名言DB

9412 人 / 110637 名言

デレク・シヴァーズの名言

twitter Facebook はてブ

デレク・シヴァーズのプロフィール

デレク・シヴァーズ。アメリカの起業家。CDストア「CD Baby」創業者。Wood Egg設立者。

デレク・シヴァーズの名言 一覧

リーダーには立ち上がり、バカにされる勇気が必要だ。


最初のフォロワーは過小評価されているが、リーダーシップの一形態なのである。最初のフォロワーが、ひとりのバカを、リーダーへと変える。


リーダーだけでなく、フォロワーが姿を見せることも大事である。なぜなら、新しいフォロワーたちは、リーダーではなくフォロワーを真似るからだ。


デレク・シヴァーズの経歴・略歴

デレク・シヴァーズ。アメリカの起業家。CDストア「CD Baby」創業者。Wood Egg設立者。

他の記事も読んでみる

坂本光司

自分たちの会社は、何のために存在しているのか。一度真剣に考えてみてほしい。一言でいえば、それは社員やその家族、またそのほか関係する人たちを幸せにするためではないでしょうか。この思いがないと、どんな制度や仕組みをつくってもうまくいかないだろうと私は思います。


渡瀬謙

営業で重要なのは、話をすることよりも、まず相手の話を聞くことです。私は「顧客のニーズを探りだすまで、商品を勧めない」と決めています。


パトリツィオ・ディ・マルコ

重要なのは、どの市場でもそこでリーダーとなった者が、自分は一番だと慢心していると、いつかは誰かが後ろからやってきて、その座を奪うということです。


渕脇正勝

健康に対する考え方を変えるきっかけにもなればと、様々な会場とタイアップして、私たちの製品を知っていただく場を設けています。3世代、4世代で見に来てくださるうえ、それまで地域の人が集まる機会が少なかった町などでは、コミュニティの場として会話が広がり、地域活性になると喜んでいただいています。


本多静六

少しばかりカネができても、早く金持ちになろうとか、急に財産を殖やそうと焦るのは、たとえ一時の小成功を収めることはあっても必ず最後はつまずきを招くものである。よくよく注意しなければならない。


小暮真久

根底のところで自分の思いとズレていると、結局は何をやってもダメ。


中村雅知

「小集団活動」の全国大会への出席を活発に行いました。これは、工場が実施しているカイゼン活動の中で生まれた優れた事案を、1年に1回発表し、全社で共有する取り組みです。私よりも前の社長は事務系が多かったせいか、これに出席していなかった。トップが旗を振ることで、従業員が「カイゼン」と「全員で共有」することの大切さを理解するようになったと思っています。


片岡聡一

日本の各地域に現在求められているのは何より独自性であり先見性。横並びの意識では生き残っていけません。そう考えたとき、企業というのは常に一歩先、二歩先を考えて他社との差別化を図っている。そうした考え方を市の政策に取り入れていくことは重要です。


太田肇

表彰は会社としてその人を認めるという明快な意思表明なので、受賞者はそれを誇りに思うことができ、周囲もそれを受け入れざるをえません。ポイントとなるのは透明なプロセスと、あらゆる人が表彰される可能性があるという公平さ。さらに、日の当たる人だけでなく、非正規社員やアルバイトなど縁の下の力持ちも対象となるような制度であれば、組織を活性化するご褒美として有効となります。


田村潤

38年間キリンビールで働いている中で、「ラッキーだったな」、そう思うことは何度もありました。が、中でも最も大きな幸運は「上司に恵まれた」ことです。私のサラリーマン人生において、上司の存在は大きかった。だから、自分が上司になったら、尊敬する上司の振る舞いを自分なりにマネしてきました。


オグ・マンディーノ

日々の仕事に熱心に取り組みなさい。その働き方があなたの未来を決定する。あなたは怠惰な人生を送るために創られたのではない。日の出から日没まで一日中食べ続けたり、飲み続けたり、遊び続けたり、愛し続けたりすることはできない。仕事はあなたの敵ではなく友なのだ。もし労働と名のつくあらゆるものに携わることを禁じられたら、あなたはひざまずいて一日も早い死の訪れを乞い願うだろう。


樋口武男

伸びる人はプラス思考で積極的な人。そして、「志」を持っている人。将来こういう人間になりたいとか、こういう立場になりたいという自分の目標が明確にある人、それが高い志と言うのでしょう。


俣野成敏

自分でテーマや目標を決めて、クリアしていくしかない。自分で自分の表彰台を作り、上を目指すしか道はない。


天野浩

そもそも勉強はすごく嫌いでした。数学だけは得意でやっていたんですが、大学時代も勉強の意味をなかなか見いだせずにいたのです。そんなとき、大学の講義である先生に「勉強は人のためにやるから意味があるんだ」と言われまして。初めてパッと視界が開けた気がしました。


包行均

中小企業は量を追わなくてもいいから、ニッチな商品を作って世界中のニッチな市場に出ていける。そのニッチ市場で独占的なシェアを取れば、絶対大企業は来ない。そういうところを探していけば、価格競争にも陥らない。コストダウンだって必要ない。