名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

デーブ・トーマスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

デーブ・トーマスのプロフィール

デーブ・トーマス。ファストフードチェーンのウェンディーズ創業者。中学を中退し12歳で簡易食堂で働きだす。その後、いくつかのレストランでコックとして働く。そしてケンタッキーフライドチキンの店長を経験したのち、ウェンディーズを創業。以後、同社を世界的フランチャイズへと育てた経営者

デーブ・トーマスの名言 一覧

立派なオフィスで小難しい理論を振りかざす連中は多いけれど、消費者の求めているものは昔から変わっていない。それは質の高い商品、払った金額に見合う商品だ。私はビジネスをなるべくややこしくしないようにしている。おいしいメニューと、清潔な店、礼儀正しい従業員、これらを手ごろな値段で提供する。それこそが我々のマーケティング戦略だ。


デーブ・トーマスの経歴・略歴

デーブ・トーマス。ファストフードチェーンのウェンディーズ創業者。中学を中退し12歳で簡易食堂で働きだす。その後、いくつかのレストランでコックとして働く。そしてケンタッキーフライドチキンの店長を経験したのち、ウェンディーズを創業。以後、同社を世界的フランチャイズへと育てた経営者

他の記事も読んでみる

太田光代

仕事では感謝されることの喜びに重きを置かない方がいい。プロとしてベストを尽くし、見返りを求めない。この姿勢が大事。


大西洋

百貨店というのは、生活必需品を売るところではありません。豊かな気持ちにさせてくれる「モノ」や「コト」を売るのが百貨店。


白石達

ゼネコンは外注率が80%に達し、自動車産業などと同じ、アセンブリー産業です。現場には常時100社くらいの協力企業が出入りしますから、マネジメントはゼネコンにとって一番大きな仕事ともいえます。ハードの技術と並んで、段取りに代表されるソフトの技術が我々の最大の売り物なのです。


カジポン・マルコ・残月

人生いろいろつらいこともあるけれど、マイナス面ばっかりじゃなくて、プラス面がいっぱいある。


可児武夫

私がモルガン・スタンレーへ移籍したとき、社内の複数のバンカー(銀行家、専門職の銀行員)の名前を聞かされ、「この人たちはキーパーソンだから、きちんと付き合うようにした方がいいよ」と言われました。でも、せっかく仲良くなったのに、5年後にはこれらのキーパーソンの大部分がいなくなっているのに気づき、驚きました。


藤井佐和子

もしあなたが、何か不満があってそれを抱え込んでしまっているのなら、もっと積極的な発信が必要です。


木村宏

私は昔から切羽詰まらないとものごとに取りかからない。せっかちだと言われることもあるが、ズボラな面も多分にあると思う。いつも神経を張りつめていたら、いい仕事はできない。リラックスする時間があればこそだと思う。


水野雄介

キッザニアはいわば「キャリア教育×エンターテインメント」のテーマパーク。そこにいって僕が感じたのは、世の中は新しい教育を求めているということ。日本の教育に何か遅れているものを感じているからこそ、キッザニアで行列をつくっている。それなら自分が新しい教育をつくっていこうと起業しました。


殿村政明

まず大切なのは、相手の心の扉を開けること。そのカギになるのが、会話の最初の話題、いわゆるツカミだ。商談やプレゼンなど、相手にリラックスして話を聞いてほしい場面はたくさんある。相手にとっていくら良い話をしても、心が固くガードされていれば、なかなか理解してもらえず、納得もされない。そんな時、ツカミをうまく使えば、相手の緊張をほぐし、自分もリラックスした状態で話すことができる。


山口絵理子

いまでも不満は相手に直接言います。「私はこれ、嫌い」と直球で。日本だと遠回しに伝えることが多いけど、海外だと10のことを言っても1つ伝わればいい方なんです。大変でしたよ(笑)。工場に、私が頼りにしているバングラデシュ人の職人がいるんですが、当初、雑な仕事をしていたので「何、これ。こんなやり方でいいものができるの?」ときつく叱ったんです。そうしたら口を利いてくれなくなっちゃった。そのままだと困るので、デザインを考える過程でしつこく「どう思う?」って、返事がなくても聞き続けました。そうしたら少しずつ意見を言い始めてくれて、今は密なコミュニケーションが取れるようになりました。


桐山一憲

成長というのは(上がったり下がったりを繰り返す)Sカーブ。その繰り返しを何年、何十年もやって企業は繁栄していきます。P&Gは今、成長のSカーブの一番上のあたりでちょっとスローダウンして、市場平均レベルになっている。次のSカーブを作るためにいろいろな変革をしています。


川西諭

市場平均に連動するような金融商品に分散投資をして長期保有をする人が、長期で見ると最も成績がいい。収益率を平均すると、アクティブ派はパッシブ派に負けてしまう。