トマス・ホッブズの名言

トマス・ホッブズのプロフィール

トマス・ホッブズ。イングランドの哲学者、政治哲学者。オックスフォード大学卒業。家庭教師、翻訳家などをしながら論文を執筆。著書に『リヴァイアサン』『哲学原論』。

トマス・ホッブズの名言 一覧

人間の欲望は無限に膨らむ。


人は他人にとってはオオカミである。


トマス・ホッブズの経歴・略歴

トマス・ホッブズ。イングランドの哲学者、政治哲学者。オックスフォード大学卒業。家庭教師、翻訳家などをしながら論文を執筆。著書に『リヴァイアサン』『哲学原論』。

他の記事も読んでみる

小宮一慶

経済のセンスや世の中を見る目は地位が上がるにつれ、より重要になります。30代になったら、数字に対する感性をさらに磨くべきです。なかでもマクロ経済の大きな流れを勉強することは最優先事項です。


古森重隆

情報を読み取ることは大事なビジネススキルと言える。様々な要素から世の中の動きをキャッチする力があれば、それに対して賢い対応ができる。


小川仁志

効率性やコストパフォーマンスをいったん棚に上げ、とことんこだわって取り組む職人気質が、日本の様々な分野で根付いています。だからこそ高品質のモノや、きめ細かいサービスを提供できる。


松本幸夫

朝は頭を使う時間です。新聞やネットでの情報収集といったインプットよりも、企画のアイデアを出したり、計画や戦略を練ったりといったアウトプットにより多くの時間を割くべきでしょう。また、朝は睡眠によって雑念がリセットされているので、判断や決断を下すのにも適しています。


佐藤優

人類の法則、歴史の法則から言えば、侮るものは必ずしっぺ返しを食らう。


マリー・ブライアント

勇気とは慣れ親しんだものを手放す力だ。


梅原一嘉

何のために事業を行うのかが重要。


谷田千里

大学卒業後に入社したコンサルティング会社で、ある先輩が新規案件の営業先に同行させてくれました。先輩からは「お礼状を必ず書きなさい」と教えられていたので、お会いした社長に後日、手書きでお礼状を出したところ、新卒の若者をこんなふうにちゃんと指導している会社なら、仕事もしっかりしているだろうということで、その新規案件を発注していただきました。自分としては決められていたことをやっただけでしたが、見る人は細かなところまでよく見ているんだなということを、改めて痛感しました。


小山昇

ボールを上に投げたら、必ず下に落ちてくる。放物線の頂点までは、誰でも上に上がっていると考える。でも、頂点がどこかなんて誰にもわからない。もう少し先かもしれないし、もう落ちる寸前かもしれない。それなら、いつでも変えたほうがいいというのが私の考え。


クセノフォン

もし、私が意気消沈していれば、彼ら全員が臆病になる。もし、私が決然と敵に対して戦う準備を整え声をかければ、彼らは私を真似て行動し従う。


伊勢谷友介

人は子供に「将来、あなた何になりたいの」って聞くじゃないですか。それは手段であって目的ではないんです。つまり、「志」を持つことを学ばなければならないんですよ。例えば、「イイクニつくろう鎌倉幕府」にしても、年表を覚えても意味はないですよね。大事なのはその時起こったドラマなわけで、手段と目的をはき違えることが多いわけです。しかも、年号が間違っていましたと変えるわけです(笑)。


高須克弥

認知症は、僕は予防も治療もしなくていいと思う。僕は何度も死にかけたからあまり怖くないんだけど、人間って死を恐れるでしょ。だから、認知症になっていつの間にやら死ぬってすごくハッピーなのよ。新しいことは覚えられないけど、昔の楽しい思い出は残る。だから、認知症は神様からのプレゼントなの。


及川茂

浮世絵は外国に渡ってしまって寂しいですが、関東大震災と第2次世界大戦の空襲で、東京にあった浮世絵はほとんどが燃えてしまいました。しかし、浮世絵の名品中の名品と言われるものは、明治時代にほとんど海外に行ってしまっていたことで生き残りました。世界中の人が浮世絵の価値を認め、大事にしてくれたおかげです。全て日本にあったら、海外の人は浮世絵の価値を知ることさえなかったでしょう。


枝野幸男

権力が権力たる正当性の根拠は、憲法で与えられており、その憲法を守らなければ、権力としての正当性がないということ。


梅原勝彦

私は、自分の子どもたちには会社の仕事をさせませんでした。それは子どもの出来が悪いからではなく、私が子煩悩で、社員と同じように厳しく接することができないと思ったからです。ただし、できるなら世襲のほうがいい。他人を経営者に育てるには、余計な手間がかかるからです。それが二代目、三代目なら、錦の御旗があるので社員もついていきやすい。だから、同じかちょっと劣る程度の能力があるなら、世襲のほうがいいと思います。たとえば会社が経営難に陥ると、他人なら放り出してしまうこともありますが、子どもならがんばれる。ただ、この場合も、いつでも他人に継げるいい会社にしておくという条件つきです。


ページの先頭へ