名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

トニー・レオンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

トニー・レオンのプロフィール

トニー・レオン、梁朝偉(リャン・チャオウェイ)。香港の俳優、歌手。香港出身。高校を飛び級で卒業。様々な仕事を経験した後、友人のチャウ・シンチー(周星馳)に誘われ、香港大手テレビ局TVBの俳優養成所に入る。その後、TVドラマや映画で俳優として活躍し、トップスターとなった。主な受賞にカンヌ国際映画祭男優賞。

トニー・レオンの名言 一覧

本当に必要なものは、情熱だけです。情熱がなければ、仕事を続けることも成長しようとする意欲もわきません。自分をしっかりと愛して、仕事にも情熱を注いであげる。それができる人は、プロフェッショナルといえるのではないでしょうか。


一流になるためには、第一に、現実に対処する包容力を身につけることです。最悪な状況でも、「これは自分に課せられた試練なんだ」と思い込みましょう。


僕は、人から「あいつは嫌な奴なんだ」といわれている人でも、どんな人でも受け入れる努力をします。それでも人を受け入れることができなければ、それは自分の訓練が足りない証拠です。


成果や結果ばかりを追い求めても、得るものは少ないでしょう。むしろ、有名になると、「あいつはひどい奴だ」「威張ってるな」「たくさん稼いでるんだろう」などと、誹謗中傷もあります。そういった負のスパイラルに陥ると、仕事がつまらないものになってしまいます。


仕事の過程では、とても楽しい時間もあれば、本当につらい時間も、かなり不愉快な時間もあります。でも、様々な感情を抱いている時間こそが、自分を啓発したり、啓蒙するのに役立ち、新しい発見を与えてくれるのです。


僕は、成果や結果があまり重要だと思っていません。終わったあとに残る成果よりも、仕事が終わるまでの過程の方が、よっぽど価値が高いと思うのです。


仮に、あなたの上司が駄目な上司でも、やさぐれたりしてはいけません。それでは、一流と言われるビジネスマンにはなれないでしょう。


トニー・レオンの経歴・略歴

トニー・レオン、梁朝偉(リャン・チャオウェイ)。香港の俳優、歌手。香港出身。高校を飛び級で卒業。様々な仕事を経験した後、友人のチャウ・シンチー(周星馳)に誘われ、香港大手テレビ局TVBの俳優養成所に入る。その後、TVドラマや映画で俳優として活躍し、トップスターとなった。主な受賞にカンヌ国際映画祭男優賞。

他の記事も読んでみる

出口治明

よく起業決断の理由を聞かれますが、恋愛と同じような感覚です。今の仕事よりも魅力的なものが見つかったから、そちらを選んだだけ。


角田太郎(経営者)

SNSもマーケティングもしない。音楽離れが叫ばれているなか、それでも開店前からお客さんが並んでくれる。メディアが変わるだけで音楽はまだ売れるんです。僕は本気で、カセットから音楽業界を再生するつもりですよ。


又吉直樹

恋愛小説を書こうとしたひとつのきっかけは、過去に書いてきたエッセイの中で恋愛について触れることがあまりなかったからなんです。書いてこなかった、その世界観を広げ、深く掘り下げていったら、立ち上がってくる新たなものがあるんじゃないかと編集の方から助言をいただいたこともあって。


アレクサンドル・デュマ

どんな女でも、本気になって口説くことを決心した男にはなびかずにはいられないように、人生というものも、それを元気よく口説く人間には、その最上のものを提供せざるを得ないものだ。


木村清

私はもともと数学や物理・化学のように物ごとの原理原則を理解したいタチ。一見複雑な決算書類も同じで、原理を知れば少しも難しくはありません。原理原則を知るのは楽しいですね。


伊牟田均

変化に対応してスピード感をもって行動し、失敗を恐れない――これは私が自由闊達な社風をもつ野村證券時代に体験し学んだこと。


荘司雅彦

最近の行動心理学の研究によって、人は合理的な思考よりも感情的、感覚的に動くということがわかっています。人を動かすには、理屈ではなく感情を動かすこと。その感情を動かす力が説得力です。


山本梁介

人に対する感謝の気持ちが強い人ほど、お客様を喜ばせることに積極的で、感動を与える人でもある。


大宮英明

製造業は製品をいかに早く市場に投入するか、タイム・トゥ・マーケットを最小限に縮めることがコスト競争力を左右します。当社の場合、時間短縮の様々なベストプラクティスを持ちながら、縦割り組織の中で分散していました。


葛西紀明

過去のやり方を棚上げし、心機一転、環境を変えることを決めた。
【覚え書き|2002年頃、スランプに陥った時を振り返って】


アンドリュー・カーネギー

成功するには、成功するまで決して諦めないことだ。


仲暁子

ゼロからイチをつくるのは昔から好きです。大学でもミスコンを企画したり、フリーペーパーをつくったりしていました。慶應義塾大学の友達から、「うちの大学では、楽勝科目の履修情報をまとめた『リシュルート』という雑誌が500円で売られている」という話を聞きました。それは面白いと思って京大版をつくりました。ただ、京大は慶應と比べて学生数が少ないので、販売しても元は取れない。だから地域の居酒屋などにスポンサーになってもらって、クーポンをつけて配りました。リクルートの『ホットペッパー』と同じビジネスモデルなので、名前はそれをもじって『チョットベター』。ありがたいことに、いまでも続いています。