名言DB

9412 人 / 110637 名言

デニス・ウェイトリーの名言

twitter Facebook はてブ

デニス・ウェイトリーのプロフィール

デニス・ウェイトリー。アメリカの人間行動学博士、講演家。能力開発の権威で、モチベーション維持の研究に定評があり、オリンピック選手、ビジネスマン、宇宙飛行士などをカウンセリングしている。南カリフォルニア大学客員教授。NASAではアポロ宇宙計画参加中の宇宙飛行士のカウンセリングを行った。ベトナム戦争復員兵などの心のケアなどにも尽力した。元海軍パイロット

デニス・ウェイトリーの名言 一覧

人生は、私たち一人一人が、それぞれの目を通して見ている映画です。そこに何が起こっているかは大した違いはありません。それをどのように受け取るかが重要なのです。


敗者は『不安が解消されること』をし、勝者は『目標が達成されること』をする。


デニス・ウェイトリーの経歴・略歴

デニス・ウェイトリー。アメリカの人間行動学博士、講演家。能力開発の権威で、モチベーション維持の研究に定評があり、オリンピック選手、ビジネスマン、宇宙飛行士などをカウンセリングしている。南カリフォルニア大学客員教授。NASAではアポロ宇宙計画参加中の宇宙飛行士のカウンセリングを行った。ベトナム戦争復員兵などの心のケアなどにも尽力した。元海軍パイロット

他の記事も読んでみる

江島祥仁

私が本庄八郎現会長と本庄正則前会長を見てきて学んだことは「人生意気に感ず」という生き方が大事だということです。私も人との出会いの中で、最後はやっぱり意気に感じて動いてきましたし、友人関係でも社内の人間関係でも基本は同じです。


下村朱美

学校教育が非常に大事だと思いますね。子供たちに将来何になりたいか聞くと、公務員になりたいとか、ITをやりたい、医者になりたいという意見が出てくる中で、起業家になりたいという選択肢自体が少ないんです。ですから、ニュービジネス協議会でも社長に来てもらって中学生や高校生に講義をしたり、大学で出張授業を行ったりして、子供たちの選択肢の中に、起業というものを入れていくよう取り組んでいます。


阿部孝司

私が社員によくいうのが、ハーバード大学レビット教授の「顧客はドリルを欲しがっているのではなく、穴を開けたがっているのだ」という言葉です。要するに、ドリルという手段でなくても、壁に穴が開けばよいわけです。お客様の問題解決ができるなら、その手段はシステムの提供でなくてもよいのです。システムにお金をかけなくても解決できる問題もあるのです。


竹鶴政孝

我々が誇りを抱いて造っているように、みなさんも誇りを持って売っていただきたい。


佐々木常夫

リーダーは一定の能力があるからリーダーになれたわけですが、テーマや分野によっては、自分よりも部下のほうがずっと高い知識や知恵を持っているというケースはたくさんあります。彼らの知識や知恵を引き出しながら、シナジーを創り出していけるリーダーが必要なのです。


藤田晋

目標を細分化し、スタンプラリーのようにして達成度を可視化するのもオススメ。子供の頃、早朝のラジオ体操に参加し、ハンコをもらってうれしかった記憶はありませんか? それと同じで達成度は、できるだけ見える形にした方がいい。できればそれをチームで共有するのが望ましい。目標を達成した時は、1人よりみんなで喜んだ方が数倍うれしいからです。


辻庸介

マネックス証券時代、配属先はCEO室だったのですが、やはり、松本(大 社長)さんから得た学びは大きかった。あれだけの能力を持つ人が、あんなに努力している。秋元康さんが「夢は手を伸ばした1ミリ先にある」と語ったそうですが、1ミリ伸ばすための不断の努力と、そのためのもうひと踏ん張りをできる人だけが果実を得られる。古い言葉ですが、「ローマは1日にして成らず」は真実なのだと、肌で感じました。


村上龍

話が通じない相手と渡り合うには、尋常ではない努力が必要。必死で業績を上げる、非論理的な上司が認めざるを得ないくらい結果を出す、それしかない。


坂本孝

ブックオフが成功した理由は、本に対する目利きがモノをいう従来の古本屋ビジネスではなく、「本がきれいか、きれいでないか」というブックオフ独自の価値基準を作り、新たな中古本市場を創出したことです。


安藤忠雄

勇気と行動力を持った子どもを育てるためには、甘やかしてはいけないと思う。これは、子どもを持っている親はみんなわかっている。ただ、自分の子どもは別なんです。本当は自分の子どもから、厳しくしていかなくてはいけないのですが。


ぬやまひろし(西沢隆二)

若者よ、身体を鍛えておけ、美しい心が、たくましい身体に、からくも支えられる日が、いつかは来る。
その日のために、身体を鍛えておけ、若者よ。


小坂敬

終戦後、日本人の多くは貧しく、食べるものにも窮していました。当時を生きた人たちは皆貧しいことが共通で、特に自分だけが不等に貧しいとは意識していなかったと思います。同じ境遇なら気にならないことも、同じ境遇にいながら異質な人を見つけると、「気に入らない」となるものなのです。


出原洋三

当社のような小さな会社が2倍の売上高の欧米企業を買うのは異常事態でしょう。社内からは驚きはもちろん、反対意見も出てきます。ここでトップの信念が問われます。
【覚書き|英国のピルキントンを買収した当時を振り返っての発言】


高橋弘(経営者)

当社は、ある特定の製品に特化して事業を展開しているのではありません。お客さまが抱えている問題を全体から見て、どの分野から着手すればコストカットにつながるのか、きちんと分析してコンサルティングし、提案を行っています。


村上太一

人を幸せに感じさせることで、結果として提供者も幸せになれる。