名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

デビッド・テイラー(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

デビッド・テイラー(経営者)のプロフィール

デビッド・テイラー。アメリカの経営者。「プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)」CEO(最高経営責任者)。

デビッド・テイラー(経営者)の名言 一覧

難しい時代になってきたと頭を抱えているというよりは、わくわくしています。


どのカテゴリーでも、イノベーションを起こそうという意識はとても高い。「イノベーションの在庫」のようなものをどれだけ持っているか、ということが会社にとって重要。


消費者を理解すればするほど、国によって違うニーズをくみ取れますし、一番満足してもらえるような製品を提供できるようになります。現場でも、そうした努力は怠っていません。


社内でできることは限られていますので、大学や外部専門機関などと協力することによってレベルアップする努力は、これからも続けていきます。


重要なのは、カテゴリー自体の市場を大きくするということ。カテゴリーの成長を加速させながら、市場の成長以上のシェアの伸びをとっていきたいというのが弊社の戦略。


今までの会社の歴史の中でも最も大きな変革の時期を迎えています。今回の決算は、目標とする最終地点には到達できていないものの、意味のある前進を遂げられたと思っています。製品ラインアップ、サプライチェーン、企業の組織文化も、これからの成長に向けて大きく変換を遂げた年だったと言えます。


我々のスローガンは「消費者がボス」です。それは過去も、今も変わりません。対象としている消費者がどういう生活をしているか、どういう理由で何を使い、何を考えながら生きているのか、ということを過去よりももっと理解していく必要があります。


日本で成功すれば、世界で通用します。逆に、日本でイノベーションを起こせないと、中国やシンガポールの市場に良い効果を与えられない。これまでの経験から、日本でうまくいったことは世界でも必ず成功するということを我々は知っています。


企業として変身を迫られる中で、時代に合わせて、商品のカテゴリーとブランドも見直しました。200近いブランドと15のカテゴリーを持っていましたが、それを段階的に65のブランドと、10のカテゴリーへと集約しました。


消費者ニーズを理解することが大前提です。消費者が気付いているニーズや言葉に出せるニーズだけではなく、気付いていなかったり、言葉に出なかったりするニーズも含めて理解をする。消費者理解を基本にしながら、マーケティングをしていくのがP&Gの原則。


我々の179年の歴史を支えてきたのは毎年、新卒採用をしながら育ててきた優秀な人材です。戦略は環境や時代で変わりますが、その時々の環境において、常にベストな選択をするには、優秀な人材が欠かせません。過去も未来も変わらないのは、人材の大切さです。社内の優秀な人材を活用して、勝利をつかんでいきたい。


イノベーション、ブランド力、市場戦略という3つの点で見て、我々の強みを十分に生かせないカテゴリーはそぎ落とし(撤退し)ました。まずはイノベーションが成功すれば、そのカテゴリーの市場自体が伸びるかどうか。2つ目は、ブランドが消費者に信頼されているかどうか。3つ目は、特別な販路ではなく一般的な販路を生かせるかどうか。専門店など特別な販路が必要なものではなく、P&Gの強みが生きる販路で売れるものであることが重要。


デビッド・テイラー(経営者)の経歴・略歴

デビッド・テイラー。アメリカの経営者。「プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)」CEO(最高経営責任者)。

他の記事も読んでみる

高橋一生(俳優)

意図的に中立な目線で世界を見るようにはしています。ちょっと重心を置く場所を変えるだけで、世界の見え方は変わってしまう。素晴らしい世界とクソみたいな世界、俳優として、どちらを表現することになるかはわからないから、真ん中に立っていたい。常に「清濁ある」状態が、僕にとっていいのではないかと思います。


前川孝雄

私はよく管理職を対象に研修を行いますが、そのたびに感じるのは、彼らが「話しかけられるのを待っている」ということです。プレイングマネジャーが増えている現在、多忙な上司は部下をよく知る時間の余裕を持てません。しかも、セクハラやパワハラなどが問題になることも多く、過剰に敏感になってしまい、うかつに部下に声をかけられず悩む上司も増えています。つまり話しかけてくれる部下は、上司にとってありがたい存在なのです。


