名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

デービッド・アトキンソンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

デービッド・アトキンソンのプロフィール

デービッド・アトキンソン。イギリス出身の経営者。「小西美術工藝社」社長・会長。オックスフォード大学卒業後、アンダーセン・コンサルティング、ソロモン・ブラザース、ゴールドマン・サックスを経て小西美術工藝社に入社。取締役などを経て会長に就任。『新・観光立国論』で山本七平賞を獲得。

デービッド・アトキンソンの名言 一覧

幻想を抱いて間違った施策を取るのではなく、客観的事実を見据えて正しい戦略を立てよ。


日本では問題提起が対立を生む。日本人は自分を正当化し、屁理屈をこねて、無関係な話を持ち出す。普遍性も合理性もない。だから、目の前のシンプルな答えに気づかない。


日本のアナリストやエコノミストは目先の動きを詳しく分析するのは得意ですが、構造的分析はほとんどしません。本質を探究しようとしない。


押し付けがましい「おもてなし」はサービスの提供者の自己満足にすぎず、日本の文化を体験したいと望む外国人観光客にとっては逆効果です。


偉そうに言うつもりはありませんが、私の国、英国の場合、「英国病」と呼ばれた暗黒の時代もありましたが、歴史上、いくつもの経済危機を乗り越えてきたこともあり、常に「根本的にどうすればいいのか?」という思考で問題に向き合うのです。


日本のアナリストが書いた本の多くは、キャッチフレーズを並べているだけで、データ分析が足りません。私も執筆中、常識だと思って書いたことが、後にデータと照らし合わせると、結果がまったく違ったことが何度かありました。それほどデータは大切なのに、なぜか日本ではそれを指摘する声が少ない。


実は観光立国になり得る国の条件というのがあって、「気候、自然、歴史文化、食」の4条件です。これら全てを満たす国は世界でも10か国程度です。日本は全ての条件を満たしているのに、そうした潜在能力をまだ生かし切れていないことが、私は逆に大きなチャンスだと思います。


世界の「観光立国」の成功要因を分析すると、いくつかの条件を備えていることが浮かび上がってきます。それは「気候」「自然」「文化」「食事」の4つです。このうちのどれかを伸ばして差別化を図ることもできるかもしれませんが、それには限界があります。そるやはりすべて揃っているのが理想であることは、言うまでもありません。


仮に「おもてなし」が喜ばれたとしても、それはあくまでサービスにすぎません。食事にたとえれば、箸休めの漬物のようなものです。極端なことを言えば、とてもすばらしい「おもてなし」をする旅館でも空気の悪い工場地帯の真ん中にあったとしたら、そのサービスを目当てにわざわざ訪れる人がいるでしょうか。


外国人からすれば、この「おもてなし」は上から目線で自己満足のサービスを押し付けているようにしか映っていません。というのも、「客」である外国人が本来望んでいるようなサービスがなされていない一方で、「おもてなし」の名のもとに必要とされていない過剰なサービスが行われていることが多々あるからです。


結局、GDPというのは、人口×生産性です。日本のGDPを維持するには、人口を増やすか、生産性を上げるかですが、人口増に関しては、日本では移民に対する抵抗もありますし、出生数を突然増やすのも無理です。であるならば、生産性を上げるしか、日本がGDPを上げる方法はありません。生産性も輸出も国民一人あたりの潜在能力が、まだまだ発揮されていないです。それを発揮することによって、日本はどんどん上に行けるんですから。


本物の伝統技術を持った企業がいなくては国宝が消滅してしまう、と危機感を持ちました。そこで職人すべてを正社員にすることで、社員の離職率を減らそうと考えた。同時に、若い人をどんどん雇うことができ、48歳くらいだった平均年齢も今は38歳ぐらいになりました。生活が安定したことで社員の離職率が激減し、品質も向上するという好循環が生まれたのです。


