名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

トニー・シェイの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

トニー・シェイのプロフィール

トニー・シェイ。アメリカの経営者。アメリカの靴・アパレルなどのネット通販会社「ザッポス・ドットコム」CEO(経営最高責任者)。台湾系アメリカ人。ハーバード大学でコンピュータ・サイエンスを学んだのちオラクルに入社。同社在職中にインターネット広告ネットワーク会社のリンクエクスチェンジを仲間と創業。同社を成長させ、マイクロソフトに2億6500万ドルで売却。ザッポス設立に投資家として参加したのち、CEOとして経営を主導。ザッポスを売上高10億ドルを超える企業に成長させた。ツイッターで170万人以上のフォロワーを持っていることでも知られている。

トニー・シェイの名言 一覧

経営戦略の中核は企業文化である。優れたサービスの根っこは堅固なサービス文化にある。


企業文化を築けば、成果はあとからついてくる。


ザッポスの10のコア・バリュー

  1. サービスを通して、WOW(驚嘆)を届けよ。
  2. 変化を受け入れ、その原動力となれ。
  3. 楽しさとちょっと変わったことをクリエイトせよ。
  4. 間違いを恐れず、創造的で、オープン・マインドであれ。
  5. 成長と学びを追求せよ。
  6. コミュニケーションを通して、オープンで正直な人間関係を構築せよ。
  7. チーム・家族精神を育てよ。
  8. 限りあるところからより大きな成果を生み出せ。
  9. 情熱と強い意志を持て。
  10. 謙虚であれ。

【覚書き|ザッポスはアメリカで急成長をした靴やアパレルのネット通販会社。創業者はトニー・シェイ】


トニー・シェイの経歴・略歴

トニー・シェイ。アメリカの経営者。アメリカの靴・アパレルなどのネット通販会社「ザッポス・ドットコム」CEO(経営最高責任者)。台湾系アメリカ人。ハーバード大学でコンピュータ・サイエンスを学んだのちオラクルに入社。同社在職中にインターネット広告ネットワーク会社のリンクエクスチェンジを仲間と創業。同社を成長させ、マイクロソフトに2億6500万ドルで売却。ザッポス設立に投資家として参加したのち、CEOとして経営を主導。ザッポスを売上高10億ドルを超える企業に成長させた。ツイッターで170万人以上のフォロワーを持っていることでも知られている。

他の記事も読んでみる

田中仁(経営者)

生活雑貨メーカー勤務時代、営業成績はトップ、企画した商品も大ヒット。「これはいける」と自信満々で会社を退職し、雑貨を企画制作する会社を起業しました。しかし商売は甘くありませんでした。何を作っても売れず、すぐ資金繰りに行き詰まりました。売れなかった原因は、ニーズに沿った商品作りができなかったこと。勤めているときは、会社の売り上げと自分の生活か必ずしも直結しないですよね。だから純粋にお客様のことを考えて仕事ができましたが、起業すると、「もっと売り上げが欲しい、利益が欲しい」という思いに囚われ、お客様のニーズが見えなくなってしまったのです。


玄侑宗久

中国の『荘子』に「両行」という言葉があって、私の宗教と文学じゃないですけど、日本人は仏像にかぎらず、古びたものとアップデイトなものと同時に愛せる民族なんですね。言語でも世界の大半は瞬時に音に変換される表音言語でしょう、アルファベットもハングルも。ところが日本人は仮名と漢字の両方を使っているじゃないですか。諺でも「善は急げ」と言いながら「急がば回れ」と言うように、カウンターになる価値観を同時に抱えているんですね。自然災害は怖くても、自然から恵みも得ているんですから敵対する相手じゃない、というのもそうです。


今西頼久

社長は社長、会長は会長の仕事がある。その職責と身の処し方を理解するからこそ、互いに適度な距離感を持ち、円滑に事業継承できた。


渋谷昌三

自分の得意分野を見直してみることをお勧めします。人のネットワークなら負けないとか、この知識は豊富だとか、強い分野が見つかれば自然と自信が持てるので、部下から急にわからない質問を受けても、頑なになることはないでしょう。


金田一秀穂

普通の人が普通の雑談をするなら「多少の地雷を踏むことを気にしすぎなくてよい」と思っています。「失礼にならないか」とビクビクしていたら、つまらない雑談しかできませんからね。そもそも多少の雑談の失態で憤慨するような人は、放っておいていい。大丈夫。きっとそれはつまらない人ですから。


林野宏

かつて上司だった堤清二さんには、「時間をかけて考えてもロクなものはできない」ということを学びました。30代と若かった堤さんはあれをやれ、これをやれともの凄い球をどんどん投げてきた。最初は空振りばかり。そのうちファールになり、何回かは当たるようになる。何もせずじっくり見送るのが一番ダメで、とにかく手を出して、多くの空振りやファウルを経て初めてヒットが生まれるんだということを部下に教えてくれたと思います。


羽生善治

調子は天気みたいなもので、晴れ続けることはないので、調子がよくない日は「そういう日もある」と割り切るようにしています。


浜口友一

信頼できるCIO(最高情報責任者)をボードメンバーに置くべきです。CIOにシステム部門の現場から様々な情報を収集させ、自分の耳に重要な話が入ってくるようにしておく。システムの開発プロジェクトやシステム運用面でのトラブルなど、悪い報告がきっちり上がってくる仕組みを整えるのです。


田村耕太郎

なぜ、わざわざ好んで派手な格好をするのか。僕が狙うのはまずは逆効果、つまり「相当なバカがやってきたな」と思われるよう服装で演出することです。初めから相手の期待値を思い切り下げておく。その後、きちんとしたスピーチをすれば、普通の格好では印象に残らない話が「なんだ、こいつ中身はちゃんとしているじゃないか」という印象を与え、評価がぐんと上がります。


伊藤直彦

日本の鉄道貨物輸送も昭和50年の8日間ストライキでお客様の信頼を失ってしまった。立て直すのは私の使命であると自分にムチを打ってきた。


魚谷雅彦

ライオン時代、「電車に乗っているときも、吊革につかまってボンヤリ外なんか眺るな」とよく言われました。電車に乗るだけでたくさんの人間観察ができるのです。電車に乗るだけで実に様々なことに気づきます。


山梨広一

とくに新規のクライアントの場合は、相手が本心で何を望んでいるか、業界や会社の本質はどんなものなのかを聴き取り、本質的な部分を感じ取る力が最重要になってきます。それによって、最初に仮説を見せた方がいいのか、データから入るのがよいのか、結論は同じでも提案プロセスが大きく変わってくるのです。