デニス・ベルカンプの名言

デニス・ベルカンプのプロフィール

デニス・ベルカンプ。プロサッカー選手(FW)、監督。オランダ・アムステルダム出身。アヤックス・アムステルダム、インテル・ミラノ、アーセナル、オランダ代表チームなどで活躍。「アイスマン」の名で親しまれた。

デニス・ベルカンプの名言 一覧

頭で思い描いているプレーに身体がついていけなくなったら、すぐにやめるつもりだ。


デニス・ベルカンプの経歴・略歴

デニス・ベルカンプ。プロサッカー選手(FW)、監督。オランダ・アムステルダム出身。アヤックス・アムステルダム、インテル・ミラノ、アーセナル、オランダ代表チームなどで活躍。「アイスマン」の名で親しまれた。

他の記事も読んでみる

川野幸夫

「経営理念」は重要です。単なるお題目ではなく、それを社員やパートナー(パート社員)さんを含む全員に浸透させ、行動に結びつける。それこそがヤオコーの競争力の根底にあります。


日比野隆司

具体的な目標を持て。その目標設定が自分を引きあげる。


川野幸夫

パートナー(パート社員)さんの頑張りには、会社として最大限報います。時間給を支払うだけでなく、夏冬のボーナスも支給。さらに決算で目標とする売上高経常利益率を超えた場合は、決算賞与も支給します。パートナーさんの責任と努力に応じて、金額に差はありますが、できるだけ公平感がある形で評価して支給します。


吉田秀俊

今、日本の電機メーカーは、みなさん外国メーカーに押されて大変苦戦をしています。この先、VAIOが新しい姿を見せることで、国産のブランドがまた元気になると思います。ですから、これはぜひお受けして、チャレンジしていこうという気持ちです。

【覚え書き|社長就任要請を受けた理由について】


白洲次郎

どうしたらよくなるか、それを工夫してゆくよりしょうがないじゃないか。よくなるとかならんというよりも、よくするほかに途(みち)がないことを認識すべきだ。


天坊昭彦

ビジネスマンは、不得意なジャンルはつくらないほうがいい。とくに、事務系の場合はそうです。ですから、たとえ苦手な仕事でも、興味を持てる部分を探してそこから攻めていくというように、自分自身で意欲を持てるような取り組み方を考えていくといいでしょう。


村岡恵理

私自身にもいくつかの曲がり角があった。むしろ自分の思い通りにならないことのほうが多かった。ただそんな場合でも、アンや祖母・花子の言葉に支えられ、その先にあるものを信じることができた。


坂根正弘

話に説得力を持たせるためには、自分の考えを絶えず進化させることも大切です。その意味で役に立ったのが、講演会。今は2週間に1度程度ですが、会長時代は1週間に2回、年に100回は講演をしていました。講演では質疑応答の時間があり、さまざまな角度から質問が飛んできますよね。それに答えていくうちに、自分の意見がさらに磨かれたり、バッと新しいことが思い浮かんだりするのです。そうして自分の考えをさらに発展させて、次の講演の中に入れ込んでいくわけです。


佐藤優

僕も大きな仕事をしようとする相手には、最初は仕事の話をしませんでした。小さく信用させて大きく騙すというのは詐欺師の常套ですが、これは仕事やビジネスにも言えること。一番高等なテクニックは何か? 相手に自分を好きになってもらうこと、友情に近い信頼感を持ってもらうことなんです。それが築ければ何もしなくても向こうのほうからいい情報を持ってきてくれる。


和田裕美

私たちは仕事をする時にマイナスの少数意見を意識しすぎて、プラスの意見を見逃してしまうことがある。いろいろな意見に耳を傾けることは大事ですが、大切な人からの声援を受け止めることも、同じくらい大切。


小笹芳央

組織で偉くなろうとするときに大事なのは、「偉くなりたい」と本人が強く願うと同時に、いかに上司や同僚、顧客といった自分をとりまく人々に「偉くなりうる人」と評価されるかということです。もっとわかりやすく言うと、同好会でもサークルでもない企業において、しっかりと利益をもたらす有用な存在であることがリーダーの条件になるのです。


小島瑠璃子

すごい方たちとお会いするたびに「この人はなぜこんなに魅力的なんだろう?」って観察するんです。それは努力というより、楽しい作業。だから誰とも壁をつくらないようにしてます。


ジム・ロジャーズ

投資家として成功したいなら、多くを学ぶことだ。単に知識を増やすだけでなく、正しい考え方を身に付けることが大切だ。投資だけでなく、君の人生にとっても大いに役立つだろう。


寺脇康文

毎日マラソンと水泳を欠かしません。飲むことや食べることを我慢するのってストレスがたまるだけだから。僕の場合、動いて体型を維持しています。


古森重隆

強いメーカーであるが故の使命がある。使命感は社員の誇りにつながり、責任感もはぐくむ。


ページの先頭へ