名言DB

9412 人 / 110637 名言

デービッド・マイスターの名言

twitter Facebook はてブ

デービッド・マイスターのプロフィール

デービッド・マイスター。アメリカの経営コンサルタント。イギリス出身。バーミンガム、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス、ハーバード・ビジネス・スクールで学位を取得。ハーバード大学で7年間教鞭をとったのち、コンサルタントに転身。共著に『プロフェッショナル・サービス・ファーム 知識創造企業のマネジメント』『プロフェッショナル・アドバイザー 信頼を勝ちとる方程式』ほか。

デービッド・マイスターの名言 一覧

トヨタのカイゼン方式というのがありますよね。それはトヨタのカイゼンが素晴らしいのではなく、カイゼンを続けたトヨタが素晴らしいのです。


デービッド・マイスターの経歴・略歴

デービッド・マイスター。アメリカの経営コンサルタント。イギリス出身。バーミンガム、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス、ハーバード・ビジネス・スクールで学位を取得。ハーバード大学で7年間教鞭をとったのち、コンサルタントに転身。共著に『プロフェッショナル・サービス・ファーム 知識創造企業のマネジメント』『プロフェッショナル・アドバイザー 信頼を勝ちとる方程式』ほか。

他の記事も読んでみる

高橋誠(教育学者)

誰でも良いアイデアを出せる。必要なのは集団で発想するためのルールと手法を知ること。


星野佳路

フラットな組織がいい。風通しを良くすれば、辞める人が減るだけでなく、強いチームを作ることができる。


豊田圭一

極端なまでに最悪な状況をあえて想定すれば、小さなことにもクヨクヨすることもなくなります。


橋本孝之

仕事のスキルは勉強した時間に比例して直線状に上がっていくものではないと考えています。勉強を継続していると、ある日突然グッと抜け出してステップが上がるのです。


松本大

英語で言いたいことを伝える基本は、大きな声で最後まで話すことだと思います。発音や文法への自信のなさからか、日本人は英語になると声が小さくなりがちですが、それが「通じない原因」なんです。難しい単語を使う必要はありません。中学レベルのカタカナ英語でいいので堂々と大きな声ではっきりと話せば、相手はしっかり聴き取ろうと努めてくれるものです。言葉よりも先に「伝えたいという気持ち」を相手に分かってもらうことが大切です。


長谷山彰

大学もグローバル化の波の真っ只中にいますが、そもそもグローバル化は共通ルールによる平均化・平準化だと捉えています。そこに参加し、生き残るためには世界標準に適合しなければなりませんが、ただ合わせるだけでは埋没してしまいます。生き残り、発展を続けるには特色のある大学として個性を持たなければなりません。


古森重隆

秘訣やノウハウと呼ばれるものはその人の心の中や頭の中、体の中に宿る。


米村でんじろう(米村傳治郎)

世間から「でんじろう先生」がどう見えるかわからないですけど、実際には先のしれない不安を抱えています。科学を楽しく見せるという現在の手法の将来性、イベント、番組出演が今後も続くのだろうか。お客さんは喜んでくれているだろうか、と。また、先端科学の世界で活躍している研究者、技術者から見れば、僕らがやっていることは、何の役にも立たないと言われちゃうかもしれないな……とも思っている。だけど、そうした不安の一方で、誇りもあるわけです。これは一般の人に科学への門戸を開く一種のアートなんだ、と。児童の理科離れ、科学離れが指摘される中で、実験という表現活動を行う。それは映像作りや絵画、音楽と同じように意味のあることのはずで。実験だからこそ、伝わる不思議さ、驚き、キレがあり、見ている人へ感動を与えることができる。一種の創作活動なんだと胸を張る気持ちもあります。


高橋宏(経営者)

手数料を1000億円払えば、9000億円が手に入る。あなたの私腹を肥やすためではない、会社のためです。そう言われて、心が動かなかったと言えば嘘になります。顧みて、手を出す、出さないは、実にきわどい選択だったと冷や汗三斗の思いです。しかし濡れ手に粟という話はおかしいという気持ちが最期は勝った。
【覚書き|M資金詐欺をもちかけられた時を振り返っての発言】


堤剛

国内外で本格的な演奏活動をするようになって半世紀、昨秋には文化功労者にも選んでいただきました。しかし、それはむしろ私の将来への功労であると受け止め、ますます努力、精進せねばと自戒する日々です。


分林保弘

私の座右の銘は最澄の「自利利他(じりりた)」です。利他を実践すれば巡り巡って自利となるという教えです。M&Aの仲介も、買い手・売り手両者のためになると信じてお手伝いしています。


田中辰巳

調査の際は「現場は必ず嘘をいう」と考え、必ず原本に当たらなければなりません。情報を耳だけで取ってはいけません。しっかり原本を見て、目で情報を取り、事態の全容をしっかり把握するのです。


古賀信行

私は40歳の時に総合企画室長に就き、当時の4大証券による「損失補填事件」の対応に追われることになりました。この不祥事は、昭和の終わりのバブル経済が崩壊する過程で起こったものです。突然のトップ交代を間近で見ました。突発的な出来事を前に、右往左往するだけの役員も少なからずいました。こうしたことを通して、生意気にも「自分が(経営の)真ん中だったらどうすべきか」ということを考える癖がついたように思います。


立川談慶

9年半も無駄飯を食わせてもらったが、それが今の自分の地下資源になっている。天性の才能で一気にスターダムにのし上がる芸人と違って、天才的なセンスがなくても、修業という手はずというかエチケットを踏めば、誰もが落語家になれる。その見本が僕だ。


似鳥昭雄

人材を育てるコツがあります。それは「高速配転教育」です。1年半ごとに部署をどんどん変えていくのです。入社以来、数年間同じ上司のもとについているなどということは、我が社ではありえません。次々に部署異動して新しいことを勉強してもらうのです。本人にとっては恐ろしいと思いますよ。やっと慣れたと思ったら、すぐに別の業務に就かされる。それが延々と続くわけですから。