デール・カーネギーの名言

デール・カーネギーのプロフィール

デール・カーネギー、Dカーネギー。アメリカの実業家、ベストセラー作家、講演家。能力開発の権威。ヒューマンリレーショズ(人間関係論)、スピーチ法などを人々にわかりやすく教えた教師。代表作に「道は開ける」「人を動かす」。自己啓発本の元祖。著書は世界各国で翻訳され2000万部以上売り上げ、現在も広く読まれている。

デール・カーネギーの名言 一覧

話し上手になりたければ、聞き上手になることだ。興味を持たせるためには、まずこちらが興味を持たなければならない。


人を熱烈に動かそうと思ったら、相手の言い分を熱心に聞かなければならない。


まず相手を褒めておくのは、歯科医がまず局部麻酔をするのによく似ている。もちろん、あとでガリガリやられるが、麻酔はその痛みを消してくれる。


議論に勝つ最善の方法は、この世にただひとつしかないという結論に達した。その方法とは「議論を避けること」だった。


誤解は、議論をもってしては永遠に解けない。気転、外向性、慰め、いたわり、そして、相手の立場で同情的に考える思いやりをもってして、初めて誤解は解ける。


死ぬまで人に恨まれたい方は、人を辛辣に批評してさえいればいいでしょう。その批評が当たっていればいるほど、効果がてきめんです。


人間は、他人のことには関心を持たない。
しかし、朝も昼も晩も、ひたすら自分のことに関心を持っている。


気にする必要もなく、忘れても良い小事で心を乱してはならない。小事にこだわる人生はあまりにも短い。


起こりうる最悪の事態を直視しろ。


私は底まで落ちたが、とにかくそれに耐えてきた。これから上へ行くだけだ。


この問題の焦点は、物事を突き詰めて考えすぎないことだ。くだらない悩みは笑いで吹っ飛ばそう。笑って悩みを追っ払うことは決して不可能ではない。


時間が多くのことを解決してくれる。あなたの今日の悩みも解決してくれるに違いない。


最善を尽くそう。そのあとは古傘をかざして、非難の雨が首筋から背中へ流れ落ちるのを防げばよい。


人を動かすには、相手の欲しがっているものを与えるのが、唯一の方法である。


もし自分が間違っていたと素直に認める勇気があるなら、災いを転じて福となすことができる。過ちを認めれば、周囲のものがこちらを見直すだけでなく、自分自身を見直すようになるからだ。


デール・カーネギーの経歴・略歴

デール・カーネギー、Dカーネギー。アメリカの実業家、ベストセラー作家、講演家。能力開発の権威。ヒューマンリレーショズ(人間関係論)、スピーチ法などを人々にわかりやすく教えた教師。代表作に「道は開ける」「人を動かす」。自己啓発本の元祖。著書は世界各国で翻訳され2000万部以上売り上げ、現在も広く読まれている。

他の記事も読んでみる

犬伏泰夫

90年代にはデフレの影響もあって鉄鋼会社は人、設備、債務の3つの過剰を抱える構造不況の代表業種とされました。しかしその間、各社は自分たちの強みを生かすため、事業の選択と集中を進めてきました。これらの過程では大変な痛みを伴いましたが、そのプロセスが終わりかけたころ、鉄鋼の世界的な需要が拡大するという追い風が吹きました。


ミヒャエル・エンデ

浮浪者の少女モモに話を聞いてもらっていると、バカな人にも急にまともな考えが浮かんできます。モモがそういう考えを引き出すようなことを言ったり、質問したり、というわけではないのです。彼女はただじっと座って、話を注意深く聞いているだけです。その大きい黒い目は、相手をじっと見つめています。すると相手には自分のどこにそんなものが潜んでいたのかと驚くような考えがすうっと浮かび上がってきます。


坂本龍一

スタジオにいると、クイーンのギタリストがひとりでギター抱えてやってきたり、エレベーターで隣になったおじさんがボブ・デュランだったり(笑)。もしあのまま日本にいたら、偉い人になっちゃって、自分が一番嫌いなタイプの人間になっちゃってたかもしれません。


