名言DB

9412 人 / 110637 名言

デビッド・テイラー(経営者)の名言

twitter Facebook はてブ

デビッド・テイラー(経営者)のプロフィール

デビッド・テイラー。アメリカの経営者。「プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)」CEO(最高経営責任者)。

デビッド・テイラー(経営者)の名言 一覧

難しい時代になってきたと頭を抱えているというよりは、わくわくしています。


どのカテゴリーでも、イノベーションを起こそうという意識はとても高い。「イノベーションの在庫」のようなものをどれだけ持っているか、ということが会社にとって重要。


消費者を理解すればするほど、国によって違うニーズをくみ取れますし、一番満足してもらえるような製品を提供できるようになります。現場でも、そうした努力は怠っていません。


社内でできることは限られていますので、大学や外部専門機関などと協力することによってレベルアップする努力は、これからも続けていきます。


重要なのは、カテゴリー自体の市場を大きくするということ。カテゴリーの成長を加速させながら、市場の成長以上のシェアの伸びをとっていきたいというのが弊社の戦略。


今までの会社の歴史の中でも最も大きな変革の時期を迎えています。今回の決算は、目標とする最終地点には到達できていないものの、意味のある前進を遂げられたと思っています。製品ラインアップ、サプライチェーン、企業の組織文化も、これからの成長に向けて大きく変換を遂げた年だったと言えます。


我々のスローガンは「消費者がボス」です。それは過去も、今も変わりません。対象としている消費者がどういう生活をしているか、どういう理由で何を使い、何を考えながら生きているのか、ということを過去よりももっと理解していく必要があります。


日本で成功すれば、世界で通用します。逆に、日本でイノベーションを起こせないと、中国やシンガポールの市場に良い効果を与えられない。これまでの経験から、日本でうまくいったことは世界でも必ず成功するということを我々は知っています。


企業として変身を迫られる中で、時代に合わせて、商品のカテゴリーとブランドも見直しました。200近いブランドと15のカテゴリーを持っていましたが、それを段階的に65のブランドと、10のカテゴリーへと集約しました。


消費者ニーズを理解することが大前提です。消費者が気付いているニーズや言葉に出せるニーズだけではなく、気付いていなかったり、言葉に出なかったりするニーズも含めて理解をする。消費者理解を基本にしながら、マーケティングをしていくのがP&Gの原則。


我々の179年の歴史を支えてきたのは毎年、新卒採用をしながら育ててきた優秀な人材です。戦略は環境や時代で変わりますが、その時々の環境において、常にベストな選択をするには、優秀な人材が欠かせません。過去も未来も変わらないのは、人材の大切さです。社内の優秀な人材を活用して、勝利をつかんでいきたい。


イノベーション、ブランド力、市場戦略という3つの点で見て、我々の強みを十分に生かせないカテゴリーはそぎ落とし(撤退し)ました。まずはイノベーションが成功すれば、そのカテゴリーの市場自体が伸びるかどうか。2つ目は、ブランドが消費者に信頼されているかどうか。3つ目は、特別な販路ではなく一般的な販路を生かせるかどうか。専門店など特別な販路が必要なものではなく、P&Gの強みが生きる販路で売れるものであることが重要。


デビッド・テイラー(経営者)の経歴・略歴

デビッド・テイラー。アメリカの経営者。「プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)」CEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

こだま(作家)

次はエッセイのほか、小説を書く予定です。身の回りの出来事から少し離れ、新たな挑戦になりますが、言葉や体裁を飾らずに書いていきたい。少数派の気持ちをわかりやすい文章で、読んだ人の心に届くように。一作目が『夫のちんぽが入らない』だったので、何を書いても「前ほど怒られないだろう」と思えるようになったのは得です。


松本洋(コンサルタント)

他人のせいという発想からは決して成長は望めない。


吉松徹郎

今振り返ってみると恵まれた世代だったと感じます。IT革命の時に社会人になり、40代で第四次産業革命に突入しました。これから10~20年で大きな変化がある時代にプレイヤーとして参加できるのです。先輩方とは違う日本のキャリアの作り方、世界の中での新たな日本人の在り方を作っていきたいです。


