名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

デニス・ベルカンプの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

デニス・ベルカンプのプロフィール

デニス・ベルカンプ。プロサッカー選手(FW)、監督。オランダ・アムステルダム出身。アヤックス・アムステルダム、インテル・ミラノ、アーセナル、オランダ代表チームなどで活躍。「アイスマン」の名で親しまれた。

デニス・ベルカンプの名言 一覧

頭で思い描いているプレーに身体がついていけなくなったら、すぐにやめるつもりだ。


デニス・ベルカンプの経歴・略歴

デニス・ベルカンプ。プロサッカー選手(FW)、監督。オランダ・アムステルダム出身。アヤックス・アムステルダム、インテル・ミラノ、アーセナル、オランダ代表チームなどで活躍。「アイスマン」の名で親しまれた。

他の記事も読んでみる

船ヶ山哲

ポジショニングの概念を間違って捉えている人の多くは、ライバルをベースに考えます。ライバルがやっていないことを探しては、それを独自性などといって妄想を繰り広げるわけです。ただ、ライバルがやっていないことはイコール、お客がいない可能性もあると言うこと。たまたま当たればラッキーというギャンブル的発想です。


近藤正樹

コーヒーは信用のビジネス。電話一本で約束したことは絶対に守る。
【覚え書き|三菱商事でコーヒー事業に携わった時を振り返っての発言】


横田英毅

不人気業種というのは、実は採用には有利。人気企業がなぜ人気があるかといえば、給与や福利厚生など、「満足」につながる条件がいいからです。人気企業は採用のときにかなり気をつけないと、「満足」要因にひかれて入ってくる人の集まりになってしまいます。一方、不人気業種なら、やりがいのある組織をつくって、学生に隅々まで見てもらえばいいのです。「この会社はやりがいがありそうだ」と思って入ってきてくれる人の集団ができたら、これは強いですよ。大きくなる会社というのはたいてい、そういうやりがいを求める人の集団としてスタートしているのではないでしょうか。


鈴木喬(経営者)

「衆知を集める」と言えば聞こえはいいですが、社員が集まって商品名を決めるとロクなことがありません。意見を出した人たちの顔を立てるために、妥協点として誰の心にも響かないネーミングを落としどころにしてしまいます。


石原明

上場企業の社長と財界活動をしている財界人、中小企業の社長、ベンチャー系の社長では会話に違いがあります。財界を背負う人たちは、日本の国をどうしたらいいのか深く考えた話をします。一方、中小企業で頑張っている社長の話題は、お客さんを増やし、いかに利益率を高くするかといった生っぽいものが多い。雑談から、ビジネスにつながるケースがありますが、そういう野暮な会話をしている社長は、売上が10億円を超える社長の話の輪には、なかなか入れません。教養を含め、奥行きのある人物であるのかどうかが踏み絵になります。


平井一夫

プレイステーションは、昔はハードを出した段階では赤字で、ゲームで穴埋めするという構造でした。でも、ハードでもソフトでも儲かるようにするのがビジネスだ、という考え方からPS4では、最初からハードでも利益が出るよう方向転換しました。その結果、プレイステーションビジネスは素晴らしい業績を出しています。ですから、ハードに価値がないとか、ハードでは儲けなくてもいいという考え方は基本的には避けるべきだと思います。


三木谷浩史

ビジネスで成功するかどうかのカギは、結局のところ、仕事を人生最大の遊びにできるかどうかだ。


藤田晋

業績がいいときはどうしても周りにもてはやされ、経営者自身も調子に乗ってしまいます。結果、短期的で社会的な評価に目を奪われてしまいます。本来であれば中長期的な成長を考え、好調な今を犠牲にしてでも取り組まなければならないことがあるにもかかわらず、目をそらしがちになるんですね。これによって問題が先送りされ、事態の悪化を招きます。


山本高史

もし雑談が上手になりたいのであれば、まずは自分と相手の経験を重ね合わせることを意識することです。そうすれば徐々に話題が相手にヒットすることも増えて、アプローチするのが苦ではなくなっていくはずです。


竹島愼一郎

人は心のなかで思っていることを簡潔明瞭に言い当ててくれていると、そのあとの企画内容にも好感を抱いてくれます。


野口敏(話し方)

話し方で損をするパターンはいくつかありますが、なかでも一番損をするのが、しゃべりすぎることです。相手の反応なんてお構いなしに、自分の言いたいことばかり話す人がいますが、会話はお互いのやり取りがあって成り立つものです。一方通行で話せば会話は壊れてしまいます。


吉田松陰

学問は、自分の才能を見せびらかして、人を従わせるためのものではない。人を教育して、一緒によき人になろうとすることである。