デイヴィッド・ピリングの名言

デイヴィッド・ピリングのプロフィール

デイヴィッド・ピリング。「フィナンシャル・タイムズ」東京支局長、アジア編集長。著書に『日本 喪失と再起の物語』。

デイヴィッド・ピリングの名言 一覧

日本という国は、表面上は変化していないように見えても、少しずつ小さな変化を繰り返しています。そうやって変化が蓄積されているから、大きな衝撃が生じた場合もうまく適応できるのです。


デイヴィッド・ピリングの経歴・略歴

デイヴィッド・ピリング。「フィナンシャル・タイムズ」東京支局長、アジア編集長。著書に『日本 喪失と再起の物語』。

他の記事も読んでみる

夏野剛

仕事が速い人は、いまこの場でできることはこの場でやってしまいます。たとえば、次の会議までに15分の空き時間があるなら、メールの返信や顧客訪問のアポ入れなど、いまやるべきことにすぐに取りかかります。たとえ15分でも無駄にしません。


梅原勝彦

黙っていても注文が来るのはありがたいことですが、ぬるま湯につかっていてはいけない。今までうちは営業もしなかったが、最近は若い社員を営業に出すようにしました。今の社員の7割は営業しなくても注文が来るのが当然のように思っている。彼らに100円、200円の注文を取る大変さ、注文をもらうありがたさを知ってほしいんです。


川西勝三

本当の企業力というものは、バランスシートという勘定科目で表されるものだけではありません。それは信用力とか技術力です。


北尾吉孝

衆知を集めることの重要性は、今さら言うまでもありませんが、現代社会においては、衆知を集めれば集めるほど、判断に迷いよく分からなくなるという危険がある。


堀江泰(経営者)

この業界は職人の世界です。現場の人間は自分の仕事にプライドを持って一徹に取り組んでいます。当時の代表は父でしたが、父をはじめ、多くの社員から「電装しかやったことのない会社が床の貼り替えなんてできるわけがない」と言われました。何度も話し合いを持ち、賛同してくれる社員を少しずつ増やしながら、どうにか現場をまとめました。


平野敦士カール

規模に関わらず、ビジョンのない会社や組織は少なくありません。ビジョンに合ったビジネスに特化し、アライアンス(提携)を訴えていくのです。それが成長性のあるビジネスで、かつ大企業が自社では手掛けない領域であれば、大企業に取って魅力的な相手となります。


樋口武男

誰にでも運はあると思いますが、その運を逃さないようにすることが大事です。その時に大事なのは人の道をきちんと守っていくこと。そうでなければ運は逃げていきます。


トマス・J・スタンリー

アメリカ財務省の租税調査室長補佐C・ユージン・ストイオリ氏は優れた研究者でもある。彼は「現金所得と資産の関係」という論文の中で、私たちと同様の調査を行っている。調査の結果、多額の資産を築く人は現金・課税対象所得を最小限に抑え、課税対象とならない含み益や非課税所得を最大限にするよう努力していることが明らかにされている。


吉田正樹(経営者)

ネットでいつも見ているのは、個人のブログが中心です。なぜなら大量の情報が網羅してあるだけのニュースサイトはかえって見づらいからです。それより誰か信頼できる人が優先順位をつけてくれたものを読む方がいいのです。


ケリー・マクゴニガル

やる気不足が問題なのではなく、「自分の欲求を満たす方法を見つけることが大事なのだ」とひとたび気づけば、本当の問題に取り組むことができるようになります。なぜなら、たとえ仕事に満足できなくても、仕事に対する考え方や、仕事への取り組み方を変えることで、そうした要求を満たすことができるからです。


福島和美

私は、社員に会社にとどまってほしいとお願いはしません。しかし、居続けたいと思える会社づくりをすることが経営者としての役割だと考えます。


鈴木幸一(経営者)

仕事にのめり込んでいると往々にして客観的にものを考えられなくなりますが、読書によって知識を増やしておけば、常に自分を客体化できる眼を養えるので、そう簡単には行き詰らなくなります。


曽山哲人

どこの会社もエース級の人材、イノベーション人材が欲しい。他社からそういう人材をスカウトしようとする動きも盛んです。若者の側も積極的にチャレンジしようと転職のチャンスをうかがう人が多い。企業にとっては、採用した後の人材をいかにフォローできるかという「リテンション」の争いも激しくなっています。


清宮克幸

ラグビーならパスやタックルという基礎ができていないと、ゲームで常に一定のパフォーマンスが発揮できません。この基礎を固めるには、ルーティンワークは不可欠です。また、ルーディンワークには、これだけやったのだから必ずできる、という自己効力感を選手に抱かせるという効能もあります。


安藤正弘

今後インフレになって金利が上昇すると、今まで住宅ローンを組むことができた人たちが組めなくなる。顧客は減り、体力のない不動産会社は脱落していくでしょう。そこで当社は、いろいろなサービスの幅を広げることで、リスク分散を図っているのです。


ページの先頭へ