名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

デニース・ラザフォードの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

デニース・ラザフォードのプロフィール

デニース・ラザフォード。アメリカの経営者。「スリーエムジャパン」社長。ニューヨーク州出身。コロラド州立大学で博士号を取得。米スリーエムに入社。素材研究所上級研究者、テクニカルディレクター、ベルギー法人社長、ラテンアメリカ地域担当副社長、中国法人社長などを経て日本法人社長に就任。

デニース・ラザフォードの名言 一覧

お客様の声を聞きながら製品を作るのが働くことの喜び。


日本は課題先進国であり、お客が当社製品に求める品質の水準も高い。この国で学んだことを他市場に横展開していくことも、スリーエムジャパンの使命といえる。


日本の総人口は減りますが、アクティブな高齢者は増えていくでしょう。病院などの医療施設で使われる粘着テープや聴診器はもちろんのこと、大人用のおむつなど潜在的に市場の大きい在宅医療も、私たちの技術が生きる分野です。


女性活用のために在宅勤務制度の利用を推進していきます。もちろんこれが魔法のような解決策になるわけではなく、まず職場でこうした課題を語るオープンな場を作ります。


デニース・ラザフォードの経歴・略歴

デニース・ラザフォード。アメリカの経営者。「スリーエムジャパン」社長。ニューヨーク州出身。コロラド州立大学で博士号を取得。米スリーエムに入社。素材研究所上級研究者、テクニカルディレクター、ベルギー法人社長、ラテンアメリカ地域担当副社長、中国法人社長などを経て日本法人社長に就任。

他の記事も読んでみる

山下良則

社長就任直後に「リコー再起動」と題した中期経営計画を発表しました。リコーの特徴だったシェア追求や、開発・生産の自前主義などをやめ、利益重視の企業に変革するためです。強いメッセージを出したのは、複合機市場が横ばいで価格が低下する中では、体質を強めなければ勝てないからです。


梶浦玄器

日本語教師は現役世代の間でもニーズが高まっています。その理由は、人手不足による外国人労働者の増加。飲食やIT、医療・介護業界などが顕著ですが、外国人労働者がいなければ仕事が成り立たなくなっているのです。また、大手建設業など海外比率が高い業界では、特定の国への進出を見据え、その国の出身者を積極的に採用しておくという動きも見られます。では、彼らへの教育を誰が行なうのか。そこで活躍するのが、日本語教育に精通したビジネスマンなのです。


小林大輝(小説家)

ここまで長い小説を書いたのは初めてでした。中学生の頃から日記みたいに書いていた文章、それが小説に変形してきたんです。自分が言いたいことを言うために、僕はこう思うというより、登場人物が何かを言う方が適しているんじゃないかなと。だから意識のなかでは「小説を書こう」とは思っていないんです。


黒鉄ヒロシ

世の中には「絶対」というものはありませんから、怒る時も叱る時も絶大なる自信など持ってはいけません。とくにわがままな怒りを爆発させるのは、人間ができていないと宣言するようなもの。


星野佳路

最近は、海外のカンファレンスに参加しています。この夏も、サンフランシスコで開催されたインターネット関連のカンファレンスに出席しました。インターネットは私の専門ではありませんが、新しい情報に触れるのは刺激的で楽しく、また収穫もありました。


曽山哲人

重要な社内情報の集まる人とそうでない人がいます。両者の違いの背景には社内人脈があり、そのベースになるのは信頼関係です。


フィリップ・ウィッカム

投資家を含むパートナーとの関係構築が非常に大切であり、テーブルに付いたすべてのメンバーが同じビジョンを共有していなければなりません。


石川康晴

私もいろいろな人づき合いの中からアイデアを得ます。たとえばデジタル系では、サイバーエージェントの藤田晋さん、スタートトゥデイの前澤友作さんです。他業界の人とのゆるいつき合いは、ヒントと刺激にあふれています。


岩崎日出俊

投資を考えるうえで大切なのは、目的を明確にすることです。たとえば、老後資金を貯めたいなら、40歳でもまだ30年ほどありますから、ローリスク・ローリターンの投資手段でコツコツ貯めれば十分。高いリスクを取る必要はありません。


吉田耕次

英語が今すぐ仕事に必要ない人もいるでしょう。けれども、英語ができると、ビジネスチャンスも世界も大きく広がる。


内田恒二

読書から何かを得られるかどうかは、読み方次第です。ミリタリーものに仏教系にと脈絡はなくても、日ごろから問題意識を持っていると、これはと思う大切なことが自然とひっかかってきます。どんなに多くの本を読んでも、問題意識がなければ何も残りません。


齋藤正勝

株価で例えるなら、誰もがPER(株価収益率)を高く評価してもらいたいと思いがちですが、実力以上の割高なPERは下がるだけです。一方、割安のPERは実力を発揮すれば上昇トレンドに入れます。実力は割安に評価された方がおいしいと思うべきです。次のチャンスにつながったら、また期待以上に応えていけばいいのです。