名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

デービッド・アトキンソンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

デービッド・アトキンソンのプロフィール

デービッド・アトキンソン。イギリス出身の経営者。「小西美術工藝社」社長・会長。オックスフォード大学卒業後、アンダーセン・コンサルティング、ソロモン・ブラザース、ゴールドマン・サックスを経て小西美術工藝社に入社。取締役などを経て会長に就任。『新・観光立国論』で山本七平賞を獲得。

デービッド・アトキンソンの名言 一覧

幻想を抱いて間違った施策を取るのではなく、客観的事実を見据えて正しい戦略を立てよ。


日本では問題提起が対立を生む。日本人は自分を正当化し、屁理屈をこねて、無関係な話を持ち出す。普遍性も合理性もない。だから、目の前のシンプルな答えに気づかない。


日本のアナリストやエコノミストは目先の動きを詳しく分析するのは得意ですが、構造的分析はほとんどしません。本質を探究しようとしない。


押し付けがましい「おもてなし」はサービスの提供者の自己満足にすぎず、日本の文化を体験したいと望む外国人観光客にとっては逆効果です。


偉そうに言うつもりはありませんが、私の国、英国の場合、「英国病」と呼ばれた暗黒の時代もありましたが、歴史上、いくつもの経済危機を乗り越えてきたこともあり、常に「根本的にどうすればいいのか?」という思考で問題に向き合うのです。


日本のアナリストが書いた本の多くは、キャッチフレーズを並べているだけで、データ分析が足りません。私も執筆中、常識だと思って書いたことが、後にデータと照らし合わせると、結果がまったく違ったことが何度かありました。それほどデータは大切なのに、なぜか日本ではそれを指摘する声が少ない。


実は観光立国になり得る国の条件というのがあって、「気候、自然、歴史文化、食」の4条件です。これら全てを満たす国は世界でも10か国程度です。日本は全ての条件を満たしているのに、そうした潜在能力をまだ生かし切れていないことが、私は逆に大きなチャンスだと思います。


世界の「観光立国」の成功要因を分析すると、いくつかの条件を備えていることが浮かび上がってきます。それは「気候」「自然」「文化」「食事」の4つです。このうちのどれかを伸ばして差別化を図ることもできるかもしれませんが、それには限界があります。そるやはりすべて揃っているのが理想であることは、言うまでもありません。


仮に「おもてなし」が喜ばれたとしても、それはあくまでサービスにすぎません。食事にたとえれば、箸休めの漬物のようなものです。極端なことを言えば、とてもすばらしい「おもてなし」をする旅館でも空気の悪い工場地帯の真ん中にあったとしたら、そのサービスを目当てにわざわざ訪れる人がいるでしょうか。


外国人からすれば、この「おもてなし」は上から目線で自己満足のサービスを押し付けているようにしか映っていません。というのも、「客」である外国人が本来望んでいるようなサービスがなされていない一方で、「おもてなし」の名のもとに必要とされていない過剰なサービスが行われていることが多々あるからです。


結局、GDPというのは、人口×生産性です。日本のGDPを維持するには、人口を増やすか、生産性を上げるかですが、人口増に関しては、日本では移民に対する抵抗もありますし、出生数を突然増やすのも無理です。であるならば、生産性を上げるしか、日本がGDPを上げる方法はありません。生産性も輸出も国民一人あたりの潜在能力が、まだまだ発揮されていないです。それを発揮することによって、日本はどんどん上に行けるんですから。


本物の伝統技術を持った企業がいなくては国宝が消滅してしまう、と危機感を持ちました。そこで職人すべてを正社員にすることで、社員の離職率を減らそうと考えた。同時に、若い人をどんどん雇うことができ、48歳くらいだった平均年齢も今は38歳ぐらいになりました。生活が安定したことで社員の離職率が激減し、品質も向上するという好循環が生まれたのです。


デービッド・アトキンソンの経歴・略歴

デービッド・アトキンソン。イギリス出身の経営者。「小西美術工藝社」社長・会長。オックスフォード大学卒業後、アンダーセン・コンサルティング、ソロモン・ブラザース、ゴールドマン・サックスを経て小西美術工藝社に入社。取締役などを経て会長に就任。『新・観光立国論』で山本七平賞を獲得。

