名言DB

9412 人 / 110637 名言

トニー・ブザンの名言

twitter Facebook はてブ

トニー・ブザンのプロフィール

トニー・ブザン。イギリスの作家、マインドマップの開発者として知られる能力開発の権威。イギリスのロンドン出身。心理学、アメリカ文学、数学をブリティッシュ・コロンビア大学で学んだのち、デイリー・テレグラフ社で学術ジャーナリストとして活躍。メンサ(高IQ協会)の国際的機関誌の編集に携わる。学生時代から実践していたブレインストーミングの手法「マインドマップ」を完成させ、創造力向上のための手法として普及する活動を行っている。主な著書に『記憶の法則』『頭がよくなる本』『自分を天才だと思える本 HEAD FIRST』『ザ・マインドマップ』など。

トニー・ブザンの名言 一覧

企業経営でも、短期計画ばかりに注力する企業は途中で立ち行かなくなる。


100年後までのビジョンを持っている企業ほど強い。個人も同じ。


脳はカラフルなモノを見る方がよく働く。


過去から未来までを見通したうえで、来年の計画を考えましょう。来年のことだけを考えるより、グンと視野が広がり、思考も深まるはずです。


これからの時代は、人口数百万人規模の小さな国家でも、国民のすべてが創造性のある思考を身につけ、その能力をサービス業や技術革新に集中させれば、アメリカや中国、日本といった大国を脅かす存在になるはずです。創造性に関心を持たない国は後れを取り、つらい道を進むことになるでしょう。


日本のビジネス誌には、「日本は深刻な創造性の危機に瀕している」といった内容の記事がよく載っているようですね。では、他国はどうでしょうか。面白いことに中国では、中国のメディアが「中国は創造性の危機にある」といっています。アメリカでも『ハーバード・ビジネス・レビュー』などの主要メディアが、「教育システムに創造性のある考え方を採りこまなければ、50年以内にアメリカは崩壊する」と警告しています。イギリスも同様です。


脳の中では、何百万という無数の脳細胞が学習、記憶、思考、想像の作業に関わっています。まあ、一種のミニ国家のようなものですね。それを統治する皇帝は、私たち自身です。皇帝が色と想像力を駆使することで、脳の中の国民が課題に取り組み適切な答えを導き出してくれます。しかし、教育の現場もビジネスの現場も、コミュニケーションから色が奪われています。脳の活動は不活発になり、私たちは自らを飢えさせてしまっています。


トニー・ブザンの経歴・略歴

トニー・ブザン。イギリスの作家、マインドマップの開発者として知られる能力開発の権威。イギリスのロンドン出身。心理学、アメリカ文学、数学をブリティッシュ・コロンビア大学で学んだのち、デイリー・テレグラフ社で学術ジャーナリストとして活躍。メンサ(高IQ協会)の国際的機関誌の編集に携わる。学生時代から実践していたブレインストーミングの手法「マインドマップ」を完成させ、創造力向上のための手法として普及する活動を行っている。主な著書に『記憶の法則』『頭がよくなる本』『自分を天才だと思える本 HEAD FIRST』『ザ・マインドマップ』など。

他の記事も読んでみる

冨田哲郎

技術革新も大切です。けれど、それを成し遂げるには、世界やほかの産業に目を向け、開かれた組織、開かれた風土にすることが大事。


加藤久統

現在、グッドスピードが力を入れているのは、「会社の価値向上」と「社員のレベルアップ」です。事業として店舗エリアを拡大することは必要なことです。ただし、そのためには、この2点を満たしていることが必須です。


笠原健治

ビジネスを考えて、実行して、軌道に乗せるという循環が好きなので、いつでも新しいことがやりたいという思いはあります。これからも、お客さんの「あればいいな」という潜在ニーズを引き出して、サービスとして顕在化していきたいです。


新渡戸稲造

名誉は境遇から生じるものではなく、それぞれが自己の役割をまっとうに努めることにあるのだ、ということに気づいているのは、ごくわずかの高徳の人々だけである。


勝俣良介

経営者であると同時に、シニアコンサルタントとしてお客様も相手にするため、正直、多忙です。そこで朝の時間をフル活用して、能力アップに励んでいます。朝、出勤してから会社の始業までの間に何をやるか、あらかじめルール化して取り組むのです。


加藤照和

2週間の研修のあと、配属されたのは経理部門でした。元々、営業志望で入社しましたから、正直なところちょっとがっかりしました。そんな時、東京・八重洲の地下街を歩いていて、たまたま立ち寄った書店で目に留まったのが、『松下経理大学の本』でした。私が当初抱いていた経理のイメージは、この本によって完全に覆されました。経理は単なる会計係ではなく、「企業経営の羅針盤」の役割を果たすべきもの、つまり、経営管理、経営経理でなければならないと述べられています。ですから本書の冒頭には、「初めに経営基本方針ありき」と謳われていました。大学時代に経営学を学んできたものの、経理から見た経営という観点には初めて気づかされました。


鈴木敏文

組織内でつねに緊張感を求めるのは、顧客の心理に対応するためです。顧客は満足より不満足のほうが強く印象に残るため、外れが20%でも顧客はそれ以上に大きく感じる。一度失望されたら、積み上げてきた信頼も一気に失いかねません。失敗したら妥協せずに挑戦を繰り返し、成功しても手を緩めない。緊張感が成功確率を高めるのです。


フローレンス・ジョイナー

試合前にやらなくちゃいけないことをきちんとやっただけです。
【覚書き:上記はソウル五輪で金メダルを獲得した時、勝利の秘訣を問われてのコメント】


和田浩子

私は、実行力とは自分一人で成し遂げる力のことではなく、周りの人を説得して、それぞれの立場や役割で行動してもらう仕組みをつくることだと思うんです。


久恒啓一

複雑に要素が絡み合った問題も、マルと矢印を使って関係性を図解すれば、わかりやすく伝わります。


高原豪久

「想定外のことが起こる」ということを想定して、経営していく時代になった。


エラン・カッツ

日本でも多くの方がお悩みという語学についても触れておきます。40歳以上の方が、英語も含めた語学を敬遠しがちな理由は2つ。ひとつは、さほど学びたいとは思っていない。もうひとつは、もう一度何かを一から学び直す過程を、嫌がるというより怖がっているからだと思います。往々にしてそうしたメンタルな「壁」が学習の邪魔をするのですが、実際はひとつの言語において1000の単語さえ覚えられれば、かなりの部分が理解できます。だから、それほど怖がらなくていいでしょう。覚えるべき1000の単語は、「言語名」と「1000」「popular words」でネットを検索すれば出てきます。これなら、約1カ月でひとつの言語の基礎を学ぶことができます。


高橋政知

あんな覚書は、飛行機に乗る前に破り捨てちゃいますよ。
【覚書き:東京ディズニーランド建設の任に当たった時、米国ディズニーとの契約締結直前に、親会社三井不動産から厳しい制約条件の覚書きを渡されたことに対しての発言】


澤田貴司

再生に不可欠の要件、しかも最も重要な要件。それは経営トップが正しい方向性を持つ、ということ。再建の成否は99.9%、トップの姿勢にかかっていると言っても過言ではない。


大貫美鈴

独立したとき、大企業から外れて、普通なら不安を感じるところでしょうけれど、私には興味が尽きない宇宙での衣食住や宇宙旅行に携わっていけるというワクワク感の方が大きかったですね。会議や講演会に参加したりして、「このプロジェクトは面白そう!」「この企画にはぜひ携わってみたい」と思った企業や組織には積極的にアプローチしました。