名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

トマス・J・ワトソン・ジュニアの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

トマス・J・ワトソン・ジュニアのプロフィール

トマス・ジョン・ワトソン・ジュニア。アメリカの経営者。「IBM」2代目社長。オハイオ州出身。父はIBM創業者トマス・J・ワトソン。プリンストン大学を経て、ブラウン大学卒業。父の創業したIBMに入社。アメリカ陸軍パイロットとして第二次世界大戦に従軍。父の死後、IBMの総指揮を執った。黎明期だったコンピューターに巨額の投資を行い、同社をコンピューター産業の巨人に育てた。

トマス・J・ワトソン・ジュニアの名言 一覧

野鴨は馴らすことはできる。しかし馴らした鴨を野生に返すことはできない。もうひとつ、馴らされた鴨はもはやどこへも飛んでいくことはできない。ビジネスには野鴨が必要なのである。


組織の持つべき基本的な考え方は技術力、資金力、組織構造、新製品の導入、タイミングといったことより、はるかに強く企業業績とつながっている。


トマス・J・ワトソン・ジュニアの経歴・略歴

トマス・ジョン・ワトソン・ジュニア。アメリカの経営者。「IBM」2代目社長。オハイオ州出身。父はIBM創業者トマス・J・ワトソン。プリンストン大学を経て、ブラウン大学卒業。父の創業したIBMに入社。アメリカ陸軍パイロットとして第二次世界大戦に従軍。父の死後、IBMの総指揮を執った。黎明期だったコンピューターに巨額の投資を行い、同社をコンピューター産業の巨人に育てた。

他の記事も読んでみる

滝一夫

新規得意先を増やし、売上高を大きくすることが重要。例えば、他にチャネルはないのかと探したところ、通販やネット販売なども伸びてきている。そこに、今までは真剣にアプローチをしてこなかった反省があります。納めてみると消化率がいいのです。すると好循環で、新規の商材が入ってくるようになります。次のアプローチでまた扉が開いていく、といった具合に売るチャネルが増えたのです。


大橋徹二

コマツでは「新しい価値の創出」を「イノベーション」と定義している。それはお客様のビジネスを大きく変え、我々も変化していくようなソリューションである。


鈴木喬(経営者)

経営者の仕事は過酷です。寝ても覚めても株価、売上、利益、シェアといった数字が頭から離れません。特に私のように独りで決断する独裁的なタイプの経営者であれば、なおさら負担は大きく、道楽でないとやっていられません。


出口治明

ビジネスマンに成り立ての頃、ある先輩に「管理職になったら、部下の言うことを良く聞くこと」と教わりました。「賛成か反対か、部下の意見をちゃんと聞けと言うことですね」と聞くと、「そうではない」と言いました。「賛否のような結論は、話を聞かなくても数秒でわかる。大事なのはなぜ反対なのか、なぜ賛成なのか。部下の考え方のパターンを知らないと、その部下を上手に使えないだろう」と言うわけです。


萩本欽一

どんなちっちゃなことでも損から入るといいですよ。人のために自分の時間や知恵やお金を使うと「睡眠時間が減る」とか「頭が痛い」「心が痛い」「ふところが寒い」などなど、いろいろな不都合があると思うのね。でも、それぐらいは我慢しちゃうと、あとで運になります。損のまま終わる人生ってないんです。


福沢諭吉

碁・将棋の晴れの勝負に、ぜひとも勝とうとする人はかえって敗北して、無心の人が勝利することが多い。その理由は、勝負を軽く見るのと重く見るのとの違いで、無心の人は、もともと晴れの勝負を晴れと思わず、これくらいの争いに負けてもどうということはないと覚悟しているので、決断が速く駆け引きも活発になるのである。


斎藤精一郎

交渉相手の武装解除のコツは、相手に話させること。話を聞くうちに「一緒に問題を解決しよう」という意識が芽生える。人は誰かが作ったジグソーパズルは容易に壊せても、自分が作ったパズルは崩せないという心理があるもの。意見を求めることはピースを渡すこと。自然に、相手の武装解除ができるわけです。


ハロルド・ジェニーン

批判されるのが好きな人間はいない。批判を受けた場合、最初の反応は防御と反撃の衝動だ。しかし、それは各自が努力して自制すべき種類の衝動だ。誰かが私と意見が合わない場合、私はキッとなるのを避けるために、意識的に後ろにもたれる姿勢をとるように努めた。私は自分が間違いを犯そうとしているかもしれないときには、誰かがそれを指摘してくれることをいつでも望んでいた。私は相手の言うことを聞き、見解を交換した。


豊竹呂太夫・6代目

そもそも人間はアンビバレントなんです。例えば私の祖父は毎朝、神棚に向かい、食事を取れる感謝を示していました。そんな祖父が夜ともなれば芸妓の元に出かけていくんですよ。その姿を見ながら、清らかな心を持った朝の祖父はどこにいったんだろうと眺めていました。でもそうやって祖父はバランスを取っていたのだと思います。今の社会は、自分の良い面ばかりを見せようとし過ぎる傾向が強いように思えます。非難されるのを恐れて、嫌なことも我慢してしまう。これでは精神のバランスを保つのは難しい。もっと自分の感情をさらけ出していいと思います。


竹中平蔵

厳しい時代ですが、働く人たちに言いたいのは、どんな時代でも、生きる基本は自助自立ということです。それをきちんと実行する人がたくさんいればいるほど、「本当の弱者」を助けることができるのです。「自分でやる」というのを、家族でも企業でも社会でも、大原則にしなければなりません。自分の力を高めること。これに尽きます。


伊東信一郎

アジアでナンバーワンになり、世界における知名度を高めるには、安全運航、定時運行はもちろん、機内・機外におけるサービスの質を向上させることで顧客満足度を高め、「乗るならANA」と言ってもらうことです。そういう人が増えていけば利益は自然についてきます。こうしたサイクルを地道に回しつつ、ときにはアッと驚くプロダクトを投入するのです。


中根千枝

タテ社会の組織は、ジリ貧になると、行くところまでいかないと、変化を起こせない弱さがあります。しかも、同じ組織の中にどっぷり浸かってしまいますから、違う環境で自分を試してみるという体験が乏しい。