名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

デーモン閣下(デーモン小暮)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

デーモン閣下(デーモン小暮)のプロフィール

デーモン小暮、でーもん・こぐれ。デーモン閣下。日本のミュージシャン、タレント、相撲評論家。早稲田大学社会科学部卒業。ロックバンド「聖飢魔II」のボーカルとして活動。様々な分野で活躍した。

デーモン閣下(デーモン小暮)の名言 一覧

自分の存在意義に行き詰まったら、単に立ち止まるのではなく、別の行動を起こすべし。新しい空気を何となくではなく真剣に吸うことで、前向きな何かを見つけられるはずだ。


その現場で自分が何か面白い役どころになるのであれば、ジャンルは問わない。ロックとかのスタイルとか、本業がなんだとかにはとらわれないな。そこに自分の存在意義があるなら取り組もうと。逆に自分の信条に反する依頼は受けないがね。


基本的に、来るもの拒まずのスタイルなのだ。だから「これをデーモンにやらせてみたらどうか」と、予想もしないオファーがあったりして、結果として仕事の幅が広がっていくわけだな。


自分の信条は持って然るべきだと思うけど、同時に自分を決めつけないことも大事。とくに、ひとつの考えに凝り固まるのは良くないと考えるね。だから、吾輩はなるべく多角的にモノを見るように心がけているかな。


ひとりよがりの意見で自己満足しないように、吾輩は人との対話を重要視している。多ジャンルの専門家や情報のアンテナの高い人と交流して、見識を広めるよう心掛けて。


我輩の場合は、ありきたりなコメントをしないように心がけている。こんな風体のヤツをわざわざ呼んできて普通の人間と同じ発言に終始したら意味がないわけだ。


たとえば、男女や、企業、国同士などで揉め事が起きる。そのニュースを聞いた時、誰でも直感的にどちらか側に立って、こうかなあって感じると思うのね。吾輩も最初はそう。でも、その段階だけで終わらせずに、必ず吾輩は「反対側」にも回って、その件を見直すようにする。視点を変えるだけで、じつに多くの発見ができる。


(ソロ活動開始後)違和感を覚えるようになった。自分が社会に投げたボールが、ちゃんと返ってこないような感覚に見舞われるようになったんだ。その違和感の正体が当時の我輩にはわからなかった。わからないまま、そもそもデーモンとして世の中に何かを投げかける必要があるのだろうか……、と考えるところまで煮詰まった。そこで、我輩は表舞台での活動を引退しようと真剣に思った。ソロになって3年が経とうとしていた頃のことだ。実際、当時のレギュラー番組をすべて降板。コンサートツアーの千秋楽に「今日を最後のステージにするつもりであった……」のようなことも口にした。そして、我輩は本当に日本の芸能界から姿を消して、ロサンゼルスへ渡った。ADをやったり、旅行をしたり、とにかく、従来とは違う空気を思い切り吸ってみたのだ。すると、エンターテイナーとしての新たなアプローチを思いついた。金を稼がないと食っていけないし、と割り切れるようにもなった。こんなことを悪魔がいうのもなんだけどな(笑)。結果的にLAにいたのは5か月間。充電して元の場所に戻る形になった。けれども、あの5か月がなければ、いま、我輩は芸能界の表舞台にはいなかった。


デーモン閣下(デーモン小暮)の経歴・略歴

デーモン小暮、でーもん・こぐれ。デーモン閣下。日本のミュージシャン、タレント、相撲評論家。早稲田大学社会科学部卒業。ロックバンド「聖飢魔II」のボーカルとして活動。様々な分野で活躍した。

他の記事も読んでみる

茂木健一郎

大学3年生から一斉に始まる就職活動、この騒ぎを見るたびに「この国は集団発狂しているのではないか」とすら思えてきます。春の田植でもあるまいし、一斉に、しかも新卒のみを躍起になって集める就職戦線は、世界的に見ても全く珍奇な騒ぎとしか言いようがありません。優秀な人材を集めたいならば、そろそろ新卒プレミアム的な幻想は捨てた方が賢明です。合理性は見当たらないのですから。


元祖爆笑王

事前の情報収集は必要です。下準備があってこそ、その場でいろんな判断ができます。また、紹介者らに、絶対言ってはいけないNGワードや、盛り上がる話題は聞いておいたほうがいい。お笑いの世界でも、かつらの話がNGの相手と挨拶を交わした直後に、パッと視線を頭に向けて叱られた例はよく聞きます。


大宮英明

毎日5分でも10分でもいいのです。顔を合わせて情報を交換する。口頭の方が短時間で的確に伝わります。ITツールが発達しても、ダイレクトなコミュニケーションに優るものはありません。


長谷川閑史

大切なのは異質なもの同士の出合いだ。異質なもの同士がぶつかり合い、創造性が喚起されることだ。


井上英明

自分の人生なんだから、自分でコントロールしないと。私は、人生において受け身というのはあり得ないと思うんです。自分の人生をどうするかは、自分の責任であって、他人がコントロールするものではない。自分をもっと意識すると、モチベーションって下がりようがないんじゃないかと思うんです。落ち込んでいる時間がもったいないですからね。


高橋政史

パソコンは膨大な情報に優劣をつけたり組み立てたりするのには不向きです。紙の上で問題提起し、情報を整理してから結論までの流れを導き出すのが、最もスピーディ。


箭内道彦

「なんでも自分の思い通りにしないと、個性を発揮できない」というのが表面的なプライドなら、「どんなに周りの意見を採りいれても、自分らしさはアウトプットに必ず出るんだ」というのが、密かなプライドなのだと思います。


加護野忠男

外部の投資家は将来の安定よりも、目先の利益を見て、経営に間違った圧力をかけてしまう。


佐久間昇二(佐久間曻二)

どうやって危機意識を持たせるかが、一番大きな問題。


小林稔(経営者)

資産運用のパフォーマンス向上はもちろん、「いちよしと取引するのが楽しい」と感じていただくために何ができるか。当社ならではの付加価値を追求することで、経営理念である「お客様に信頼され、選ばれる企業であり続ける」を達成したい。


藤巻健史

何よりもまず、自分の仕事においてプロであることが大切です。仕事はできるだけひとつの分野を深くやること。その道を極めて、いい仕事ができるようになれば、周りの人からリスペクトされますし、「何かわからないことがあればあの人に聞こう」と頼られるでしょう。人に頼られると「これは頑張らなければならない」と、モチベーションが湧いてくるわけです。


吉野彰

旭化成入社数年後、「光触媒を使った活性物質」などの基礎研究をしました。当時は先端研究だった光触媒については、いい実験データも出て、面白い物質もできたのに、用途が見つからないがゆえに、結局、実験はムダになってしまったんです。この時のショックで、研究というのはマーケットのニーズを見てやらなければならないのだな、と反省しました。