名言DB

9419 人 / 110788 名言

デーモン閣下(デーモン小暮)の名言

twitter Facebook はてブ

デーモン閣下(デーモン小暮)のプロフィール

デーモン小暮、でーもん・こぐれ。デーモン閣下。日本のミュージシャン、タレント、相撲評論家。早稲田大学社会科学部卒業。ロックバンド「聖飢魔II」のボーカルとして活動。様々な分野で活躍した。

デーモン閣下(デーモン小暮)の名言 一覧

自分の存在意義に行き詰まったら、単に立ち止まるのではなく、別の行動を起こすべし。新しい空気を何となくではなく真剣に吸うことで、前向きな何かを見つけられるはずだ。


その現場で自分が何か面白い役どころになるのであれば、ジャンルは問わない。ロックとかのスタイルとか、本業がなんだとかにはとらわれないな。そこに自分の存在意義があるなら取り組もうと。逆に自分の信条に反する依頼は受けないがね。


基本的に、来るもの拒まずのスタイルなのだ。だから「これをデーモンにやらせてみたらどうか」と、予想もしないオファーがあったりして、結果として仕事の幅が広がっていくわけだな。


自分の信条は持って然るべきだと思うけど、同時に自分を決めつけないことも大事。とくに、ひとつの考えに凝り固まるのは良くないと考えるね。だから、吾輩はなるべく多角的にモノを見るように心がけているかな。


ひとりよがりの意見で自己満足しないように、吾輩は人との対話を重要視している。多ジャンルの専門家や情報のアンテナの高い人と交流して、見識を広めるよう心掛けて。


我輩の場合は、ありきたりなコメントをしないように心がけている。こんな風体のヤツをわざわざ呼んできて普通の人間と同じ発言に終始したら意味がないわけだ。


たとえば、男女や、企業、国同士などで揉め事が起きる。そのニュースを聞いた時、誰でも直感的にどちらか側に立って、こうかなあって感じると思うのね。吾輩も最初はそう。でも、その段階だけで終わらせずに、必ず吾輩は「反対側」にも回って、その件を見直すようにする。視点を変えるだけで、じつに多くの発見ができる。


(ソロ活動開始後)違和感を覚えるようになった。自分が社会に投げたボールが、ちゃんと返ってこないような感覚に見舞われるようになったんだ。その違和感の正体が当時の我輩にはわからなかった。わからないまま、そもそもデーモンとして世の中に何かを投げかける必要があるのだろうか……、と考えるところまで煮詰まった。そこで、我輩は表舞台での活動を引退しようと真剣に思った。ソロになって3年が経とうとしていた頃のことだ。実際、当時のレギュラー番組をすべて降板。コンサートツアーの千秋楽に「今日を最後のステージにするつもりであった……」のようなことも口にした。そして、我輩は本当に日本の芸能界から姿を消して、ロサンゼルスへ渡った。ADをやったり、旅行をしたり、とにかく、従来とは違う空気を思い切り吸ってみたのだ。すると、エンターテイナーとしての新たなアプローチを思いついた。金を稼がないと食っていけないし、と割り切れるようにもなった。こんなことを悪魔がいうのもなんだけどな(笑)。結果的にLAにいたのは5か月間。充電して元の場所に戻る形になった。けれども、あの5か月がなければ、いま、我輩は芸能界の表舞台にはいなかった。


デーモン閣下(デーモン小暮)の経歴・略歴

デーモン小暮、でーもん・こぐれ。デーモン閣下。日本のミュージシャン、タレント、相撲評論家。早稲田大学社会科学部卒業。ロックバンド「聖飢魔II」のボーカルとして活動。様々な分野で活躍した。

他の記事も読んでみる

池谷裕二

早く勉強の成果を出そうと最初から高度なところに挑戦する人がいますが、あれは逆効果です。脳科学者がサルに複雑な行動を学習させるとき、すべてを一度に教えることはありません。「届かない位置にあるエサを長い棒を使って取る」という行動を覚えさせる場合は、まず「棒を使えばエサが取れる」ことを学習させてから、「短い棒より長い棒の方が届きやすい」ことを教えます。基礎から徐々に難易度をあげていく方法は、一度に複雑なことを覚えるより最終的に早く多くのことを習得できることがわかっています。


松下幸之助

サービスでも何でも、真心から出るものでないといかん。ひとつの手段としてやるということは、やっぱり響きが鈍ると思うんですね、何ごとにもよらず。


古橋広之進(古橋廣之進)

大きな目標をもって一筋に努力し、工夫し、苦しみにも耐えてこそ、大きく成長していけるものだ。


本田健

知性を使って、お金が上手く回ってくる仕組みを考えればいいんです。好きなことといっても、人とかかわること、誰かにとって何かプラスになることでないと駄目です。たとえば映画が好きな人は、映画について面白い解説をして、メルマガで配信するなどの方法があります。


森川亮

自我は捨て、今いるメンバーの持ち味を最大限に生かす。その結果、本当に「いいもの」が生まれる。


野坂英吾

組織の成熟具合によって情報管理も違ってきます。企業の成長に合わせ、他店舗の数字や成功例・失敗例も共有出来るように変えていきました。他店舗との比較から打てる手も変わってきます。弊社でも、株式上場を意識し、店舗展開のスピードを速めていった際に情報開示の方法を変えて、危機を乗り越えました。


井上貴之

自分が与えられた環境の中で楽しさを味わいにいけるようにならないと、どこに転職しても同じだ。


新浪剛史

社長が実際に率先垂範でやらなければ、社員たちも「やってみはなれ」はできません。社長は体現する人だと思っています。まずはやってみないことには始まりません。


島田裕巳

日本人は「宗教=熱心な信仰」と考えがちですが、宗教とは習慣です。その人が信仰に篤いかどうかは、実はそれほど重要ではない。たとえばイスラム教徒は1日に5回、メッカの方角へ向けて礼拝しますが、時間帯や方角には非常に厳格である一方、その人がどれほど篤くアッラーを信仰しているかはとくに問われません。日本では、仏教の修行僧や西欧から布教に来た敬虔なキリスト教宣教師の印象が強かったので、信仰心こそが宗教だと思い込んでしまっていますが、海外では「習慣としての宗教」という側面のほうが強いと言えます。ですから、日本人が自分の宗教について説明するときも、初詣でや冠婚葬祭など、自分たちの生活に根づいている習慣について話せばいいと思います。


長友佑都

問題なのはプレーの技術ではなかった。心に余裕を持つことが大切なんだと気がついたことで、ようやく壁を乗り越えることができました。