デニース・ラザフォードの名言

デニース・ラザフォードのプロフィール

デニース・ラザフォード。アメリカの経営者。「スリーエムジャパン」社長。ニューヨーク州出身。コロラド州立大学で博士号を取得。米スリーエムに入社。素材研究所上級研究者、テクニカルディレクター、ベルギー法人社長、ラテンアメリカ地域担当副社長、中国法人社長などを経て日本法人社長に就任。

デニース・ラザフォードの名言 一覧

お客様の声を聞きながら製品を作るのが働くことの喜び。


日本は課題先進国であり、お客が当社製品に求める品質の水準も高い。この国で学んだことを他市場に横展開していくことも、スリーエムジャパンの使命といえる。


日本の総人口は減りますが、アクティブな高齢者は増えていくでしょう。病院などの医療施設で使われる粘着テープや聴診器はもちろんのこと、大人用のおむつなど潜在的に市場の大きい在宅医療も、私たちの技術が生きる分野です。


女性活用のために在宅勤務制度の利用を推進していきます。もちろんこれが魔法のような解決策になるわけではなく、まず職場でこうした課題を語るオープンな場を作ります。


デニース・ラザフォードの経歴・略歴

デニース・ラザフォード。アメリカの経営者。「スリーエムジャパン」社長。ニューヨーク州出身。コロラド州立大学で博士号を取得。米スリーエムに入社。素材研究所上級研究者、テクニカルディレクター、ベルギー法人社長、ラテンアメリカ地域担当副社長、中国法人社長などを経て日本法人社長に就任。

他の記事も読んでみる

高萩光紀

日本人自身は実感がなくても、グローバルに見れば日本人の時給は急激に上がっているのです。当然、それに見合うためには、できるだけ短時間で、より濃密な仕事と十分な成果を生む必要があります。円が倍の価値になったら、日本人は同じ仕事量を半分の時間でしないといけません。


川上量生

道を踏み外した人たちに元気を出せ、頑張れなんて言ってもしょうがなくて、こうすれば勝てるよ、という具体的な武器を与えてあげたいんです。精神面じゃなくて。


長谷川和廣

企業の商品開発力や販売企画力の問題もあるでしょう。ただし、こと営業においては、倍の成績をあげようと思ったとき、一番簡単なのは訪問先を倍にすることです。分母を多くすればいいのです。実はできない営業マンに一日のスケジュールを聞くと、かなり余裕を持たせている人が多いのです。こういうタイプは空間管理を考えていないケースが多い。訪問先を近場に集中させたり、効率的な移動ルートを考えさせれば、倍は無理でも1.5倍くらいには増やすことができるものなのです。


出口治明

上司に嫌われたら困るという人はリアリズムに欠けていると私は思います。会社員は左遷される可能性のほうが高いからです。社長になれる確率を計算すれば明らかでしょう。社長になれなければ、みんなどこかのタイミングで左遷されるのです。自分だけが嫌われているなんて考えるのは幻想です。


チェ・ゲバラ

世界のどこかで誰かが被っている不正を、心の底から深く悲しむ事の出来る人間になりなさい。それこそが革命家としての、一番美しい資質なのだから。


砂山拡三郎(砂山擴三郎)

リストラ面談での鉄則は次の3つです。

  1. その場で返答しない。
  2. 相手のペースに引き込まれない。
  3. 既成事実をつくらせない。

干場弓子

ビジョンを持つことは大切ですが、そのビジョンにとらわれすぎて視野を狭くしてしまうのはマイナス。


坂本孝

いくら仕事が忙しくても、日頃からなるべくたくさんの人と接して、人を見る力を養ってほしい。


桑原豊(経営者)

褒めるだけでは、どんな小さな組織でも運営できません。注意すること、ときには叱ることも、リーダーには必要です。最近は叱ることができないリーダーが増えているようです。スタッフに嫌われたり、辞めてしまったりするのが怖いからでしょう。しかし、スタッフに嫌われてしまうのは、叱り方に問題があるからだと私は思います。


北畑稔

ビジネスの世界は、不確実性とリスクを減らす努力をしていきながら、しかし、どこかのタイミングで思い切って選択して前に進むしかない世界であり、しかも、自分の選択に対して結果責任を持たなければならない世界です。


戸塚隆将

独立したときも、友人たちに支えてもらいました。実は、私は「金がからむと、友情が壊れるのではないか」と心配していたんですが、最後に頼れるのは友人だと痛感しました。会社の看板といった社会的信用がなくなっても、友人は私のことを理解し、協力してくれたのです。個人的な信頼関係があれば、仕事と友情を両立させることができると思います。


野村重幸

在庫をほとんど持たず、多品種少量生産で5万種類ものモーターをお客さまの必要なときに必要なだけお届けできるのが当社の強み。


中井戸信英

長時間残業が常態化している人にとっては、残業代が減ることは死活問題。「残業を半分にしろ」と言っても無理です。こで、浮いたぶんの残業代は報奨金として社員に還元する施策を採りました。言ってみれば、残業はしなくても残業代は払うということです。なぜこんなことをしたのかと言えば、残業しないことの良さを気づかせたいからです。残業しなくても残業代がもらえるなら、残業しないほうがいい。そこで効率化を考え出す。試行錯誤するうちに「意外とやれるな」「身体がラクになり、早く帰れて子供と話す時間もできた」と実感するようになります。社員の心に訴え、業務上の悪癖を改善する方法を自分で考えられるようになってもらうための投資だということです。この方針で、残業時間は目に見えて減り出しました。労働時間が減っても、今のところ業務に逼迫感が出ている部署はありません。売上高も営業利益も伸びています。


金子和斗志

新卒の場合、当社には約2000名の応募者があります。1次試験から絞り込んで6次、場合によっては7次面接まで行います。それだけ回数を重ねるのは、ミスマッチを避けたいからです。回数も多いのですが、一回当たりの面接時間もたっぷりとります。


田中良和(GREE)

平日の夜中や土日に作業していたので、休みはゼロでした。それにサーバーの費用も何百万円とかかっていました。同じ時期にほかのSNSも始まりましたけれど、会員数が増えてくると、個人がボランティアでやっているものと会社が組織的にやっているサービスでは、サポートにも差が出てしまいます。GREEを続けていくためには、会社をつくるしかないと思いました。


ページの先頭へ