名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

デビッド・パッカードの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

デビッド・パッカードのプロフィール

デビッド・パッカード。アメリカの経営者。「ヒューレット・パッカード」共同創業者。コロラド州出身。幼少期から科学に興味を持ち実験を行った。スタンフォード大学卒業後、ゼネラル・エレクトリックに入社。その後、大学時代の同窓生ウィリアム・ヒューレットとともにヒューレット・パッカードを創業。同社をガレージからスタートさせ、世界的企業へと育て上げた。

デビッド・パッカードの名言 一覧

最も効率よく成功の成果をあげるには、あらゆるレベルの社員が一丸となって、共通の目標に向けて努力することが重要だ。


デビッド・パッカードの経歴・略歴

デビッド・パッカード。アメリカの経営者。「ヒューレット・パッカード」共同創業者。コロラド州出身。幼少期から科学に興味を持ち実験を行った。スタンフォード大学卒業後、ゼネラル・エレクトリックに入社。その後、大学時代の同窓生ウィリアム・ヒューレットとともにヒューレット・パッカードを創業。同社をガレージからスタートさせ、世界的企業へと育て上げた。

他の記事も読んでみる

猪瀬直樹

プレゼンや交渉の場において、数字による裏付けは強力な武器になる。その意味で、数字を読み解く力はビジネスマンに必須の能力。


高橋智隆

あえて厳しく言うと、日本は「研究」から抜け出せていないと感じます。ロボットは産業として成立していないから、研究者は公的な補助金を申請するしかない。すると、どうしても認可を受けやすい災害救助や福祉介護などの分野での研究に集中しがち。でもそれら特殊用途では、市場規模・技術難易度・倫理問題などの理由で、早期の製品化が難しい。それにそもそもアカデミックな研究における成果とは学会論文であり、作られるロボットは「実験装置」でしかなく、製品レベルとはほど遠い。それが産業としての自立をさらに妨げているという悪循環に陥っているのです。ロボットがどんなに学術的な価値を持っていても、もろくて繊細な「実験装置」は、研究室の外、ましてや災害地などの現場では役に立ちません。


スティーブ・ジョブズ

フォーカスグループによって製品をデザインするのはとても難しい。多くの場合、人は形にして見せてもらうまで、自分は何が欲しいのかわからないものだ。私はずっと、自分たちの事業に関わる主要技術を保有し、自由に操りたいと思っていた。


松本恭攝

お安く提供することで、新たなニーズが掘り起こされています。いままで印刷会社はチラシ1000枚というような小ロットの印刷を受けてきませんでした。営業や配達の人件費が掛かり、儲けがないからです。しかし、私たちはインターネットで固定費を抑えているので、1000枚2000円でも利益が出ます。その価格で提供できれば、これまでチラシの印刷を頼みたかったが頼めなかったお客様からも注文していただけます。


西成活裕

研究の成功にしても、大半は膨大な失敗の蓄積から作られるものです。飛躍のためには、いったん、グッと屈まなければ……屈んでいない研究者って、迫力もないものですからね。


小早川智明

重視しているのは現場。お客さんが望んでいることも、安全に対する取り組みも現場が起点。


中村雅行(経営者)

人間は座ったままじっと考えていても、よいアイデアは浮かびません。立ち上がることで気分転換になり、アイデアも浮かびやすくなります。また、資料を読むといった作業も、実は立って行ったほうが効率的。作業中に資料を取りに行き、また戻ってという際も、立っていたほうがよほどスムーズです。


沢木まひろ

自分のためではなく大切な誰かを思ってした行動が結果的に、優しい誤差を生むんじゃないでしょうか。人生をいい方向に変えていくために必要なのはもしかしたら、どの道を選択したかではなく一生懸命な思いを重ねていくことなのかもしれない。


小堀秀毅

トップメッセージとして打ち出したのが「三現主義」です。「現場」に足を運び、自分の目で「現物」を確認し、「現実」を知る。全社員が3つの「現」を徹底すれば、コンプライアンス、安全、環境への対応という理念が会社の隅々にまで浸透し、社会からの信頼を取り戻せるはず。


高田明(ジャパネットたかた)

ラジオショッピングでは「声だけが伝わる」と思っている方が多いですが、声の中にも心の目があるのです。ラジオを聞いている方々に、目の前のモノが見えないと思ったらとんでもない。ラジオくらい、モノが見えるメディアはありません。


カール・マルクス

宗教は人民のアヘンである。


松田公太

会社を始めて以来、嬉しいこと、悲しいこと、苦しいこと、楽しいこと、本当に様々なことを経営を通じて経験してきた。以前から感じていたことだが、とくにここ数年で痛感するようになったのは人間の弱さである。自分のミスや自分の弱さ、不出来を認められずに、言い訳をしたり、他人のせいにしたりする人がいかに多いことか。私自身、自分の弱さは十分に自覚しているつもりだ。だからこそ、安易な快楽や贅沢に流されてしまうことが怖い。だからこそ、たとえ会社が順調に成長していても、経営者として常に自分を追い込む姿勢が大切だと思う。