藤田晋

人を疑うことを推奨しているわけではありませんが、疑うことを苦手としている人には、ビジネスで大きな仕事を安心して任せることができないのが現実。


佐藤秀樹(経営者)

良い人材を採って、育てていくことが必要です。そして、育った人材は広く業界に羽ばたいてほしい。転職先の会社で彼らが活躍してくれれば、業界のステージが高まることはもちろん、業界全体の発展にもなるからです。


浦沢直樹

ネット通販のように「あなたはこれが好きでしょう」とレコメンドしてくる世界に危機感を覚えます。新たな世界と出合う可能性をどんどん狭めている気がするからです。


兼元謙任

命にかかわることは別として、お金を借りないこと。欲しいものがあれば、お金が貯まるのを待つ。私は三河人だからなのか、とにかく借金は嫌いです。


尾崎元規

いまの時代、企業はどのように情報を収集し、どう発信するかをきちんとコントロールする必要があります。だからこそ、トップが責任を持って決意を示し、その活用についてトップが旗を振らなければいけない。組織内で情報の温度差が生まれることは絶対に避けなければいけない。そのためにもITに関する基本的な考え方やコアの部分について責任を持って進める必要があると思う。


茂木健一郎

脳にとっては、言語も一つの運動です。とにかく一度出力しないことには、自分が本当に考えていることや、潜在的な可能性も見えてきません。情報のインプットとともに、アウトプットも恒常的に行わないことには、その考えが真に自分のものとなることはないのです。


佐々木宏

JR東海の京都キャンペーンの「そうだ京都、行こう。」で、一所懸命に考えて出した案が否定された後に、クライアントから「京都だから絵葉書でいい」と言われたんですね。「え、どういうことだろう?」とは思いましたが、重要なのはここで相手のセリフをどう受けとめるかでしょう。相手の発言にも一理あるかもしれない、と考えてみて、それならタレントも出さずに、旅人の視線で世界一の絵葉書を作ってみたらどうだろうか。京都が日本にあるという意味を考え、世界に対して日本を広告するようなCMにしたらどうだろうか。京都キャンペーンはそんなふうにできたわけで、やはり、否定も仕事の起爆剤にはなってくれるのです。


松岡修造

苦手意識があるということは、そこにまだ自分の開発されていない部分があるわけです。苦手なジャンルにチャレンジし、開拓していけば、その領域で伸びていけるかもしれない。


ケリー・マクゴニガル

誰でも必ずつまずきに直面しますし、そんなとき自分自身に辛く当たりすぎることがままあります。辛く当たりすぎることで恥の感覚が生まれ、そこに囚われるようになります。囚われてしまうと目標にまた向かっていこうという意欲が損なわれ、また続けていこう、続けていけばいつかそこにたどり着けるという前向きな感覚がなくなってしまいます。ですから自分自身を許してあげるということは、「失敗とか障壁は目標達成に至る過程の中で必ず発生するものだ」ということを受け入れるということです。


長谷川滋利

外国人の多くは、日本人は控えめで、なかなか自分からは声をかけてくれない」と思っています。日本人は特に、「目上の人に対して出しゃばらない」のが無難だと思う傾向があります。でも、アメリカ人は、相手が目上の人であっても、自ら進んで「手助けする姿勢」を見せます。それができれば、「この日本人はちょっと違うな」と、好印象を勝ち取ることができるでしょう。


前川孝雄

相手の年齢にかかわらず、声かけで大事なのは具体性です。


筒井義信

海外でビジネスをすることに関して、私たちはまだファーストステージにいます。ビジネスにおけるリスクはつきものですが、とくにファーストステージにおいては、信頼できるパートナーと組み、確かな情報を知ったうえで海外に進出していくことが重要だと思います。いまは、そのためのパートナーづくりをしているところです。