名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

トマス・ア・ケンピスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

トマス・ア・ケンピスのプロフィール

トマス・ア・ケンピス。15世紀、ドイツ生まれび神秘思想家、神学者。聖アウグスチノ修道会で司祭に叙され、副院長まで勤めた。カトリック・キリスト教徒に広く読まれた『キリストに倣いて』の著者。同書はイエズス会で公式テキストとして使われた。また、カトリックだけでなくプロテスタントも高い評価を与えている著作

トマス・ア・ケンピスの名言 一覧

誰がそう言ったかを尋ねないで、言われていることは何か、それに心を用いなさい。


勇気を失わず勇敢な人間であれ、慰めは適切なときに汝を訪れるであろう。


真実の永遠なる栄光を求める者は、たわいもないこと、意味のないおしゃべりに関わらない。心にこれを軽蔑せざる者は、天上の栄光を求めざるを示す者なり。


毎年一つの悪習慣を直したら、我々はやがて完全な人間になることができるだろう。


我々は好んで他人が完全であることを求めるが、自分自身の欠点を正そうとはしない。


休息と幸福は、誰しも渇望するものであるが、これらは勤勉によってのみ得られる。


自己の望みを人間や物に置くのは愚かなことである。より多く持つことより、より少なく望むことを常に選べ。


トマス・ア・ケンピスの経歴・略歴

トマス・ア・ケンピス。15世紀、ドイツ生まれび神秘思想家、神学者。聖アウグスチノ修道会で司祭に叙され、副院長まで勤めた。カトリック・キリスト教徒に広く読まれた『キリストに倣いて』の著者。同書はイエズス会で公式テキストとして使われた。また、カトリックだけでなくプロテスタントも高い評価を与えている著作

他の記事も読んでみる

江上治

「与える人」の成功は時間がかかるが、確実で永続的だ。


栗木契

市場とは不確実な場である。未来の結果はわからない。だから、マーケティング・リサーチが必要となる。しかし科学的なマーケティング・リサーチが、あらゆる不確実性に有効であるかはよく考えてみる必要がある。


最上悠

部下を叱るというコミュニケーションの場で起こりがちな問題は、そこに上司の感情が入りすぎてしまうことです。基本的に人は感情をぶつけられると苦しく感じるものです。ただし、受け取る側が理解し、コントロールできる範囲の感情であれば心地よく感じることもあります。体育会系で先輩に殴られても感謝しているような人はその極端な例でしょう。


澤田秀雄

各世代にまんべんなく来場して頂けるような魅力ある施設にしなくては、将来展望は描けない。顧客ターゲットを絞ってしまうのは愚策。


山崎直子

不安を恐れず、最初の一歩を踏み出してみる。そのときできることを積み重ねていくことが、大きな夢につながっていくのではないでしょうか。それにとことんまで本気で考えていくと、その本気が人にも伝わり、状況が少しずつ前向きに動き始めていくように思えるのです。


和久井康明

イノベーションによる新規事業の創出が、成長の原動力だったのは間違いない。しかし同時に、事業の撤退や縮小も大事でした。


高橋俊介

雇用が多様化した現在、職場には子育て中の女性社員もいれば、外国人もいる。派遣社員もいれば、業務委託先のスタッフもいるわけだ。こうした人々をまとめるには、縦の上下関係に強い従来のリーダーシップだけではなく、多様性を理解して部下のポテンシャルを引き出す新しいリーダーシップが必要となる。


竹内清文

人は持ち物の8割をほとんど使っていない。お気に入りの2割があれば、満足度は変わらない。


クリス・アンダーソン

あるもののコストがゼロに向かっているならば、フリーは可能性ではなく、いつそうなるかという時間の問題だ。それなら真っ先に無料にすればいい。それは注目を集めるし、注目をお金に換える方法は常に存在する。無料にすることで何ができるか考えてみよう。


山田英夫(経営学者)

最近見られるようになってきたのが、企業のバリューチェーンの機能の一部を「代替」、あるいは「追加」する形での協調戦略です。前者は、競合企業のバリューチェーンの形は変えずに、その一部を代替することです。かっては内製化が当たり前だった機能を、最近ではアウトソーシングするケースが出てきています。後者は、競合企業のバリューチェーンの中に新たな機能を追加することです。それにより、複数の企業を束ねたり、新たな顧客接点をつくったりするという特徴があります。


平本あきお

やるべきことだとわかっているのに、やる気がなかなか出ないのは、心理的抵抗があるからです。心理的抵抗は、「やること」と苦痛が結びついており、一方、「やらないこと」が快と結びついていることから生じます。それぞれ、具体的にどういう苦痛や快なのかを明らかにします。


久水宏之

事業の継承において本当に大切なのは、「志の継承」である。