名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

デニス・ウェイトリーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

デニス・ウェイトリーのプロフィール

デニス・ウェイトリー。アメリカの人間行動学博士、講演家。能力開発の権威で、モチベーション維持の研究に定評があり、オリンピック選手、ビジネスマン、宇宙飛行士などをカウンセリングしている。南カリフォルニア大学客員教授。NASAではアポロ宇宙計画参加中の宇宙飛行士のカウンセリングを行った。ベトナム戦争復員兵などの心のケアなどにも尽力した。元海軍パイロット

デニス・ウェイトリーの名言 一覧

人生は、私たち一人一人が、それぞれの目を通して見ている映画です。そこに何が起こっているかは大した違いはありません。それをどのように受け取るかが重要なのです。


敗者は『不安が解消されること』をし、勝者は『目標が達成されること』をする。


デニス・ウェイトリーの経歴・略歴

デニス・ウェイトリー。アメリカの人間行動学博士、講演家。能力開発の権威で、モチベーション維持の研究に定評があり、オリンピック選手、ビジネスマン、宇宙飛行士などをカウンセリングしている。南カリフォルニア大学客員教授。NASAではアポロ宇宙計画参加中の宇宙飛行士のカウンセリングを行った。ベトナム戦争復員兵などの心のケアなどにも尽力した。元海軍パイロット

他の記事も読んでみる

浦野光人

社員たちには常に「周りの人たちとの信頼関係を大事にしてほしい」ということも強調しています。他者があってこその自己、周りの人との信頼関係の中で自分の仕事が進んでいくのだということも、忘れてはならないものだと考えています。


大橋徹二

コマツアメリカの社長をしていたころ、オフィスから150マイル(約240キロメートル)ほど離れていた工場に何度も足を運ぶうちに、「社長は3回現場に来て終わりだろう」と思っていた現場にも本気度が伝わったようだ。品質か徐々に改善。同時に鉱山機械市場が回復し、売上が伸びていった。


田中実(経営者)

グーグルのように全部検索エンジンでものを作り上げるような文化と違って、うちは手間暇をかけた労働をいとわない。どんな情報を入力するか。情報の構図を決めるのには、最初の入り口を決めることがすごく大事で、どんな階層を作っていくか、どんなタグを付ければ選びやすいかについては、すごく凝っていると思います。


貞末良雄

企業は業績が順調であるほど、タガが緩むものです。だから、経営者は常に「このままではダメだ」とリスクをとって変化に挑むことが必要。


松井秀喜

いいことも、悪いことも、すべてが財産です。前を見据えるという意味ではね。すべてを検証して、次の目標を立てる。それがオフシーズンの作業のひとつです。


伊達美和子

入社後5年ほど事業の全体観を見て、次の5年が「丸ノ内トラストシティ」の開発に関わり、都市計画や、不動産開発事業を徹底的に見ていきました。特に、当時は外資系ホテル誘致に懐疑的な雰囲気があった中、東京中心部に国際級ホテルを誘致することの意義を訴え、都市再生特区の都市計画に認定して頂きました。大勢が無理だと思うようなことでも、「絶対できる」という信念の元に作り上げていった結果です。


越智直正

私の目が通っていない商品は、絶対に売りません。それは、商人としての最低の条件だと思っています。厳しく言いますから、社員からは恐れられているでしょうね。皆、ビクビクしていますよ。でも、品質を守るためにはそんなことを気にしていられません。


加藤丈夫

かつてのような没個性的なベクトル合わせは必要ないでしょうが、価値観を共有することはとても大事です。それには対話が欠かせません。新入社員には、対話で価値観を共有しようと訴えました。


田原総一朗

日常の発見や疑問が仕事につながる。毎朝、新聞に目を通す。すると、そこにたくさんの疑問や発見がある。次から次へと疑問や仮説がわいてくる。そこから取材が始まり記事や著作につながっていく。


北山ひとみ

文化なきところに経済の繁栄はない。シェア争いや、乱暴なM&Aや事業提携ではなく、21世紀型のモデルに転換しなければならない。


梶川貴子

私は適正価格であれば、相手の言い値を受け入れます。海外と違って階級社会とはいえない日本では、現場の従業員も教育レベルが高く、意識も高い。取引先も同様で、良い仕事をする原動力は、お金よりも尊敬してもらっているという思いです。「高い料金はコンサルタントのプライドだ」というのは堀紘一さんの名言ですが、まさに価格はプライドです。そういう形で尊敬されていないと、関係は長く続かないと思います。


田中健介(経営者)

単に精神的、抽象的なスローガンを並べるだけでは難しいと思います。タイムリミットを設け具体的な達成目標を定め、個々の生産性やスピードの向上、部内のチームワークや志気の高揚、教育による個々のレベルアップ等々、多くの点でベスト化が実現できてこそ、ベストカンパニーに近づく。