デイヴィド・フレドリクソンの名言

デイヴィド・フレドリクソンのプロフィール

デイヴィド・フレドリクソン。「アストラゼネカ」日本法人社長。ジョージタウン大学卒業。ロシュ スペイン法人などを経て米アストラゼネカに入社。米国法人副社長などを経て日本法人社長に就任。また、日本製薬工業協会常任理事、欧州製薬団体連合会副会長を務めた。

デイヴィド・フレドリクソンの名言 一覧

我々は患者さんの緊急のニーズを背負いながら業務を推進している。そして、それこそが患者第一主義にほかならない。


「まだ満たされない医療上の様々な課題に応える革新的な医薬品を開発し、患者さんにお届けする」というアストラゼネカが掲げる患者さん第一主義。私はこの原則に忠実である限り、企業としての成長を継続できると考えています。


目標を達成する上で私自身が実践している経営手法は、前職のバイオテック企業で働いていた時に社員か教えてくれた、極めて単純な原則に基づいています。それは、「患者さんに寄り添って正しい道を進めば、成果はおのずとついてくる」というもの。


最近、私は東京の大学病院で働く、がん専門医と面談し、人工呼吸器を装着していた肺がん患者さんのお話を伺う機会がありました。この患者さんは、新薬による治療を受けたことで人工呼吸器を外すことができ、今は自宅療養中とのことでした。このような患者さんの存在を知ると、アンメットニーズ(まだ満たされていないニーズ)への迅速な対応がいかに重要かを痛感します。


デイヴィド・フレドリクソンの経歴・略歴

デイヴィド・フレドリクソン。「アストラゼネカ」日本法人社長。ジョージタウン大学卒業。ロシュ スペイン法人などを経て米アストラゼネカに入社。米国法人副社長などを経て日本法人社長に就任。また、日本製薬工業協会常任理事、欧州製薬団体連合会副会長を務めた。

他の記事も読んでみる

佐々木正悟

資格の勉強を毎日やると決めたら、「何時間やるのか、もしも1時間やるなら、1時間に設定する根拠は何か」まで明確にすることです。一念発起もいいけれど、衝動的に掲げたスローガンでは、心は本気になってはくれません。


野口美佳

売れる商品コピーにはいくつかの条件があります。ひとつには、「顧客の基本的なニーズを満たしている」ということです。たとえば、私たちが扱っている女性下着であれば、「胸を大きく見せたい」「ウエストを細く見せたい」など、いま以上にキレイに見せたいという女性の普遍的な心理に沿ったコピーが求められます。また、「言葉づかいがいまの時代にマッチしているのか」も重要なポイントです。


山田昭男

未来工業では、昔ながらの年功序列を貫いている。年功序列の下、頑張っても頑張らなくても、給料は同じとなれば、社員は頑張らなくなると思われがちだが、日本人の国民性から言ってそんなことは断じてない。むしろ、成果主義の下、頑張ったのにそれが正当に評価されない方がよほど意欲を引き下げる。


星野佳路

現場からの何万もの情報の中から、大変革につながるものがあるかもしれない。そのためにはまず、社員に情報を出してもらわなければ始まらない。たとえ情報の大半が役に立たないものだったとしても、決してムダにはならないと思います。情報を共有することが、「一体感のある組織」を生み出すからです。まずは何万もの情報を把握できる企業風土を作る事が重要ではないでしょうか。


南原竜樹

浮き沈みの激しい人生のほうが楽しいよ。


ビクトル・ユーゴー

世界中の軍隊を集めたよりも強いものが一つある。それは時宜を得たアイデアである。


荒井邦彦

お客様の中で頻繁に買収をしている会社がありました。その会社がM&Aの前後で劇的に変わっていくんです。その姿を見て、企業がダイナミックに変わっていくきっかけがM&Aなんだと思ったんです。


宇治原史規

仕事をしていれば、みんな大なり小なり現状に不満があったりすると思います。しかし、その状況の中で、自分の身の丈を知りながら、卑屈にならずに、今自分にできる最大限の努力を続けていくこと。バランスが一番重要ですね。


三木雄信

日本人の感覚では、同じことをあまりに何度も繰り返すのはスマートではないと思いがち。だが、決してそんなことはない。繰り返すことで「ここが大事なんだな。だから繰り返しているんだな」と聴衆に伝えられる。


木川眞

業務基盤の改革ではビジネスの根幹となる品質やサービス、コスト構造を刷新し、収益力と競争力を強化しました。収入が増えても、コストがそれ以上に増えれば成長できませんから。


澤田浩

「買収されるよりも、買収する立場になるようみんなで努力しよう」と、私は常々、役員や社員に言っています。


香山リカ(精神科医)

自分が立てたプランにこだわりすぎるのは危険です。人生に不確定要素はつきもので、必ずしも計画どおりにうまくいくとはかぎりません。ところが人生を自分でコントロールできると考えている人は、うまくいかなかったときに「こんなはずではなかった」と世を恨んだり、「努力が足りなかったからだ」と必要以上に自分を責めてしまうことがあります。


藤井佐和子

上司とのコミュニケーションで要になるのは報連相です。ものごとをスムーズに進められる人は、この報連相を戦略的に活用しています。報連相には「自分の仕事を上司に知ってもらう」「上司を巻き込んで助けを借りる」などの目的がありますが、目標に向かって着実に仕事を進める人は、報連相の際、これらの目的=ゴールをはっきり意識しています。


石田淳(コンサルタント)

人は放っておくと、やらなくていいことや楽な作業に時間を費やす。だから「あれやれ、これやれ」ではなく「やらなくていい仕事」示して、やるべきことに集中させましょう。


羽生善治

何かに挑戦したら確実に報われるのであれば、誰でも必ず挑戦するだろう。報われないかもしれないところで、同じ情熱、気力、モチベーションをもって継続してやるのは非常に大変なことであり、私はそれこそが才能だと思っている。


ページの先頭へ