名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

デーブ・トーマスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

デーブ・トーマスのプロフィール

デーブ・トーマス。ファストフードチェーンのウェンディーズ創業者。中学を中退し12歳で簡易食堂で働きだす。その後、いくつかのレストランでコックとして働く。そしてケンタッキーフライドチキンの店長を経験したのち、ウェンディーズを創業。以後、同社を世界的フランチャイズへと育てた経営者

デーブ・トーマスの名言 一覧

立派なオフィスで小難しい理論を振りかざす連中は多いけれど、消費者の求めているものは昔から変わっていない。それは質の高い商品、払った金額に見合う商品だ。私はビジネスをなるべくややこしくしないようにしている。おいしいメニューと、清潔な店、礼儀正しい従業員、これらを手ごろな値段で提供する。それこそが我々のマーケティング戦略だ。


デーブ・トーマスの経歴・略歴

デーブ・トーマス。ファストフードチェーンのウェンディーズ創業者。中学を中退し12歳で簡易食堂で働きだす。その後、いくつかのレストランでコックとして働く。そしてケンタッキーフライドチキンの店長を経験したのち、ウェンディーズを創業。以後、同社を世界的フランチャイズへと育てた経営者

他の記事も読んでみる

佐々木正悟

休日に関しては、これをしようではなく、これはやらないという決まりごとが多いですね。パソコンも手元に置くと手を付けてしまうので、意識して遠ざけるようにしています。


世耕石弘

私、ブランディングという言葉はあまり好きではないんです。どの大学もブランディングを一生懸命やっていますが、「上品でおしゃれ」なカラーばかり打ち出そうとして、誰の目にも止まらない広告やポスターをつくっているような気がしてならないんです。でも私たちは、広告を打つならしっかりと目立つことが重要だと思っています。


植西聰

落ち込んだときは落ち込むところまで落ち込むという方法が有効です。部屋に閉じこもって泣いたり、悲しい歌を聴いたり、自分の惨めな姿をイメージしたりと、徹底的に悲しい気分に浸り切るのです。これ以上落ち込めないところまで落ち込めば、あとは浮上するだけ。負の感情は自然と小さくなり、気持ちがすっきりとしてきます。ただし、この方法は、平日に行なうと仕事に支障が出るので要注意。週末などのまとまった時間を利用して行なうことをお勧めします。「週末に思い切り泣こう」と決めておけば、それまでの数日間を頑張る気力も出てくるでしょう。


若山陽一

パナソニックの子会社の、電池の製造請負・派遣会社、パナソニックバッテリーエンジニアリングを買収・子会社化しましたが、非常にうまくいっています。人を大切にするパナソニックの人づくりの在り方には、学ぶところも多い。一方で向こうの社員にしても、活躍の場が広がった。お互いに得るものがあるM&Aでした。こういう案件があれば、積極的に取り組んでいきたいと考えています。


中山泰男

社員が満足すればこそ良質な商品・サービスが提供でき、社会から信頼が生まれる。正の循環です。セコムの社員には、社会に役立ちたいという「セコムの想い」があります。「セコムのおかげでこんなに助かっている、ありがとう」と言われるのが一番の褒め言葉なのです。社員満足を原点とした全員経営、それによってしなやかで強い持続的成長をしていきたい。


杉道助

私の会議所(大阪商工会議所)生活は、生涯を通じて一番長い仕事だろう。これは私の性格が多少世話好きなためかもしれない。まあ、少しでも人が幸せになれればと思ってやった結果が、人に世話好きといわれるほどになったわけだ。


倉重英樹

あなたが「この人にはついていきたくない」という上司の下にいるなら、不幸であると同時にチャンスでもあります。反面教師にすればいいのです。若いうちは四の五の言わずに、すべてを学びのための機会ととらえて欲しいのです。


舟橋孝之

本来、アフターフォローは、営業にとって新規開拓と同じくらい重要なものです。顧客が購買により慎重になっている昨今は、その重要性がより高まっているといえるでしょう。そんな状況で求められているのは、「狩猟」ではなく「農耕」の姿勢です。


守屋淳

『礼記(らいき)』には「人臣たるの礼は、顕わには諫めず。三諫(さんかん)して聴かざれば、則ちこれを逃(さ)る」とあります。この「三諫」は、君主の過ちを三回諫めてもダメなら、その国を去るのが礼だという教えです。状況を変えることができないなら、さっさと職を変え、派閥を移ったほうがいい。現代に置き換えれば、そう理解できます。歴史を考えれば、能力を発揮するために主君を変えることは、信用を損ねる行為とはいい切れません。


迫本淳一

一致団結して、新しい挑戦をしていけば、自ずと新しい人材が育ってくる。


パンカジ・クマール・ガルグ

親戚には経営者が多く、誰も日本には行かない。言葉や食物の違い、こだわりもあります。しかし、モノ作りが好きな私にとり、やはりモノ作りは日本だし、誰も行かないから行きたいというチャレンジ精神もありました。


北畑稔

自分の目標を実現するために、自分を客観視して、常に軌道修正をしながら、自分自身を目標に向かって導いていける。そんな力を持った人材が、非常に重要だと思っています。