トニー・ラズロの名言

トニー・ラズロのプロフィール

トニー・ラズロ。米国出身のフリージャーナリスト。著書に『トニー流幸せを栽培する方法』『英語にあきたら多言語を!』。

トニー・ラズロの名言 一覧

言語習得に最も必要なのは、その言語への愛。好きになれば熱中でき、その言語脳を作りやすい。そして、好きになる方法は1つではない。TOEICが苦手でも、洋画を見るなら苦にならないかもしれない。プレゼン英語はダメでも、サッカーについてなら話せるかもしれない。自分に合った勉強法は必ずあるんです。


私は言語とは長期間少しずつ勉強するよりも、一定期間、集中的に勉強した方が上達しやすいと思います。例えて言うと、ロケット並みの速さとエネルギーで、ある程度のレベルまで突き進み、軌道に乗ったら、頭の中に出来上がったその言葉の回路を補強するために勉強を続けるのです。


世界中に行き、ほぼ独学で様々な国の言葉を身につけた経験を通して、私は自分に合った学習法を見つけました。一番重視するのは文字の習得です。文字さえ覚えれば、看板や地図が読め、メモを書いて現地の人と意思疎通ができるようになりますから。


トニー・ラズロの経歴・略歴

トニー・ラズロ。米国出身のフリージャーナリスト。著書に『トニー流幸せを栽培する方法』『英語にあきたら多言語を!』。

他の記事も読んでみる

榎本雅一

大事なのは、40代や50代のうちに、自分は60歳以降に何をやりたいのかを見つけること。そうすれば、「50代のうちにこんなスキルや能力を身につけておこう」と逆算することができます。「60代になっても、一つの事業を任されるマネジメント人材になりたい」というのであれば、50代までに新規事業を自ら立ち上げて成功させれば、60歳で定年を迎えた後も、そのまま責任者を任される可能性が出てきます。


尾賀真城

黒ラベルを販売中止した時、私は池袋で営業していましたが、お客様がどれだけ商品を愛してくださっていたか、強く感じました。お客様から「(黒ラベルが)復活しなければサッポロはもう飲まない」とおっしゃっていただき、その声が集まり、復活が決まりました。今でも商品のデザインを少し変えただけでもご意見をいただきます。クレームではなく、それだけ多くの人が商品を理解し、飲んでいるということです。本当にありがたいことです。こういう人たちに支えられている。それを忘れてはいけません。


包行均

たとえば当社の「草刈機まさお」の場合、環境が厳しい地域に行けば行くほどシェアが大きくなります。九州なら宮崎の高千穂町や熊本の小国町。こうした「うちの商品じゃないとダメ」という地域が、日本にも世界にも点々とあるのです。


澤田秀雄

失敗しても「なぜダメだったのか?」を考え、改良を重ねていけばいい。それを繰り返すうちに、成功を導き出すための勘が磨かれていくはずです。


斎藤広達

破綻企業に「儲ける力」が残されているか否か。「儲ける力」の「エンジン(源泉)」は何か。この2つの論点にしっかりと答えが出せるなら、実現可能な再生の青写真が見えてくる。


高橋吉雄(経営者)

人間の真価は事故を起こした時にどうリカバーし、被害を最小限に抑えるかで決まる。


嶺脇育夫

CDショップの運営においては、経営センスが重要度で一、二を争うスキルとは思いません。確かに一般的な企業なら無駄を省き、効率化、合理化を進めていくことが強く求められる。でも、CDショップは別。経営のプロが社長になっただけでは、絶対に成功しない。大事なのは、音楽ファンの心理を本当に理解しているかどうかという点です。


田中角栄

私が大切にしているのは、何より人との接し方だ。戦術、戦略ではない。会って話をしていて安危感があるとか、自分のためになるとか、そんなことが人と人を結びつけると思っている。


小山昇

私は面倒くさがりです。面倒だと思う感覚があったからこそ楽をしたいと思い、楽をしたいと思うことができたからこそ改善策が出せるのです。


村田昭治

突出した人は自分で学んでいるだけではなくて、人に学ばせて、そこから物事の核を摘みとる力をもっている。


豊田章男(モリゾウ)

自分が社長を何年やるかわかりません。でも、次の次の次の社長に会社をどういう状態で渡せるかを常に考えています。


佐藤可士和

何度も話をするそれが一番の近道です。人間は話すことで思考や情報が整理されます。対話を重ねると何をすべきかというゴールが見えてきます。ゴールの設定をすることは非常に重要です。どこに行くべきかを共有することこそ、本当の意味でのクリエイティブな作業です。仕事がなかなか上手くいかない人は、ゴールが見えないまま走り始めてしまっているのかもしれません。


谷口秀一(経営者)

業績が厳しかった6年前のこと。当時年商は約350億円だったが、70億円の商売の話が来た。でも基準に合わなかったので即断で取引は見送った。


津田大介

本はひとつのテーマでまとめられていて保存性もいい。そういうストックな情報は紙で残るけど、一回読んで終わりのフローな情報は電子のほうが便利です。だから新聞や雑誌は厳しいと思う。


寺尾玄

将来の可能性は無限なのに、どうして枠にはめられなければいけないんだ。


ページの先頭へ