名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

デビッド・テイラー(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

デビッド・テイラー(経営者)のプロフィール

デビッド・テイラー。アメリカの経営者。「プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)」CEO(最高経営責任者)。

デビッド・テイラー(経営者)の名言 一覧

難しい時代になってきたと頭を抱えているというよりは、わくわくしています。


どのカテゴリーでも、イノベーションを起こそうという意識はとても高い。「イノベーションの在庫」のようなものをどれだけ持っているか、ということが会社にとって重要。


消費者を理解すればするほど、国によって違うニーズをくみ取れますし、一番満足してもらえるような製品を提供できるようになります。現場でも、そうした努力は怠っていません。


社内でできることは限られていますので、大学や外部専門機関などと協力することによってレベルアップする努力は、これからも続けていきます。


重要なのは、カテゴリー自体の市場を大きくするということ。カテゴリーの成長を加速させながら、市場の成長以上のシェアの伸びをとっていきたいというのが弊社の戦略。


今までの会社の歴史の中でも最も大きな変革の時期を迎えています。今回の決算は、目標とする最終地点には到達できていないものの、意味のある前進を遂げられたと思っています。製品ラインアップ、サプライチェーン、企業の組織文化も、これからの成長に向けて大きく変換を遂げた年だったと言えます。


我々のスローガンは「消費者がボス」です。それは過去も、今も変わりません。対象としている消費者がどういう生活をしているか、どういう理由で何を使い、何を考えながら生きているのか、ということを過去よりももっと理解していく必要があります。


日本で成功すれば、世界で通用します。逆に、日本でイノベーションを起こせないと、中国やシンガポールの市場に良い効果を与えられない。これまでの経験から、日本でうまくいったことは世界でも必ず成功するということを我々は知っています。


企業として変身を迫られる中で、時代に合わせて、商品のカテゴリーとブランドも見直しました。200近いブランドと15のカテゴリーを持っていましたが、それを段階的に65のブランドと、10のカテゴリーへと集約しました。


消費者ニーズを理解することが大前提です。消費者が気付いているニーズや言葉に出せるニーズだけではなく、気付いていなかったり、言葉に出なかったりするニーズも含めて理解をする。消費者理解を基本にしながら、マーケティングをしていくのがP&Gの原則。


我々の179年の歴史を支えてきたのは毎年、新卒採用をしながら育ててきた優秀な人材です。戦略は環境や時代で変わりますが、その時々の環境において、常にベストな選択をするには、優秀な人材が欠かせません。過去も未来も変わらないのは、人材の大切さです。社内の優秀な人材を活用して、勝利をつかんでいきたい。


イノベーション、ブランド力、市場戦略という3つの点で見て、我々の強みを十分に生かせないカテゴリーはそぎ落とし(撤退し)ました。まずはイノベーションが成功すれば、そのカテゴリーの市場自体が伸びるかどうか。2つ目は、ブランドが消費者に信頼されているかどうか。3つ目は、特別な販路ではなく一般的な販路を生かせるかどうか。専門店など特別な販路が必要なものではなく、P&Gの強みが生きる販路で売れるものであることが重要。


デビッド・テイラー(経営者)の経歴・略歴

デビッド・テイラー。アメリカの経営者。「プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)」CEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

金森重樹

昔、スタンフォード大で「4歳児にマシュマロを見せ、20分食べず我慢できたら2個目を与える」という実験が行われました。この時欲求に打ち勝ったこどもを追跡調査すると、成績が良く、ストレスにうまく対処できる大人に成長していたのです。将来の成果のために現在の衝動を制御する能力は、人生を左右します。


貝沼由久

M&Aのコンサルタントに聞いた話ですが、買収した企業の価値をきちんと引き上げると、それが呼び水となって別の会社が「ウチも買収されたい」と近寄ってくるそうです。つまり買収の決断には理屈ではないところもある。


金井英之

自意識が過剰になり、自分の発言がどのように受け取られるのかを気にしすぎると、何も話せなくなってしまいます。友人との会話が弾むのは、自分を飾らず、自然体で話すからです。


青木毅

ある人に営業しているときのこと。たまたま商品の説明ではなく、質問ばかりしていたんです。すると、ほとんど何の説明もせずに、なんと商品が売れてしまったんです。あ、セールスとはコレなんだなと思いました。


横山信治(経営者)

損得抜きの行動が、いざというときに大きな力になります。ある会社で他の部署の人手が足ないとき、率先して部下を引き連れ、手伝っていた部長がいました。あるとき彼の部署が失敗し赤字を出したのですが、通常なら左遷レベルのところ、厳重注意で終わった。1人の重役が日ごろの彼と彼の部署の献身的な努力を訴え、役員会で彼をかばったのです。


稲村純三

入社当時、自分なりに決めていたのは、どんな仕事でも最初のうちは周りの先輩に聞きまくろうということです。周りには本にも書かれていないような知識や技術を持った先輩たちが大勢います。その人たちに聞くのがスキルアップできる早道だと考えたからです。若い人たちには、聞くことが恥ずかしいことではないこと、そして聞いて知識を吸収することの大切さを知ってほしい。


宋文洲

優先順位は個々の社員レベルで決められないことが多いのも事実です。プロジェクト単位の優先度など、大枠はマネジメント側が決定し、それを社員と共有するというのが正攻法でしょう。


平岡常男

私は当初、当社に古い歴史があることは、若い世代にマイナスイメージでとらえられるのではないかと思っていました。しかし、それは単なる思い込みで、若い社員たちは、当社が長い歴史を持つ会社であることを、誇りに思ってくれている感があります。そうした社員の意識や社風がどのように醸成されたのか、これはなかなかひと言で言い表せません。あえて言うなら、企業のアイデンティティなのかもしれませんね。


東郷平八郎

降伏するのであれば、その艦は停止せねばならない。しかるに、敵はいまだ前進している。
【覚書き:日露戦争日本海海戦での発言。バルチック艦隊が白旗を上げて降伏したが、前進し続けたため砲撃を続行させた。国際法にのっとった、ルールを徹底した砲撃だった。東郷平八郎の冷静で、厳格、そして用心深い性格をよくあらわしたエピソード。】


下園壮太

身体が疲れ切っている状態で働き続けても、判断力は鈍りますし、イライラや不満を他人にぶつけ、周囲の信頼を失いかねません。勇気を持って休むことが、状況を改善します。


住谷栄之資

いくら技術や知識があっても、体力がなくてはビジネスには勝てません。だから私は、最低週二日は水泳やスカッシュなどで汗を流すようにしています。


柴田励司

30代後半くらいのビジネスマンは「いまが勝負の時期だ」という意識があるので、仕事で失敗をしたくないと、どうしても挑戦や冒険をしづらいだろうと思います。ならば、あまり自分のキャリアに影響を与えないような場で、いろいろ試みればいい。たとえば、知っている人同士を引き合わせてみるといいでしょう。