名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

デレク・ジーターの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

デレク・ジーターのプロフィール

デレク・ジーター。アメリカのプロ野球選手(遊撃手)。ニュージャージー州出身。5歳で野球を開始。ニューヨーク・ヤンキースで活躍。同チーム主将を務め、数々のタイトルを獲得した。

デレク・ジーターの名言 一覧

人は仕事の実績で評価されるが、善良者かどうかの評価も大事なことだ。


デレク・ジーターの経歴・略歴

デレク・ジーター。アメリカのプロ野球選手(遊撃手)。ニュージャージー州出身。5歳で野球を開始。ニューヨーク・ヤンキースで活躍。同チーム主将を務め、数々のタイトルを獲得した。

他の記事も読んでみる

前中ひろみ

日本の高校を卒業して大学へ入学したばかりの学生へ、その答えが「なぜ正しいのか」と質問すると、「正しいと習ったから」と返ってくる。これではダメだと思う。実社会では正しい答えが常に用意されているわけではない。


鎌田浩毅

大きな企画を立ち上げる時は、ゼロから仕組みを作るため多大な労力を伴います。でも、いったんその仕事が成功すれば、同じ仕組みや同じメンバーで次の仕事をしやすくなる。私はこれを「仕事のシリーズ化」と呼んでいるのですが、最小限の労力でアウトプットできるようになるので非常に効率的です。


犬丸徹三

(ロンドンのホテルに窓拭き係として雇われたとき)このホテルにはもう一人窓ガラス拭きがいた。すでに初老を過ぎた男で黙々として毎日仕事に精神を注ぎ込んでいるかに見えた。窓ガラス拭きは汚い仕事であり、しかも危険が伴う。私は心中ひそかに彼を軽蔑した。ある日、なかば揶揄の気持ちを込めて質問してみた。「君は毎日このような仕事を続け、それをもって満足しているのか」彼は窓を指して静かに言った。「イヌマル、(拭った窓、拭っていない窓)双方を見比べてみろ。拭えば綺麗になり、綺麗になれば、その一事をもって私は限りなき満足を覚える。自分はこの仕事を生涯の仕事として選んだことを後悔していない」私はこの言葉を聞くに及んで、一瞬何かに深く打ちのめされたごとく感じた。


前野隆司

本当にワクワクして、やりたくてたまらなくなる仕事をしていれば、幸福度は上がります。職場でいえば、やりたいものがあるときにチャレンジできる環境が大切なのです。


栗山敏昭

一番大切なのは、「こうなりたい」と思うこと。思いがあるとそのとおりに行動するし、周りも応援してくれる。だから、不思議と思ったとおりになってしまう。


永守重信

変わってほしくない立場にある人は、変化のスピードをどうしても甘めに評価します。ここは注意して見ておかなければなりません。デジタルカメラが出始めたころ、大手フィルムメーカーのトップは「デジタルがフィルムと置き換わるには10年かかる」と公言していました。しかし、実際には3年くらいしかかかりませんでした。


上野光夫

起業直後は赤字になる企業が多いですし、黒字でも、入金まで何カ月も待つことがあります。経営者たる者、会社を維持するため、ある程度の資金は常に準備しておくべきでしょう。また、資金に余裕があれば、業績改善の選択肢だって広がります。


寺田直行

創業以来、野菜を栽培する生産農家と契約栽培に取り組んできました。カゴメは加工用トマトと生食用トマトについて全国各地の農家と契約しており、カゴメの担当者が各契約農家の畑や施設菜園を巡回し、独自の栽培ノウハウを提供しているのです。栽培した野菜はカゴメが全量買い取るため、契約農家のやる気も出てきます。


渡辺光一郎(渡邉光一郎)

いまの日本の状況は、残念ながら茨の道しかありません。危機を煽るつもりはありませんが、楽天的にもなれません。やはり「健全なる危機意識の共有化」が必要ではないでしょうか。職員に対しても、お客様に対しても危機感を共有することが必要です。そして、同じ目標に向かってひとつになる。それが「お客様第一主義」を実現する一歩なのだと信じています。


岩田松雄

大事なことは、上司と喧嘩しても絶対に勝てないということ。向こうは人事権をもっているわけですから。ここを乗り切るには、上司との関係は一種のゲームだと割り切ったうえで、“マーケティング”をすることです。つまり、その上司は何を望んでいるのかを探って、それに応えてあげること。


輪島功一

緊張して、緊張して、いい試合をする、いい仕事をする。それがプロでしょう。最近、「緊張してません。楽しみます」なんて答えを聞くと腹が立ちますね。そういう人は考えが浅いから緊張しないんです。その場その場に対応する自分を創っておけば、緊張していい仕事ができるはずです。


川村隆

大組織の中で専門分野だけをやってきた人には、トップは務まりません。これからの人材育成では、若いうちに一度社外に出て、外の世界から自分の会社を眺め、30代後半から40代半ばにかけて、グループ内の小企業の社長を数年経験させることが必要。