名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

デニース・ラザフォードの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

デニース・ラザフォードのプロフィール

デニース・ラザフォード。アメリカの経営者。「スリーエムジャパン」社長。ニューヨーク州出身。コロラド州立大学で博士号を取得。米スリーエムに入社。素材研究所上級研究者、テクニカルディレクター、ベルギー法人社長、ラテンアメリカ地域担当副社長、中国法人社長などを経て日本法人社長に就任。

デニース・ラザフォードの名言 一覧

お客様の声を聞きながら製品を作るのが働くことの喜び。


日本は課題先進国であり、お客が当社製品に求める品質の水準も高い。この国で学んだことを他市場に横展開していくことも、スリーエムジャパンの使命といえる。


日本の総人口は減りますが、アクティブな高齢者は増えていくでしょう。病院などの医療施設で使われる粘着テープや聴診器はもちろんのこと、大人用のおむつなど潜在的に市場の大きい在宅医療も、私たちの技術が生きる分野です。


女性活用のために在宅勤務制度の利用を推進していきます。もちろんこれが魔法のような解決策になるわけではなく、まず職場でこうした課題を語るオープンな場を作ります。


デニース・ラザフォードの経歴・略歴

デニース・ラザフォード。アメリカの経営者。「スリーエムジャパン」社長。ニューヨーク州出身。コロラド州立大学で博士号を取得。米スリーエムに入社。素材研究所上級研究者、テクニカルディレクター、ベルギー法人社長、ラテンアメリカ地域担当副社長、中国法人社長などを経て日本法人社長に就任。

他の記事も読んでみる

泉谷直木

日本では少し余裕があると「みんなの意見を聞こう」となりますが、海外では意思決定が遅いと株主が「取締役の仕事が遅い」と見なします。しかも間違った判断をすれば首が飛ぶ。このように国内と海外では仕事のスタイルが大きく異なり、それぞれの実情に応じて適応させる必要があります。


瀬島龍三

何でもポイントは3つにまとめろ。レポートは紙一枚にまとめろ。言いたいことは表題に書け。


植竹伸二

毎月1回、主要事業の部門長と酒席で懇談会を開いています。裃(かみしも)を外した打ち解けた雰囲気の中で、部門間の垣根を取り払った情報共有が出来、相乗効果を生むような新しい力学が働いています。やがて部門横断的な新しい事業も生まれてくることでしょう。


ビンセント・ショーティノ

日本の若者にアドバイスするとしたら、やはりまずは海外に出ていくことでしょう。海外での経験を通してさまざまな知見が得られますし、価値観も広がりを持たせることができます。


吉野孝行

時代は大きく動いています。人も組織も、そしてテクノロジーも。ネットワンではお客様に最適なICT(情報コミュニケーション技術)とその利活用の手段を提供すべく、今後とも全力で走り続けるつもりです。


鬼頭政人

計画どおりに勉強しているのに結果がついてこない、ということも、しばしばあります。過去問の点数が伸びない、といった状態です。この場合、考えられる可能性は二つあります。一つ目は、勉強の仕方が間違っている可能性。テキストや問題集を1冊に絞らず、様々なものに手を出していた、というケースが最もよく見られます。もう一つは、「踊り場」に来ている可能性です。初めのうちは着実に点数が伸びていたのに、突然、横ばいになった、という場合は、こちらと考えていいでしょう。勉強の仕方が間違っているわけではありませんから、焦らず、コツコツと続ければ、また点数が伸び始めます。


福沢諭吉

十人に会って、その中の一人とたまたま友人になれれば、二十人と会えば二人の友人を得ることができるという勘定になります。人を知り、人に知られる源は、その辺りにあるのです。


熊本浩志

東芝という会社にとっては失敗だったというのはもちろん理解しています。でもアテハカが世に出たことで、明らかに何かが変わった。僕らは言ってみれば荒波に浮かぶ船なんです。みんなが止めたのも聞かずに漕ぎ出してしまった。でも、止めた人たちも決して僕らのやろうとしたことに否定的ではなかった。だから失敗したまま船を戻すわけにはいかないんです。
【覚書き|東芝時代、デザイン家電のアテハカシリーズを企画し、脱量販店を目指したが見込んだほど売れなかった。熊本氏は諦めず東芝を飛び出しデザイン家電ベンチャーを立ち上げた】


竹内敏晃

「安全が大事だということをしっかりと現場の方々に教えてもらった。必ず現場の人の話をよく聞いてやらないとダメだ」と父は生前よく言っていました。私もその精神を受け継いで経営をしています。


尾賀真城

なんでも自分でやろうとは思わないこと。それぞれの事業に優秀な担当者、社員がいます。彼らにやる気を持って働いてもらえるよう努力していきたい。


伊藤一郎(経営者)

「カリスマ経営者でないと旭化成は成長できない」というのでは困る。私は以前から、役員レベルの人間が一生懸命に経営を考えれば、少なくとも世間並みの成長はできるような会社にしたいと思っていました。特に、会長になったころから強くそう思うようになりました。


進藤晶弘

心をこめてやれば、ごく小さな仕事でも光り輝きます。