名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

デビッド・ショーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

デビッド・ショーのプロフィール

デビッド・ショー。アメリカのコンピューター工学の権威、科学者、投資家、事業家。ヘッジファンドD.Eショーの創業者。コンピューターの技術開発に大きな影響を与えただけではなく、AOLの前身となった企業や、投資ファンド、ソフトウェア会社など複数の会社を立ち上げた。

デビッド・ショーの名言 一覧

ほとんどの組織と比べ、当社では経験よりも元々備わっている能力に比重を置いて人を採用する傾向にあります。本当に才能がある人に出会えば、たとえその時点でその人を配置すべき適当なポジションがなくても、採用したいと考えます。そのもっとも有名な人物は、ジェフ・ベゾス(のちにアマゾンドットコムを創業)でしょう。彼を面接したときパートナーの一人がこう言いました「いまちょうどいいポジションは空いていないけど、彼はいずれ稼げるようになるだろうから、当面は彼をわが社に採用したほうがいいよ」私も彼に会ったあとパートナーに言いました「君の言う通り素晴らしい人材だ。とにかく彼を採用してからどうするか決めよう」と。


デビッド・ショーの経歴・略歴

デビッド・ショー。アメリカのコンピューター工学の権威、科学者、投資家、事業家。ヘッジファンドD.Eショーの創業者。コンピューターの技術開発に大きな影響を与えただけではなく、AOLの前身となった企業や、投資ファンド、ソフトウェア会社など複数の会社を立ち上げた。

他の記事も読んでみる

石井光(経営者)

私達の強みは、安い土地を見つけ、大手不動産会社やハウスメーカーに頼ることなく、独自に商品を開発できるということ。既存物件の取得販売はもちろん、アパートもビルもマンションも自分たちでつくることができる。つまりお客様のあらゆるニーズにお応えすることができるのです。


横田尚哉

チャンスを逃す人と、そうでない人の違いはどこにあるのか、私はファンクションを理解しているかどうかの差だと思います。「これは誰のためか」「何のためか」というファンクションを理解している人は、形にこだわりがなく、目的に合うチャンスが訪れたときに躊躇なく、いまの形を手放すことができます。一方、ファンクションが見えていない人は形に依存しているため、チャンスが訪れても変化を恐れて現状にしがみついてしまいます。形に執着するかどうか、その差が転機において明暗を分けるのです。


寺本克弘

シェア1位の技術や製品というのは、昨日、今日で作り上げたものではない。業績が落ち込んだ時でも次世代の技術を生み出す研究開発投資を継続するなどの努力を重ね、お客様との強い関係を築いてきた。今後も、マーケットリーダーとしての強みを生かし、一歩先の開発を続けていく。


三村浩一

私たちの製品の「マスキングテープ」はおよそ100年選手になりますが、長く支持される製品には持続的成長が不可欠。市場に評価され続けるには、地道な積み重ねがあってこそです。


川鍋一朗

お客様が(タクシーに)望む要件は牛丼の吉野家さんと同様、「うまい、はやい、やすい」。この一刻も早いマッチングを進めていかなければならない。


前川孝雄

悩みを上司と共有できると、チームとしての連帯感が生まれます。また、上司も上層部からのプレッシャーで苦しんでいて、本音を打ち明ける相手が欲しいのかもしれません。本音を打ち明けられる相手が見つかると、うれしく思うはずです。とはいえ、本音を知り、良好な関係を築くには、時間がかかります。地道なアクションを続けましょう。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

幸福は香水のようなものである。人に振りかけると自分にも必ずかかる。


荻野勲(経営者)

社員からのリアルな声も聞きたくて、「車座」という座談会を定期的に開催しています。10人前後の社員を集め、ざっくばらんに「ここがおかしい」「もっとこうすべき」などと言い合う場です。


野村克也

綿密な下調べという意味では、監督は頭の中で、最低一試合につき三試合はやります。想像野球、実戦野球、反省野球。想像野球はいつも完全勝利です(笑)。そして、実戦野球のあとで、想像と実戦の間に差が出た理由を考えるのが反省野球です。


ムーギー・キム(金武貴)

本当に大切なのは凡事徹底。つまり、基本をきちんと守ること。まずはその観点で、自分自身の仕事の仕方を振り返るべき。


湖中謙介

コナカ本体は店舗の数が多く、一度変革を始めると、後戻りがなかなかできません。そこで私は、若年層向けの業態である「スーツセレクト」のブランド・リニューアルをまず行うことにしました。小回りが効きやすい事業部単位で様々な試みを先に行い、そこで得た成果をコナカ本体の変革に活かそうと考えたわけです。おかげさまでスーツセレクトのリニューアルは大成功を収めることができました。


ジョセフ・トリポディ

実験的な取り組みを始めることを恐れてはいけません。商品パッケージでも、デザインでも、ラベルでも同じです。変化し、変化し続けなければブランドは衰退していきます。