名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

デニース・ラザフォードの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

デニース・ラザフォードのプロフィール

デニース・ラザフォード。アメリカの経営者。「スリーエムジャパン」社長。ニューヨーク州出身。コロラド州立大学で博士号を取得。米スリーエムに入社。素材研究所上級研究者、テクニカルディレクター、ベルギー法人社長、ラテンアメリカ地域担当副社長、中国法人社長などを経て日本法人社長に就任。

デニース・ラザフォードの名言 一覧

お客様の声を聞きながら製品を作るのが働くことの喜び。


日本は課題先進国であり、お客が当社製品に求める品質の水準も高い。この国で学んだことを他市場に横展開していくことも、スリーエムジャパンの使命といえる。


日本の総人口は減りますが、アクティブな高齢者は増えていくでしょう。病院などの医療施設で使われる粘着テープや聴診器はもちろんのこと、大人用のおむつなど潜在的に市場の大きい在宅医療も、私たちの技術が生きる分野です。


女性活用のために在宅勤務制度の利用を推進していきます。もちろんこれが魔法のような解決策になるわけではなく、まず職場でこうした課題を語るオープンな場を作ります。


デニース・ラザフォードの経歴・略歴

デニース・ラザフォード。アメリカの経営者。「スリーエムジャパン」社長。ニューヨーク州出身。コロラド州立大学で博士号を取得。米スリーエムに入社。素材研究所上級研究者、テクニカルディレクター、ベルギー法人社長、ラテンアメリカ地域担当副社長、中国法人社長などを経て日本法人社長に就任。

他の記事も読んでみる

本田宗一郎

失敗のない人生なんて面白くないですね。歴史がないようなもんです。


長沼毅

面白いもので、力むのをやめたら、チャンスが訪れた。イタリアから共同研究の誘いがあったり、南極調査に来ないかと、声がかかったり……。考えてみたら、眉間にシワを寄せた人間に好んで近づく人はいませんよね。楽しそうにしている人のところに、人は集まるでしょう。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

世間で言われている「睡眠神話」は基本的に万人には当てになりません。睡眠のありかたには個人差があり、良い睡眠を得る方法にも「万人向けの正解」はないのです。良い眠りのコツは、「正解」ではなく、自分用の「最適解」を探り出すことです。自分に合った方法を見つけ、カスタマイズしていくことが大切です。


一瀬邦夫

リズムよくやることが大切。「リズムがスピードを生む」といつも言っているのですが、例えば調理をする場合でも、リズムよく作業していれば、効率やスピードが高まってきます。


丹羽宇一郎

悲観的に考えて、楽観的に行動しろ。最悪を考えて準備したら、あとはうまくいくと思って明るくいったほうがいい。


蛭子能収

僕だって人間ですから、共演者からバカにされたりいじられたりすると、内心イライラすることもありますよ。でも、それを口や態度に出して、相手に向けては絶対にダメ。どうせどんな怒りでも、一晩寝ればたいてい忘れちゃうんですから。


心屋仁之助

憂鬱になりがちな人は、自分の評価をすべて人に委ねる傾向があります。人にどう思われようと自分で自分を尊重できるだけの基盤がないのです。憂鬱から抜け出すには自信という基盤が必要ということになります。


茂手木雅樹

AIやロボット分野は、最初は赤字続きでしたが、「労働力を提供するという意味では人の手ではなくても良いのでは?」と考えて取り組んでいます。親会社であるアウトソーシングの基盤がいわゆる製造派遣なので、世界中のワーカーの部分を人の手で担っているわけですが、その製造業の人材調達のナレッジとロボット技術を融合すれば、第4次産業革命の中心になり得るのではないか、と期待しています。


酒巻久

時間に追われている人は、実は仕事の整理がついていないケースが多い。中でも最大のムダは、同じ失敗を繰り返すこと。何が失敗要因で何が成功要因だったかを検証しないから、同じ間違いを繰り返す。経験を次に生かす視点を持たないと、コンスタントに成果が生まれることはありません。こうした仕事の仕方が身につかないままでいると、いつまで経っても同じところをグルグル回るだけで、忙しさに追われて何もできない、ということになりがち。


ジェシー・リバモア

株というものは、買い始めるのに高すぎるということはないし、売り始めるのに安すぎるということはない。
しかし、最初の建玉で利益があがらないかぎりは、続けての建玉は手控えるべきだ。 よく状況を見極めて待つことだ。


柿木隆介

日常的な悩みのほとんどが、時間をかけて悩んでも仕方がないことだ。それなのにすべて平等に悩んでいると、せっかくの成長のチャンスがただのストレスになってしまう。


平井伯昌

結果を出したいと思っても、そう思うだけでは成長できません。日々の練習をただこなしているだけでは、少しずつの成長はあっても、大きな飛躍には結びつかない。一気にぐんと伸びるのは、「やりたい!」という本人の意志で努力した時です。その「やりたい!」というスイッチを入れるには、「メダルを取る」「決勝に残る」といった目標を立て、実現可能なレベルにまでコーチが引き上げてやる必要があります。