デーブ・トーマスの名言

デーブ・トーマスのプロフィール

デーブ・トーマス。ファストフードチェーンのウェンディーズ創業者。中学を中退し12歳で簡易食堂で働きだす。その後、いくつかのレストランでコックとして働く。そしてケンタッキーフライドチキンの店長を経験したのち、ウェンディーズを創業。以後、同社を世界的フランチャイズへと育てた経営者

デーブ・トーマスの名言 一覧

立派なオフィスで小難しい理論を振りかざす連中は多いけれど、消費者の求めているものは昔から変わっていない。それは質の高い商品、払った金額に見合う商品だ。私はビジネスをなるべくややこしくしないようにしている。おいしいメニューと、清潔な店、礼儀正しい従業員、これらを手ごろな値段で提供する。それこそが我々のマーケティング戦略だ。


デーブ・トーマスの経歴・略歴

デーブ・トーマス。ファストフードチェーンのウェンディーズ創業者。中学を中退し12歳で簡易食堂で働きだす。その後、いくつかのレストランでコックとして働く。そしてケンタッキーフライドチキンの店長を経験したのち、ウェンディーズを創業。以後、同社を世界的フランチャイズへと育てた経営者

他の記事も読んでみる


佐藤綾子(心理学者)

傾聴力のポイントは3つです。

  1. 相手の感情をきちんと聞き分け、さらにその感情をきちんと受け止めて、言葉の裏の真意を読み取る、徹底した「感情移入の力」。
  2. 自分の感情に振り回されずに、相手の話に全神経を集中する「感情コントロールの力」。
  3. 聞いた話の中から必要なことを聞き分けて、適切な質問を投げかけていく「質問力」。

槍田松瑩

「順番」が大事。生んだ価値をお金に変えていくのが、目指すところ。合法的でありさえすれば何をやってもいい、とにかく金を儲けようという風に順番をひっくり返して考えてしまうと、結果として思ってもみないところに行ってしまう。


鈴木茂晴

能力やスキルに個人差はあれど、男女差はない。女性の活躍を支援しないことは人材という経営資源の損失。


徐向東

日本は中国と同様に漢字を使いますが、日本で使う漢字名をそのまま中国に持ち込むと、誤解されることもあるので注意が必要です。


日覺昭廣

日本の社会は、現場も匠の世界なんです。そうすると、やはり年季があって、給料を上げていくということが非常に重要。


藤井孝一

新卒のサラリーマンが1日2時間の勉強時間を捻出するのは大変なことです。私は営業職でしたから、毎晩、接待があります。それなら早く起きようと。毎朝5時に起きて、7時から始業の9時まで、通勤時間を含めると3時間を勉強にあてました。当時は、会社近くにある喫茶店もよく利用しました。


猪瀬直樹

自分の得意とする分野なら、人は積極的に関わってくれる。周りから協力を得られない人は、相手の適性を無視して頼んでいる可能性が大。


ページの先頭へ