デービッド・アトキンソンの経歴・略歴

デービッド・アトキンソン。イギリス出身の経営者。「小西美術工藝社」社長・会長。オックスフォード大学卒業後、アンダーセン・コンサルティング、ソロモン・ブラザース、ゴールドマン・サックスを経て小西美術工藝社に入社。取締役などを経て会長に就任。『新・観光立国論』で山本七平賞を獲得。

他の記事も読んでみる

小川直也

昨年の大晦日は、相当なギャラでオファーがあったけど、断りました。プロレス界には何のプラスにもならないですから。それに、あれは「対紅白歌合戦」というひとつのプロジェクトで、出場選手はみんなその選手にすぎない。俺はワン・オブ・ゼムにはなりたくない。


江幡哲也

弊社の新入社員は毎日、教育担当の先輩宛に、仕事の報告や相談したいこと、さらに宿題として『All About』の中で気になったコンテンツの感想などをメールで送ります。このメールは自分に関係のあるグループの社員にも同報で送るので、文章の書き方や表現におかしなところがあれば、必ず誰かから指摘を受けます。社内で叩かれているうちに、社外の人に出しても恥ずかしくない。最低限のレベルの文章力が身につくのです。


外山滋比古

投資で一番いいのは、特別に話題にもなっていないが、将来性のあるものを見つけることです。なかなか難しいことですが。たとえば今、ガソリンや電気に続くエネルギーの候補に水素があって、東京五輪までに水素バスを走らせるという計画もあるようですが、水素にはそれを備蓄する「水素ステーション」の建設にかなりのお金がかかるという問題がある。水素が本当にガソリンや電気に取って代わるかどうかは分からないが、今水素を製造している限られた会社の株を買っておけば、大富豪になれるかもしれない。恐らく株価は1000倍くらいにはなるでしょうから。


北尾吉孝

飲みに行ったとき、部下に払わせたり割り勘にしたことは一度もないし、個人的に行くのだから経費では落としません。いまでも会社の交際費は、ものすごく厳しくしていて、僕自身ほとんど使いません。したがって部下も使いません。会社の決算後の打ち上げや、新入社員を10人ぐらいずつ連れての飲食のときなども、僕が払います。


江上治

言い訳をする人は、素直に自分の非を認めたり、他人の忠告に耳を傾けることができません。失敗や挫折は多くのことを学べるチャンスであるにも関わらず、自分の非に素直に向き合わないために、みすみす成長の機会を逃しているのです。


トーマス・カーライル

一度でも心から全身全霊をもって笑ったことのある人間は、救いがたいほどの悪人にはなれない。


上條努

売り上げが減ると飽きられたのではないかと感じてしまいます。そうなると商品を改良したくなる。しかし、改良して良い部分と悪い部分は絶対にあるのです。新しい顧客を探しにいくことは、既存顧客を失うことにもなりかねません。


竹中平蔵

組織が大きくなるほど、細部まで情報が行き渡りません。しかし、業績を上げている会社は、物事に対する姿勢が上から下まで徹底しているものです。


筒井義信

生命保険には、お客様の安心を守る、あるいは安心を最後までお届けする義務があります。現場の職員の活動を目の当たりにして、このような使命感が広く、そして確かに浸透していることが改めてわかりました。不幸なことではありましたが、現場の強さを実感しました。
【覚書き|東日本大震災後を振り返っての発言】


齋藤勇(齊藤勇)

人は「好意」に対して「好意」を返す。まず自分が先に相手を褒めてみる。あなたが嫌だと思っている面を逆に褒める。威圧的だと思うなら「リーダーシップがある」、優柔不断だと思うなら「いろんな意見を聞いて慎重だ」と。


渋沢栄一

言葉は禍福ともに引き起こす入口のようなものだ。ほんのちょっとした言葉であっても、軽率に口にしてはならない。


杉本隆一郎

立ち上げから日が浅いスタートアップのタイミングでは、絶対に仕事を妥協しちゃいけない。