名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

トニー・ブザンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

トニー・ブザンのプロフィール

トニー・ブザン。イギリスの作家、マインドマップの開発者として知られる能力開発の権威。イギリスのロンドン出身。心理学、アメリカ文学、数学をブリティッシュ・コロンビア大学で学んだのち、デイリー・テレグラフ社で学術ジャーナリストとして活躍。メンサ(高IQ協会)の国際的機関誌の編集に携わる。学生時代から実践していたブレインストーミングの手法「マインドマップ」を完成させ、創造力向上のための手法として普及する活動を行っている。主な著書に『記憶の法則』『頭がよくなる本』『自分を天才だと思える本 HEAD FIRST』『ザ・マインドマップ』など。

トニー・ブザンの名言 一覧

企業経営でも、短期計画ばかりに注力する企業は途中で立ち行かなくなる。


100年後までのビジョンを持っている企業ほど強い。個人も同じ。


脳はカラフルなモノを見る方がよく働く。


過去から未来までを見通したうえで、来年の計画を考えましょう。来年のことだけを考えるより、グンと視野が広がり、思考も深まるはずです。


これからの時代は、人口数百万人規模の小さな国家でも、国民のすべてが創造性のある思考を身につけ、その能力をサービス業や技術革新に集中させれば、アメリカや中国、日本といった大国を脅かす存在になるはずです。創造性に関心を持たない国は後れを取り、つらい道を進むことになるでしょう。


日本のビジネス誌には、「日本は深刻な創造性の危機に瀕している」といった内容の記事がよく載っているようですね。では、他国はどうでしょうか。面白いことに中国では、中国のメディアが「中国は創造性の危機にある」といっています。アメリカでも『ハーバード・ビジネス・レビュー』などの主要メディアが、「教育システムに創造性のある考え方を採りこまなければ、50年以内にアメリカは崩壊する」と警告しています。イギリスも同様です。


脳の中では、何百万という無数の脳細胞が学習、記憶、思考、想像の作業に関わっています。まあ、一種のミニ国家のようなものですね。それを統治する皇帝は、私たち自身です。皇帝が色と想像力を駆使することで、脳の中の国民が課題に取り組み適切な答えを導き出してくれます。しかし、教育の現場もビジネスの現場も、コミュニケーションから色が奪われています。脳の活動は不活発になり、私たちは自らを飢えさせてしまっています。


トニー・ブザンの経歴・略歴

トニー・ブザン。イギリスの作家、マインドマップの開発者として知られる能力開発の権威。イギリスのロンドン出身。心理学、アメリカ文学、数学をブリティッシュ・コロンビア大学で学んだのち、デイリー・テレグラフ社で学術ジャーナリストとして活躍。メンサ(高IQ協会)の国際的機関誌の編集に携わる。学生時代から実践していたブレインストーミングの手法「マインドマップ」を完成させ、創造力向上のための手法として普及する活動を行っている。主な著書に『記憶の法則』『頭がよくなる本』『自分を天才だと思える本 HEAD FIRST』『ザ・マインドマップ』など。

他の記事も読んでみる

鈴木雅哉(経営者)

間接資材の国内市場規模は5兆円とも言われていますから、シェアは1%程度にすぎません。競合があまり手掛けていないブルーオーシャンを、切り開いている感覚ですね。


細谷英二

企業経営は、未知の要因に対して何らかの判断や行動をするものです。決まったことに決まった反応を返すフィードバック能力が問われているわけではありません。この点を改めて認識するべきでしょう。


倍賞千恵子

私、「無理しない、我慢しない、頑張らない、自然体」って、いつも思うようにしています。けれど、ついどこかで無理をして、我慢して、頑張っちゃう。自然体でいるのは、とても難しいですね。


酒井雄哉

池の鯉だって、ただ泳いでいるうちは水の楽しさやありがたさはわからない。陸に引き揚げられてはじめて、水の良さがわかるんじゃないの。


植木理恵

うなずき上手=聞き上手になれば、女性はどんどん自己開示する。「人前で何を話せば……」なんて口ベタな男性が多いけど、そんな人こそうなずき力を磨けばいい。


徳重徹

4つの事態が半年の間に立て続けに襲いかかってきた悪魔のような半年間を通じて、私は、経営は頭がいいだけではなんにもならないこと、そして、たとえ論理的に考えれば不可能なことであっても、信念と気合いで突破しなくてはならないのだということを、骨身に染みて学んだ。


小池龍之介(小池龍照)

現代人、とくに男性は「仕事での成功や収入で、自分の価値を測る」という面が強くなりすぎて、休めない、ということも考えられます。「自分の業績アップ」=「自己価値のアップ」というわけで、自分の価値を高めたいがために、ほかのことすべてを後回しにしてでも業績を上げたいという気持ちにとらわれるのです。業績を上げるのは、受験勉強の点致稼ぎと似通っており、最初はつらく感じたとしても、やがて自分の価値が数値によってダイレクトに表されることが快感になってきます。だから、とらわれやすい。しかしながら、受験勉強だけをあまりに必死でやっていると、性格が歪んだりすることがあるのは、ご存じの通り。業績アップにかまけるのも同様です。


江崎勝久

「アタマは使うが、心痛はしない」。これも創業者江崎利一の言葉ですが、ものごとを考えるときは、額や脇の下から脂汗がにじむほど考える。しかし、いつまでもくよくよせず、気持ちを切り替えることだ。そんな意味の言葉です。オンとオフの切り替えを説いているのかもしれません。


茂木克己

醤油という日本の伝統的な味が、アメリカやヨーロッパで広く愛用され始めた反面、これらの国々のオリジナルな食味も次々と日本に入ってきています。私たちは食という人間の本能を通じて、インターナショナルな交流を行っているのです。国際性、そして科学的指向が、この時代の経営者である私に与えられた課題です。


藤野英人

モチベーションをアゲアゲにしないことも大事。仕事も趣味も全力ですが、僕の「全力」は「脱力」に近いんです。全力とは筋肉を硬くすることではない。ゴルフも力むと飛ばないでしょ? ピアノも力を入れて弾くと、良い音は奏でられない。


小杉俊哉

前向きな言葉を口にすることができる部下のことが、上司は大好きです。多少実力が伴っていなかったとしても、前向きで成長意欲がある部下を、上司は高く評価するのです。


佐藤誠(SFPダイニング)

もともと営業時間は17時から24時でしたが、いつもいっぱいで、この時間帯では利用できないお客様も増えてきました。そこで、お客様の要望に応え、試しに始めたのが24時間営業です。始めてみると、時間帯によって来店するお客様のニーズの違いがあり、来店効果が高まりました。