名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

デーモン閣下(デーモン小暮)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

デーモン閣下(デーモン小暮)のプロフィール

デーモン小暮、でーもん・こぐれ。デーモン閣下。日本のミュージシャン、タレント、相撲評論家。早稲田大学社会科学部卒業。ロックバンド「聖飢魔II」のボーカルとして活動。様々な分野で活躍した。

デーモン閣下(デーモン小暮)の名言 一覧

自分の存在意義に行き詰まったら、単に立ち止まるのではなく、別の行動を起こすべし。新しい空気を何となくではなく真剣に吸うことで、前向きな何かを見つけられるはずだ。


その現場で自分が何か面白い役どころになるのであれば、ジャンルは問わない。ロックとかのスタイルとか、本業がなんだとかにはとらわれないな。そこに自分の存在意義があるなら取り組もうと。逆に自分の信条に反する依頼は受けないがね。


基本的に、来るもの拒まずのスタイルなのだ。だから「これをデーモンにやらせてみたらどうか」と、予想もしないオファーがあったりして、結果として仕事の幅が広がっていくわけだな。


自分の信条は持って然るべきだと思うけど、同時に自分を決めつけないことも大事。とくに、ひとつの考えに凝り固まるのは良くないと考えるね。だから、吾輩はなるべく多角的にモノを見るように心がけているかな。


ひとりよがりの意見で自己満足しないように、吾輩は人との対話を重要視している。多ジャンルの専門家や情報のアンテナの高い人と交流して、見識を広めるよう心掛けて。


我輩の場合は、ありきたりなコメントをしないように心がけている。こんな風体のヤツをわざわざ呼んできて普通の人間と同じ発言に終始したら意味がないわけだ。


たとえば、男女や、企業、国同士などで揉め事が起きる。そのニュースを聞いた時、誰でも直感的にどちらか側に立って、こうかなあって感じると思うのね。吾輩も最初はそう。でも、その段階だけで終わらせずに、必ず吾輩は「反対側」にも回って、その件を見直すようにする。視点を変えるだけで、じつに多くの発見ができる。


(ソロ活動開始後)違和感を覚えるようになった。自分が社会に投げたボールが、ちゃんと返ってこないような感覚に見舞われるようになったんだ。その違和感の正体が当時の我輩にはわからなかった。わからないまま、そもそもデーモンとして世の中に何かを投げかける必要があるのだろうか……、と考えるところまで煮詰まった。そこで、我輩は表舞台での活動を引退しようと真剣に思った。ソロになって3年が経とうとしていた頃のことだ。実際、当時のレギュラー番組をすべて降板。コンサートツアーの千秋楽に「今日を最後のステージにするつもりであった……」のようなことも口にした。そして、我輩は本当に日本の芸能界から姿を消して、ロサンゼルスへ渡った。ADをやったり、旅行をしたり、とにかく、従来とは違う空気を思い切り吸ってみたのだ。すると、エンターテイナーとしての新たなアプローチを思いついた。金を稼がないと食っていけないし、と割り切れるようにもなった。こんなことを悪魔がいうのもなんだけどな(笑)。結果的にLAにいたのは5か月間。充電して元の場所に戻る形になった。けれども、あの5か月がなければ、いま、我輩は芸能界の表舞台にはいなかった。


デーモン閣下(デーモン小暮)の経歴・略歴

デーモン小暮、でーもん・こぐれ。デーモン閣下。日本のミュージシャン、タレント、相撲評論家。早稲田大学社会科学部卒業。ロックバンド「聖飢魔II」のボーカルとして活動。様々な分野で活躍した。

他の記事も読んでみる

小宮一慶

リーダーとしての実力を高めるには、人間の生き方について書かれた古典・名著を読むといい。具体的に言えば、『論語』や『菜根譚』などの中国古典や、日本の名経営者が書いた本です。『聖書』でもいいでしょう。AIの時代に、2500年前に書かれた『論語』なんて時代遅れというかもしれませんが、人間にとって普遍的に大切なことはそう変わるものではない。長く読み継がれてきた本には、いつの時代も色あせない真理が書かれています。こうした本を読み込んでいれば、枝葉末節なことにはとらわれない、人間観が養われることでしょう。


田中稔一

競争優位なものをやっていく。乱戦市場の中で競争優位でないものをやっても仕方がない。


武野龍

オリジナル品の制作やメンテナンスなど、幅広く対応しています。卸という側面も持っていますので、お客さまの要望により、他社の製品も提供できます。総合的にお客さまのニーズに応えることができるのが、当社の一番の強み。


徳重徹

海外ではわかりにくい表現は嫌われます。ですから私は初対面の相手と会うと、まず最初に「自分は何をしに来たのか」という目的をズバッと伝えます。


池田貴将

大好きな人に告白できるのは、恋が成就する場面をイメージしているからです。振られることをイメージしていては、とても勇気が出せないでしょう。営業電話をかけるときも、相手に怒鳴られることをイメージしていたらモチベーションが湧いてこないのは当然。頭のなかのイメージが人の感情を左右するということを理解しておきましょう。


寺尾玄

世の中は常に変化しています。同じ賢さや強さは、いつまでも通用しない。だから、「変化」が必要なのです。結局、どんな人も組織も、世界や社会といった「大きな存在」の下で生きている以上、変わり続けないと生き残れない。「変わるべき時に、変われるかどうか」そこが重要。


石田典嗣

当社にはそれぞれ50人ほどいる営業パートナー、技術パートナーとアライアンスを組んでいます。プロフェッショナルと組むことで上質の仕事ができます。


潮田、滋彦

企業研修では、社外の講師が語るからこそ高い価値があるものもありますし、逆に社内の人が教えるからこそ効果的なものもあります。


宇佐美典也

キャリア官僚にもエリートなりのコンプレックスがあります。一緒に仕事するのは立派な起業家、専門家ばかり。彼らは一つ一つ積み上げて今の地位を築いています。でも自分はそういうステップを飛ばしている。まるで裏口入学したみたいな後ろめたさがありました。


梅原勝彦

黙っていても注文が来るのはありがたいことですが、ぬるま湯につかっていてはいけない。今までうちは営業もしなかったが、最近は若い社員を営業に出すようにしました。今の社員の7割は営業しなくても注文が来るのが当然のように思っている。彼らに100円、200円の注文を取る大変さ、注文をもらうありがたさを知ってほしいんです。


加藤進(住友商事)

多くのリーダーを輩出することが当社の責務であり義務であると考えている。


村井雄司

お客様が大変喜ばれる様子を見て、やり甲斐が出てきた。そして仕事にのめりこんでいった。