トマス・ア・ケンピスの名言

トマス・ア・ケンピスのプロフィール

トマス・ア・ケンピス。15世紀、ドイツ生まれび神秘思想家、神学者。聖アウグスチノ修道会で司祭に叙され、副院長まで勤めた。カトリック・キリスト教徒に広く読まれた『キリストに倣いて』の著者。同書はイエズス会で公式テキストとして使われた。また、カトリックだけでなくプロテスタントも高い評価を与えている著作

トマス・ア・ケンピスの名言 一覧

誰がそう言ったかを尋ねないで、言われていることは何か、それに心を用いなさい。


勇気を失わず勇敢な人間であれ、慰めは適切なときに汝を訪れるであろう。


真実の永遠なる栄光を求める者は、たわいもないこと、意味のないおしゃべりに関わらない。心にこれを軽蔑せざる者は、天上の栄光を求めざるを示す者なり。


毎年一つの悪習慣を直したら、我々はやがて完全な人間になることができるだろう。


我々は好んで他人が完全であることを求めるが、自分自身の欠点を正そうとはしない。


休息と幸福は、誰しも渇望するものであるが、これらは勤勉によってのみ得られる。


自己の望みを人間や物に置くのは愚かなことである。より多く持つことより、より少なく望むことを常に選べ。


トマス・ア・ケンピスの経歴・略歴

トマス・ア・ケンピス。15世紀、ドイツ生まれび神秘思想家、神学者。聖アウグスチノ修道会で司祭に叙され、副院長まで勤めた。カトリック・キリスト教徒に広く読まれた『キリストに倣いて』の著者。同書はイエズス会で公式テキストとして使われた。また、カトリックだけでなくプロテスタントも高い評価を与えている著作

他の記事も読んでみる

経沢香保子

一致団結してモノづくりに励んでいた時代なら、体力があって仕事にフルコミットメントできる男性に比べ、女性に不利な面が多かったのは事実です。いまはそのころに比べ、女性の働く環境は格段によくなりました。むしろ邪魔をしているのはビジネスに女性は不利だという固定観念です。それさえ払拭できれば、女性であることのメリットのほうが大きいと私は思っています。


小池利和

爆発的にヒットした399ドルのファクスは通常の半分の期間で開発しました。大きなプレッシャーがのしかかる中でそれを成し遂げることができたのは、画像システム事業部が「燃える集団」になったからだと安井さん(安井義博社長)は回想していました。


瀧本哲史

生き残るためには、答えが分からないことに挑戦していかなければいけません。部署でも企業でも、既存の組織を横断するような形でリソースや知恵を集めないと解決できないような問題が増えていきます。プロジェクトごとに離合集散を繰り返す、目的志向で集まる集団が必要となっていきます。


朝倉千恵子

逃げたいと思うとき、私は絶対に逃げない。一度逃げると、逃げ癖がつくからです。目の前に壁が現れたとき、その壁は前だけでなく、右にも左にも後ろにもあるものです。だから壁は乗り越えるしかないのです。そして、乗り越えられない壁なんてないのです。


向井秀徳

「何者でもなかった自分が何者かになりたい」という一心で曲を作っていた。


鎌田浩毅

他人にはないオリジナリティというものは、いきなり生まれるものではありません。世界の見方を変えたレヴィ=ストロースもアドラーも若い頃から長く先人の真似をして仕事をしてきたからこそ、オリジナルな仕事ができるようになったのです。


水野操

「仕事を作る人」になるには、常に世の中の動きを勉強することが不可欠。AIを含むテクノロジーが自分の仕事や業界にどう影響するかは、新聞を読んでいればいくらでも情報が見つかります。一つの会社で長く働いていると、社会と自分の間に自社というワンクッションがある。自分の会社の中で最先端の仕事をやっているつもりでも、同じことを他の会社では皆が当たり前のようにやっている、ということは多いのです。今後は、会社の外の人や情報と接する機会を増やしていく人と、そうでない人の差はどんどん広がるでしょう。


臼井由妃

文章を書くときに相手がスラスラと読めるようにするための気配りが必要です。ダラダラと続く冗長な文章は、相手の集中力を途切れさせてしまうもの。短いセンテンスで簡潔に書くことを心がけたいところです。


猪瀬直樹

普段はニーズがなくても、それを必要とする人は必ずいる。


梅森浩一

仕事は「とりかかりやすいもの」「時間がより少なくて済むもの」から取りかかるというのが基本的なルールです。実際の仕事の場合は、最初に資料集めのような仕込みを済ませてから、「よりリターンが大きく」かつ「実行が容易なもの」を最優先するといいでしょう。


植木理恵

自分が発した言葉や自分の行動、頭に思い描くイメージは、少なからず心に影響を与えます。


宮崎駿

観終わったときに、実に「ああ、映画を観た!」っていうような、そういう映画をつくりたいです。本当にそれだけですよ。「ああ、金を払って得した」とか「観に来てよかった」っていうような。観た人がちょっと元気になるとか、ちょっと気持ちが新鮮になったとか、そのくらいのところが僕らの狙い目だなあと思うんだけど、でも、そういう映画をつくるためには、やっぱり映像表現とか内容についても緊張感を失ってはいけないと思うんです。なかなかそういかないんで困ってるんですよ。


矢野博丈

知恵を働かせることができるのも、人間が将来を怖がる生き物だからなんです。せっかくそうした感性があるのだから、格好つけずに将来を思う存分におそれればいいと思います。不安が強ければ強いほど、努力ができるはずですから。


鈴木おさむ

この業界に入ったとき「たくさん映画を観ろ」と言われたので、面白いもの、つまらないもの、いろいろ含めて年間で360本以上観る生活を続けました。その結果、三年ほどたったあたりから、企画を思いつくようになったのです。きっと頭の中のデータ量が増えて、検索エンジンが機能するようになったのでしょう。


出口治明

自分の中身を磨くには「人、本、旅」。普段からたくさんの人に会い、たくさんの本を読み、いろいろな場所へ足を運ぶことが、あなたの魅力をアップさせる。


ページの先頭へ