他の記事も読んでみる

アレックス・カー

先日、旧知の仲である能楽師を自宅に招いて仕事の話をする必要があり、「今までとは違う、面白い夕べにしよう」と作戦を練りました。彼の好物を食卓に並べて「無事に終わらせる」こともできましたが、それでは互いに得るものはない。私にとってそれは、彼が「気に入ってくれない」より残念な結果です。そこで、彼が食べたことがないだろうと思う料理にチャレンジ! リスクを取った結果、忘れられない「一期一会」の夜を過ごすことができました。


梅森浩一

他人のマネばかりしていると、二番煎じばかりで自分らしさを失うのではないか。マネというと、そうしたネガティブなイメージを抱く人もいるかもしれません。しかし、どんなに振る舞いや働き方を真似したところで、自分の性格やアイデンティティーまで変わることはありません。大切なのは、そうした根本的な「自分らしさ」と、周囲から評価される仕事ぶりを組み合わせて、仕事の成果へとつなげていくかです。


中鉢良治

集めた情報を何度も見返しては、情報と情報を関連付け、網の目を広げていくのです。手間暇かけて情報を集め、それを咀嚼し、自分のものにする過程を経ずに、情報と情報のリンクはできません。素材をただそれらしくつなげて文章にしようとすると、データベースで無理やりソートしたような失敗作になってしまう。リンクには効率性という発想はありません。一朝一夕では体得できないスキルなのです。


守安功

任天堂との資本・業務提携がまとまり、いま社内も盛り上がっている。任天堂は世界でもトップのゲーム企業。やはりゲームクリエーターにとってその存在は大きく、現場の士気も高まっている。


上田準二

私が社長に就任したとき、人事制度では年功型をやめました。やる気のある人間については、褒め称えて、天井にぶつかって痛いと言うまで胴上げする。例えて言えば、そんな制度にしたのです。


プラユキ・ナラテボー

「……やぶ蚊だって、マラリア蚊だって、みんな、みんな、生きているんだ、友だちなんだ!」出家したてのころ、森の中で何十匹もの大ぶりの蚊に刺されながら坐禅を組み、その猛烈な痒みに耐えるとき、私がよく心の中で口ずさんでいた歌がこれ、「手のひらを太陽に」の替え歌だった。この歌を口ずさむと、生きるために必死になって血を吸っている蚊の姿がなんだか愛おしく見えてきて、不思議に痒みが軽減していった。穏やかでやさしい気持ちがふつふつと胸に湧き上がってくるのを感じ、私の心はみるみるうちに満たされていくのだった。


茂木健一郎

オススメしたいのが、苦手なことをとりあえず始めることだ。英会話でも、プログラミングでも、新分野の勉強でも、とにかく始めてしまう。嫌がっていないで、手をつけてしまうのだ。そのために有効なのが、「タイムプレッシャー」。時間制限を設けて、たとえば30分以内でこれをやろうと決め、心地よいプレッシャーの下に作業を始めるのである。苦手なことや慣れていないことは、つい戸惑ってだらだらやってしまいがちだ。時間制限を設けることで、きびきびと集中して作業を進めることができる。


鈴木満(サッカー)

海外で活躍しているOBが、今いる若い選手たちと交流することで、チームの歴史や哲学が自然と伝わっていく。


加谷珪一

同じことの繰り返しでは、脳は成長しない。考えているだけでは何も変わらない。まずは行動してみること。


北村昌陽

「不健康はサラリーマンの勲章」と、せり出した腹を自慢できたのは、もはや背の話。今や自分の健康や体形をマネジメントすることは、ビジネスパーソンの必須スキルだ。長く元気に働ける体を維持するために、きちんとした健康知識を習得しよう。


津田純嗣

当社は創業100周年を迎えました。長寿企業の秘訣はこの3つに集約されます。

  1. きちんと役に立つものを作る。
  2. それを継続して提供する。
  3. 顧客にもしっかりと企業方針を認識してもらう。

植田実(経営者)

月に一度くらいミナミのアメリカ村にマーケティングに行くんですが、そこで女子高生に「いま、こんなん流行ってるで」と聞いて、作りました。やはりキャラクターが強いということで、キティバージョンを出してから売上がドンドン伸び、1年で100万枚を超えました。