ホセ・ムヒカ

自分の資本を増やすための行動は馬鹿げていて悲惨なことだ。このような行動を止めるには、若者が戦わないといけない。
【覚え書き|パナマ文書についてのコメント】


トーマス・クーン

いついかなる分野においても、科学者というのは世の中の動きについての基本的な見方を共有するものだ。その見方はその時点で支配的なパラダイムなのである。ほとんどの実験は、その見方の枠内で行われいくつかの小さな進歩が生まれる。


野口敏(話し方)

話を聞くときの反応も重要なポイントです。「そうか!」と相づちを入れたり、「それでどうなった?」と促したりすることで、興味を持って聞いている姿勢を伝えられます。「そのとき、どう思った?」「君はなんて言ったの?」「もしもう一度同じ場面になったら、どうする?」などの追加質問も大いに行いましょう。


大林伸安

挨拶を軽んじてはいけません。以前、私の部下にとても元気のいい女性がいました。いつの間にか、同じビル内にある別の会社の方々とも仲良くなっていて、その人間関係で研修の仕事を取ってきたこともあります。私は「どうやったら、こんなことができるんだろう?」と不思議に思って、その会社の方に聞いてみました。すると、「彼女は元気よく挨拶をしてくれるんです」と言うのです。挨拶をきっかけに、エレベーターや共有の休憩室で話すようになっていったそうです。


徳力基彦

本人たちには気軽な「いたずら」でも、特に食品衛生を巡るトラブルは企業にとって致命的なダメージとなりかねません。厳しい対応は当然でしょう。実際、厳しい対応がされることが広まれば、ネット「炎上」の抑止には効果があります。「バカな行為」のもたらす結果について従業員が正しく認識するようになれば、こうした問題は起きないはずです。この構造は飲酒運転と似ています。厳罰化により、飲酒運転が自分だけでなく、家族や職場も巻き込む危険行為だという認識が広がりました。「バカな行為で職を追われる」とわかれば、状況は変わってくるでしょう。


中井戸信英

長時間残業が常態化している人にとっては、残業代が減ることは死活問題。「残業を半分にしろ」と言っても無理です。こで、浮いたぶんの残業代は報奨金として社員に還元する施策を採りました。言ってみれば、残業はしなくても残業代は払うということです。なぜこんなことをしたのかと言えば、残業しないことの良さを気づかせたいからです。残業しなくても残業代がもらえるなら、残業しないほうがいい。そこで効率化を考え出す。試行錯誤するうちに「意外とやれるな」「身体がラクになり、早く帰れて子供と話す時間もできた」と実感するようになります。社員の心に訴え、業務上の悪癖を改善する方法を自分で考えられるようになってもらうための投資だということです。この方針で、残業時間は目に見えて減り出しました。労働時間が減っても、今のところ業務に逼迫感が出ている部署はありません。売上高も営業利益も伸びています。


伊藤慎介

コンセプトカー「Camatte(カマッテ)」に乗った瞬間に「こういうクルマなら自分も欲しいし、世の中の人もそう思うのではないか」と思った。「やるなら本気でやりましょう」という話になって、リモノという会社を立ち上げることになった。


下園壮太

制限された裁量権の中で精一杯のパフォーマンスを出すことに集中できる、というのは日本人が力を発揮しやすい条件だと私は考えています。自由と自己責任のセットは、グローバル化に伴って輸入された欧米的な価値観です。狩りに出かけていた欧米人と農耕民族の日本人は、根本的に向き不向きが異なっているように思います。


久恒啓一

かつて私は、会社まで1時間以上かかる千葉県の佐倉に引っ越しました。佐倉は始発が出る駅なので、会社までゆっくり座っていけるのです。この自由な1時間の間に、仕事の準備や読書、知研(知的生産の技術研究会)の資料の読み込みなど、様々な作業をこなすことができました。この聖なる時間があったからこそ、現在の私があるといっても過言ではありません。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

人間は皆、発見の航海の途上にある探求者である。