名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

デイヴィド・フレドリクソンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

デイヴィド・フレドリクソンのプロフィール

デイヴィド・フレドリクソン。「アストラゼネカ」日本法人社長。ジョージタウン大学卒業。ロシュ スペイン法人などを経て米アストラゼネカに入社。米国法人副社長などを経て日本法人社長に就任。また、日本製薬工業協会常任理事、欧州製薬団体連合会副会長を務めた。

デイヴィド・フレドリクソンの名言 一覧

我々は患者さんの緊急のニーズを背負いながら業務を推進している。そして、それこそが患者第一主義にほかならない。


「まだ満たされない医療上の様々な課題に応える革新的な医薬品を開発し、患者さんにお届けする」というアストラゼネカが掲げる患者さん第一主義。私はこの原則に忠実である限り、企業としての成長を継続できると考えています。


目標を達成する上で私自身が実践している経営手法は、前職のバイオテック企業で働いていた時に社員か教えてくれた、極めて単純な原則に基づいています。それは、「患者さんに寄り添って正しい道を進めば、成果はおのずとついてくる」というもの。


最近、私は東京の大学病院で働く、がん専門医と面談し、人工呼吸器を装着していた肺がん患者さんのお話を伺う機会がありました。この患者さんは、新薬による治療を受けたことで人工呼吸器を外すことができ、今は自宅療養中とのことでした。このような患者さんの存在を知ると、アンメットニーズ(まだ満たされていないニーズ)への迅速な対応がいかに重要かを痛感します。


デイヴィド・フレドリクソンの経歴・略歴

デイヴィド・フレドリクソン。「アストラゼネカ」日本法人社長。ジョージタウン大学卒業。ロシュ スペイン法人などを経て米アストラゼネカに入社。米国法人副社長などを経て日本法人社長に就任。また、日本製薬工業協会常任理事、欧州製薬団体連合会副会長を務めた。

他の記事も読んでみる

小野日佐子

多くの学生が、自分に自信を持てず、すぐ自分には向いていないと言ってきます。だから好きなことに突き進み、自信を持てるように背中を押してあげたい。


佐々木正悟

ラジオ体操のスタンプカードのように、「ちょっとずつ貯まっていく」感じは、モチベーションを高めるのに有効です。ポイントカードのあるお店でつい買い物をしてしまう人ならよくわかるはずで、仕事でそれを活用しない手はない。商店のスタンプカードが余っていたら、いま抱えている仕事をマス目に沿って細分化してみよう。そして、中間地点とゴールにご褒美を設定し、タスクが終わるたびに塗り潰していく。ちょっとした工夫を加えることで、自然とモチベーションが高まっていくはずである。


淡輪敬三

世界で戦える自分の背骨ともいえる専門性を持った人。そのような人が必要なのです。


柳井正

日米欧など国・地域によって経営スタイルは違うと言われるが、原理原則はどこでも一緒。


北沢利文

公論を尽くして相手に伝えれば、必ず相手に伝わる。


小笹芳央

統計は母集団の規模や性質など、数字の背景を考えながら読むことが重要。数字は物事の一面しか示していません。このことを肝に銘じて、数字と上手につき合ってください。


兼元謙任

私のところまで上がってくるクレームは、担当者レベルで対応しても相手が納得せず、言うなればやり尽くして、どうにもならない段階のものです。それまでのプロセスで何か対応にまずい点があったからかもしれません。そのようなお気持ちにさせたことについてお詫びさせてください。と謝罪するようにしています。


大前研一

20代でも30代でも変われるよ。「自分の天井はこの辺だ」なんて幻想を持ったら負けだよ。自分の人生は青天井、少なくともそう思えるような教育、そして一歩踏み出す勇気、を若い人に与えたい。


橋本良亮

ただ態度がでかいんじゃなくて、どっしり構えた貫禄のある男になりたいから、その第一歩になるよう、今回の舞台も気合を入れて頑張ります。終わったあともずっと大事にしていける、そんな作品にしていきたいから。


山東理二

いいものを作り、お客様に喜んでもらうことは大前提。それを同時に我々の利益にしていかなければならない。当社はまだ収益へのこだわりが弱い。逆にそれは伸びしろだと考えている。


児玉光雄

結果を他人と比較してはいけません。モチベーションを高められない人たちの共通点は、他人を意識しすぎだということです。いつも誰かを気にしていて、「勝った」「負けた」と過剰に反応する。だから、勝っているときはいいが、そうでなくなると、急にモチベーションが下がってしまうのです。


宮内義彦

睡眠時間を大きく削って仕事を入れることはありません。実は社長になって半年たったころ、過労でダウンしたことがありますが、体が弱るととたんに仕事に差し障ります。いまは、仕事に命をかけるなんて大嫌いです。