デイヴィッド・レターマンの名言

デイヴィッド・レターマンのプロフィール

デイヴィッド・レターマン。アメリカの司会者、プロデューサー、コメディアン。ホストを務めるレイト・ショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマンは30年間続く長寿番組になった。ボールステイト大学卒業。アメリカで最も有名なコメディアンの一人。エミー賞を受賞している

デイヴィッド・レターマンの名言 一覧

人間の最も偉大な力とは、その人の一番の弱点を克服したところから生まれてくるものである。


ニューヨークにある銀行が、ATMで株取引ができるようにしたそうだね。素晴らしい思い付きだ。強盗も自分のポートフォリオを多様にできるってことだ。


デイヴィッド・レターマンの経歴・略歴

デイヴィッド・レターマン。アメリカの司会者、プロデューサー、コメディアン。ホストを務めるレイト・ショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマンは30年間続く長寿番組になった。ボールステイト大学卒業。アメリカで最も有名なコメディアンの一人。エミー賞を受賞している

他の記事も読んでみる

家入レオ

新しい自分に出会うために、経験のない場所に飛び込んだおかげで、これまで発信者の意見しかなかった自分が、ガラリと変わったんです。とくに演技は、相手がいて成り立つもの。受信者という立場も考えるようになりました。そのおかげで、すべての作業がひとり相撲じゃなくなったんです。


片野坂真哉

財務体質もJALのほうが上だ。我々の挑戦力はまだ強い。JALと同じことをしていては危ない。


北村龍平

映画監督になると決めた時から、ハリウッド映画の監督になると言っていましたね。ケチを付ける人もいますが、やはりハリウッドが世界のメーンストリームであることには間違いない。映画監督としてやっていくと決めた以上、野球選手がメジャーリーグを目指すように、ボクサーが世界チャンピオンを目指すように、そこに挑戦したいと自然に思いました。


後藤敬一

人材を採用する際に重視しているのは、学校の成績ではなく、滋賀ダイハツ販売という会社に合う人物かどうかということです。この点について、私は面接を行う際、必ずひとつの質問をするようにしています.それは、2年に1回実施している社員旅行の大宴会に、浴衣を着て参加できるかどうかということです。突拍子もないことのようですが、これができる人は、一緒に働く仲間たちと胸襟を開いて話し合い、心を通わせることができると考えているのです。一度でも当社の大宴会に参加し、心の壁を取り払って皆で楽しい時間を過ごしたあとは、非常にスムーズにコミュニケーションがとれるようになるものです。そうした人間関係づくりを長年続けてきたことによって、当社では強い連帯感が育まれています。そのため新しいサービスや仕組みを導入する際にも、皆ですぐに協力体制をつくることができるというわけです。


星野佳路

乗り越えるべきハードルが高いからこそ、実現したときの喜びは人一倍大きい。


古賀稔彦

あのケガがあったからこそ、勝負に集中できたと思っています。調子がいいと雑念、雑音に影響されやすくもなるんです。調子いいからカッコよく勝ちたいとか、変に余裕を出したりとかね。
【覚え書き|バルセロナ五輪10日前に左膝じん帯を損傷したことを振り返って】


ポーウェン・リー

3日休んだらおかしくなる。
【覚書き|莫大な資産を持っていても毎日のように働くのはなぜかと聞かれての発言】


花田賢人

アメリカのIT業界が強いのは、儲かったお金を次の研究にどんどん注ぎ込む体質を持っているから。早くデカくなって、新しい分野に適切な投資を行い、良い研究ができる基盤を作りたい。


永守重信

当社では始業時に全員で数分、社内の掃除をしている。細かいことを言えば、これも給料の一部だから、清掃会社に頼んだ方が安い。それでもやるのは、職場を自分で整理整頓すれば、無駄の発見にもつながるし、事務用品や向上の治具(じぐ)にしても効率のいい置き方とは何かを分かってもらいたいからだ。だから、ただ掃除をするのではなく、なぜ掃除をするのかを説明する。それも、一度理解してもらったらそれでよしではない。毎日それをやっていく。いったん頭で分かっても、それが行動になるには時間がかかるからだ。


中山均

地方産業の発達に尽くそうという私の熱意はいまも変わらない。これなくしては大企業の進展もないし、日本経済の確立もないというのが私の信念である。私はそうした信念のおもむくまま、果敢に行動してきたつもりである。金融政策も経済政策も、大企業中心主義になっているいまのやり方には私は不満である。


小林佳雄

物語コーポレーションは、「個」の尊厳を「組織」の尊厳より上位に置く企業です。こんな理想を言ってもビジネスが成立するということを証明したい。とても挑戦的な試みだと思う。


秋田正紀

きちんと結果を出すためには、綿密な計画が必要です。中途半端な仕事では、中途半端な成果しか得られない。


坂口孝則

話題になっている商品やサービスについては、自分で実際に買ってみるのが一番です。たとえば、最近急激に増えている「割引クーポンビジネス」なども、一度自分で体験してみればいい。「1万円のディナーコースが半額で食べられるクーポン」を買って食べてみて、「本当に1万円の価値があるのか?」「半額にしてどうやって利益を出しているのか?」と自分で考えることで、表面的な数字だけではない理解が深まります。


佐々木康志

人間はこれまでさまざまな文明の利器を生み出し、上手に使いこなしてきました。AIも同様だと思います。ものを買うときの判断基準、ものの価値判断など、人間の行動の9割は無意識に行われていると言われています。脳の研究をすることで人間の行動の裏にあるものを解明し、その成果をAI等に活用し社会にとってプラスになるような応用ができればと願っています。


池田欣生

いつまでも従来通りでいいわけではない。日々、努力を重ね、最先端の技術を取り入れていかなければならない。


ページの先頭へ