石原広一郎

「もったいない。罰当たりめ!ぼろ切れや古釘1本といえども捨てずにしまっておけ、何かの役に立つ。食膳に出たものは、箸をつけたら全部食べろ。食べたくないものには箸をつけるな。人を恨む前に自らを省みろ。自分のものは自分で始末しろ。決して他人を煩わすな……」こうした父の教えは、いまでも役立っている。


小林一光

ビジネスのうえでの先読みとは、相手が何を求め、次にどう動くのかを知ること。ただ次の仕事の段取りを考えているだけではダメ。まずは相手を知ることから始めましょう。


椋木修三

記憶というと頭に入れることばかりに目が行きますが、思い出すことも重要です。記憶する時間と想起する時間、インプットとアウトプットの両方が必要なのです。名刺交換のあと、「歌手の○○に似ていたな」と相手のことを思い出しながら、メモする。そのこと自体がアウトプットになります。時折それを見直すことが習慣になれば、記憶の定着率もぐんと上がります。


佐藤綾子(心理学者)

「何を指示したいか」という内容が定まったところで、まずやるべきことは、「相手がどんな性格か」をきちんと見抜くこと。見抜いたうえで、相手のタイプに有効なクギをタイミングよく刺していくことが大事です。


佐々木宏

管理職として偉くなるより、現場に一生立ち続けたい。
【覚書き|電通を辞めて独立した理由について語った言葉】


トム・ケリー(IDEO)

当社では失敗したら罰するのではなく、行動を起こしたこと自体を評価するようにしています。今日、どの業界でも進化し続けることが必要です。コストが安い、もしくは魅力的な製品をつくる企業は次々に出現してくるものです。そういった状況下で生き残るためには、失敗に対する意識を組織的に変え、チャレンジできる仕組みづくりをしていかなければなりません。


高野秀敏

私は地方の大学から上京して就職したので、最初は東京に知り合いすらいませんでした。ですから、友達をつくりたいと交流会に参加して、そこで5人の友達と出会ったことが、人脈のきっかけになりました。


大江英樹

何かを購入する際はそれが本当に必要か、よく考えることが大切。


アルバート・アインシュタイン

人は「現実に直面したとき知性がいかに不十分であるか」ということをはっきりと知覚するに足るだけの知性は与えられている。


ジャック・ドーシー

起業には、何があっても事業を作り上げるために牛のように闘うという強い野望も必要だ。会社を成功させるにはものすごく働かないといけないし、そのハードワークが終わることはない。いったん止まってしまったらビジネスはなくなってしまう。


ケリー・マクゴニガル

世の中の多くの人は、「失敗は何が何でも避けるべきだ」と思っています。自分の能力を超えた目標に挑んだり、新しいことに挑戦するために努力を始めたばかりの時には、ついそうした考え方になりがちです。人間は何かで挫折するとすぐに、「やっぱり無理なんだ」と思いがちです。うまくいかなかったのは、自分の能力が足りないか、目標設定が間違っていたのかもしれない、と考える。そうやって、「自信をなくしてはすぐに諦める」という悪循環に陥ってしまいます。そんな時に役立つのが、「成長思考」です。成長思考では、「挫折は避けられないもの」と考え、障害にぶつかった時には、「持てる力を最大限に発揮すべき時が来た」と考えます。逆境はレジリエンス(精神的回復力)を強化してくれます。過去の辛い経験が役に立つのです。そう考えれば、ストレスを感じても頑張り抜くことができるようになります。


竹村富士徳

出来事をコントロールできなければ、人は出来事によってコントロールされてしまいます。遊んでいるわけではなく一生懸命やっているのに、目先の出来事に追われ、本来やるべき仕事に着手できなかった経験は誰もが持っているはずです。それが出来事にコントロールされた状態です。


ページの先頭へ