながっている。


トマス・J・ワトソン・ジュニアの経歴・略歴

トマス・ジョン・ワトソン・ジュニア。アメリカの経営者。「IBM」2代目社長。オハイオ州出身。父はIBM創業者トマス・J・ワトソン。プリンストン大学を経て、ブラウン大学卒業。父の創業したIBMに入社。アメリカ陸軍パイロットとして第二次世界大戦に従軍。父の死後、IBMの総指揮を執った。黎明期だったコンピューターに巨額の投資を行い、同社をコンピューター産業の巨人に育てた。

他の記事も読んでみる

羽鳥兼市

潜在能力を発揮するには条件があると思うのです。それは、恥ずかしさ、見栄、安っぽいプライドなどを捨て去ること。笑われることを恐れているからこそ、守りの姿勢になってしまい、せっかくの力をセーブしてしまう。常識の枠に入って「あいつ、おかしいんじゃないか?」と揶揄されることが怖いから、一歩前へ踏み出せなくなる。でも、実は常識にとらわれず、突き進んだほうがおもしろいんですよ。


奥田務

エリート路線とはほど遠いところから出発したのが私のビジネス人生。大丸入社後、京都店の旅行用品売り場に配属され、返品の伝票処理や倉庫の整理など、雑務の連続に辟易とし、「こんな会社辞めたろか」と思いながら、鬱々とした毎日を過ごしていました。鬱々としつつも、ただ不満を持っているだけではダメなんじゃないかと思い、与えられた仕事は絶対に誰にも負けないよう、全力で取り組んだ。接客はもちろん、雑務も手を抜きませんでした。


山内溥

任天堂は娯楽の会社で、娯楽以外はしないほうがいい。


鈴木喬(経営者)

みんなが同じ方向に向かう「順張り」の戦いでは、基本的に強いものが勝ちます。当社の場合、「順張り」の状況では国内外の最大手には勝てません。ですから、大量生産大量販売のマスマーケットには行かず、戦いの場を選び、敵がいない、少ないところで勝負する「逆張り」の戦略を取っています。


高妻容一

見える化すれば、目標を達成するためには何をどうすればいいかが見えてきて、やる気が高まる。


徳岡邦夫

かつては、京都吉兆にも失敗を極度に恐れる空気が漂っていました。あるとき料理にふさわしい器を探して箱を開けたら、目当ての皿が割れていたことがありました。どうやら従業員が割ってしまい、叱られるのを恐れてそのまま箱のなかに隠していたようです。正直に報告してくれたら、あらかじめ新しい皿を用意することもできたはずですが……。ここで黙っていた従業員を責めても仕方がありません。もちろん皿を判ってしまって、それを隠すのはよくないことですが、問題なのはむしろ、失敗を言い出せない雰囲気をつくっていた職場のあり方です。


大山健太郎

当社は、まさに下請けからスタートして、下請けの悲哀というものを経験しました。つまり、自分で値段を決められない。要するに「イエス」か「ノー」でしか仕事ができない。私にとってみれば「自分の人生は1回しかないのに、一生下請けの親父で終わりたくない」という気持ちが強くなり、21歳のときから自社商品の開発を始めました。そして、水産、農業というマーケットで新しい商品を作り、ダイレクトで商売をさせていただいたということなんですね。


ジャック・マー(馬雲)

時間をかけて築いた信頼をいかに永続させるか。そのために、ブランドの信用を傷つけかねないミスをいかに少なくするか。競争に勝つカギはそこにあります。知名度を上げることとブランドをつくることは、競争戦略上はまったく違う戦いなのです。


酒巻久

凡人の私たちが努力をしないのであれば、競争に負けて当然。


すはらひろこ

スッキリ片づいたかどうかは、なかなか自分では判断しにくいもの。デジカメや携帯電話のカメラで、自分のデスクを上の方から引き気味に撮影してみよう。レンズを通すと、「他人目線」で見ることができ、思っていた以上にアラが見つかる。画像を見て初めて気づいた部分から手をつけ、再度撮影すると効果が体感できる。小さな成功体験の積み重ねでモチベーションを上げよう。


孫正義

若いうちの苦労は買ってでもしろといいますが、無理難題を体験すればするほど底力がついてくる。


蔭山洋介

スピーチにおいて、自分の意見を言うのは1割ぐらい、それもありふれた内容で構わない。むしろ聴衆が聞きたいのは体験の部分だ。直接的に感情を言葉にするより、体験を話すことによって感じてもらうほうがより響く。