名言DB

9412 人 / 110637 名言

デーブ・トーマスの名言

twitter Facebook はてブ

デーブ・トーマスのプロフィール

デーブ・トーマス。ファストフードチェーンのウェンディーズ創業者。中学を中退し12歳で簡易食堂で働きだす。その後、いくつかのレストランでコックとして働く。そしてケンタッキーフライドチキンの店長を経験したのち、ウェンディーズを創業。以後、同社を世界的フランチャイズへと育てた経営者

デーブ・トーマスの名言 一覧

立派なオフィスで小難しい理論を振りかざす連中は多いけれど、消費者の求めているものは昔から変わっていない。それは質の高い商品、払った金額に見合う商品だ。私はビジネスをなるべくややこしくしないようにしている。おいしいメニューと、清潔な店、礼儀正しい従業員、これらを手ごろな値段で提供する。それこそが我々のマーケティング戦略だ。


デーブ・トーマスの経歴・略歴

デーブ・トーマス。ファストフードチェーンのウェンディーズ創業者。中学を中退し12歳で簡易食堂で働きだす。その後、いくつかのレストランでコックとして働く。そしてケンタッキーフライドチキンの店長を経験したのち、ウェンディーズを創業。以後、同社を世界的フランチャイズへと育てた経営者

他の記事も読んでみる

ポーウェン・リー

自分で稼いだ金は残ります。ちょっと前のIT長者のように、人のふんどしで相撲を取るような奴らに金は残りません。


柳井正

私たちが売っている商品はベーシックカジュアルです。流行に左右されない美的な服のことで、お客様が選んで、好きなように着こなすことができる。そして、そういった服ならば国境も問わないし、年齢にも左右されることはない。あらゆる人が買うことができる。私たちが対象にしているマーケットは流行の服よりもはるかに大きなものです。


ニクラス・ゼンストローム

いま、私はスカイプのCEO(最高経営責任者)、会長職を退任し、英ロンドンに本拠地を構えるVC(ベンチャーキャピタル)「アトミコ」を創業しました。優れた技術と野心を持ち合わせた若い起業家たちが羽ばたける環境を作りたい。この思いは、紛れもなくスカイプ創業時の苦労があったからです。


進藤貞和

信用とは誠心誠意ということです。私の業界を見ても、トップの人たちはうまいことを言うが、下に行くと全然違うことをしている。三菱電機も同じで、あまり安売り競争をするから理由を聞くと、他社がやるからというのです。公明にやるのは難しいものです。


赤井益久

かつて日本には1つの価値観が重きを占め、それ以外を否定的にとらえていた時代がありました。しかし例えば森の木々でも、スギは木材として役立ち、ブナは木材に適さなくても、森全体を保水するという大切な役割を果たします。同じように、ダイバーシティもいろいろな角度から見る必要があるでしょう。


澤田貴司

気になることやわからないことに出くわしたとき、手っ取り早いのはそのジャンルに詳しそうな人や興味を持って調べてくれそうな人から情報をもらうこと。私の最も身近なところにいて、なんでも教えてくれる存在といえば社員。普段からLINEで頻繁にやり取りしているので、「これが気になるんだけど、教えて」と気軽に相談できる。


渡部恒三

角さん(田中角栄)の派閥から竹下さん(竹下登)とともに「創政会」という新しい派閥をつくって独立しようとしたときがあります。そのときは小沢一郎さんとか小渕恵三さんもいたけど、田中先生のところに「創政会つくって、参加します」って直接言いにいったのは私一人。ほかの幹部は誰も行かない。それでも「私は竹下さんの縁でオヤジさんと知り合うことになりました。だからお許しください」と。そりゃ、怒鳴られました。しかし、筋は通しました。そのおかげで、その後も田中邸で昼からオールド・パーのご相伴に与ったりもするぐらいの関係を続けることができました。


川田修(ライフプランナー)

転職や独立をする際に重要なのは、培ってきたスキルを活かすこと。そのためにまず、「自分を棚卸しする」ことが大事。私の場合、自分の棚卸しになったのは、本を書き、多くの感想をいただいたことでした。それまでは、「保険を売ること」が得意なことだと思っていたのですが、実は「他人と自分を差別化する」ことが得意なんだと気がつきました。


家入一真

極論かもしれませんが、僕にとってのリスクはただひとつ、「死ぬこと」だけです。そのリスクさえなければ、何でもできる。たとえ起業して経営に失敗したとしても、自ら命を絶たないかぎりは死ぬことはない。そう考えると、新しくビジネスを始める際も、別に不安にはなりません。


井深大

企業にとって重要なのは発明より革新なのだ。その革新は実はたわいのない夢を大切にすることから生まれる。
【覚書き|ソニー発展の起爆剤になったトランジスタラジオの開発について振り返った時の言葉】


丸山栄樹

現場の感覚がわからないと、コンサルが頭で論理的に組み立てても現実はうまくいかない。


種田陽平

ディティールの積み重ねにより全体ができあがり、そこではじめてある世界が生まれるという美術の爆発力は、過度に検証しすぎるプロセスの中では消えてしまいがちですからね。現実を器用にマネしただけの美術って、つまらないと思うんです。


南雲吉則

本をどんどん書いた方がいい。そして、ただ書くだけではなく、売れる本を書かなければいけない。


安田佳生

モチベーションを高く維持できるかできないかは、ひとつはその人の性格でしょう。たとえば、新入社員を20人採用して、1人だけみんなと違う仕事をやらせたとします。そのとき、「私は特別な仕事をもらえた。ラッキー!」と思って頑張れる人と、「なぜ私だけがこの仕事なのか」と不安に感じる人がいます。これはもう、本人の性格の差です。


アルフレッド・アドラー

自分の不完全さを認め、受け入れなさい。相手の不完全さを認め、許しなさい。