名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

デイヴィッド・エプスタインの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

デイヴィッド・エプスタインのプロフィール

デイヴィッド・エプスタイン。米国のスポーツ科学ジャーナリスト。コロンビア大学大学院修士課程修了。「スポーツ・イラストレイテッド」でスポーツ科学、医学などを担当。著書に『スポーツ遺伝子は勝者を決めるのか?』。

デイヴィッド・エプスタインの名言 一覧

私が調査してきたスポーツと遺伝子の関係からわかったことは、子供の成功は長期的な視点で見なければならないということである。


平均的な数字にとらわれると、個人差を理解するときの障害になってしまう。


一流選手の例からも言えるように、12歳くらいまでは様々なことを試す時期と位置付けることが重要だ。


「将来一流になるのなら、早くに芽が出るはず」、という思いは捨てるべきだ。自分の子どもが優れていることが早くに明確にならないことは、親からすれば不安かもしれない。しかし、子ども自身は親が与えた道にのっているにすぎず、これから広がる可能性のある道を親が狭めてはいけないのだ。


子供の才能を潰さないために重要なことは、時間さえかければ必ず一流になれるわけでもないということだ。「どの分野でも1万時間訓練すればプロになれる」という1万時間神話がスポーツの世界ではまことしやかにささやかれている。ところが調べてみると、この1万時間という数字は、実は30人程度の音楽アカデミーのバイオリニストへの調査から導き出されたものだった。しかも、調査の母体はすでにトップレベルにある人たち。これでは、神話がバイオリニストになりたい多くの子どもたちの現実となることを証明はできない。現実には、個人差がかなりある。


早期に一つの楽器に集中するのではなく、いろいろな楽器をやることで最終的に自分に合った楽器が見つかり、幼い頃から練習していた人を軽く凌駕することはよくあることだ。


10歳の一流選手をつくる必要はない。20歳で成功すればいいのだ。実際に、早期に子どもの専門を絞りすぎることで、その才能を伸ばせず、失敗した例がアメリカで多く報告されてきた。


以前、日本の相撲稽古を取材したことがある。そこでは、古くからの方法を皆が同じように行っていたが、これは間違っている。もし本当に各関取の性質を生かすのであれば、遺伝子検査に基づいた個人別のトレーニングを行うほうがずっと確実に横綱を輩出できる。瞬発力のある速筋繊維をもつ関取と遅筋繊維をもつ関取に対して、同じトレーニングを課すのは、時間の無駄だ。


デイヴィッド・エプスタインの経歴・略歴

デイヴィッド・エプスタイン。米国のスポーツ科学ジャーナリスト。コロンビア大学大学院修士課程修了。「スポーツ・イラストレイテッド」でスポーツ科学、医学などを担当。著書に『スポーツ遺伝子は勝者を決めるのか?』。

他の記事も読んでみる

森繁久彌

泥沼から引きあげてくれる奴は必ずしも味方じゃない。また、泥を投げつけてくる奴も必ずしも敵ではない。要するに、どんなときでも大声で叫ばぬことだ。


鬼頭宏昌

打ち合わせや会議などの仕事が一段落した後の休憩やトイレなど、ふっとリラックスできるすきま時間はアイデアや発想が浮かびやすい。また街を歩いていたり移動中などの細切れ時間もアイデア時間になる。


手代木功

社長にもなると会社では私の悪いところを指摘してくれる人は皆無ですから、駄目出しをしてくれる家族は貴重な存在です。我が家での序列は、妻、息子たち、犬、そして一番下が私です(笑)。でも、私も息子たちにはまだまだ負けられませんから、頑張ろうと思えます。


柵木充彦

私たちは、マーケティングから設計、製造、アフターサービスまで一貫してやるので、全社員がひとつの方向を向いて、高いモチベーションを持つことが大切です。


辻慎吾

他者の能力を借りなければ大きな仕事はできません。それは都市づくりだけでなく、あらゆる仕事にも共通します。ここで重要なことは、自分の中に明確な完成イメージを持っておくことです。


宮坂学

サービスのつくり方には、「ゼロ」から「1」をつくる天才的なひらめきによる発明と、「1」を「10」にする秀才的な努力によるイノベーションの2種類がある。前者は難しいかもしれないが、後者は努力次第で可能だと思う。


鈴木敏文

コンビニなどは1年で7割の商品が入れ替わります。販売の数字を追うときは、売れた量と時間(期間)の関係に着目しながら、仮説と検証を繰り返す。これが変化の激しい時代の販売データの活かし方です。


岩田松雄

自分の都合でスケジュールを決められないという人も多いでしょうが、それでもスケジュールをコントロールすることを諦めてはいけません。たとえば仕事を上司に頼まれたとき「ちょっと待ってください、いまやっている仕事が終わってからでいいですか?」と言えるだけでまったく効率が違う。ひとつの仕事を中断して別のことをやると、元の仕事に戻るときに手間がかかることはよくありますから。


出口汪

どの本を読むにしても、論理的思考力を磨くために第一に意識してほしいのは「他者意識を持って読むこと」です。「他者意識」とは、著者の目線に立って、客観的に文章を読み解くということです。本の著者は、不特定多数の読者に向けて、何かを伝えるために、筋道を立てて文章を書いています。しかし、それを主観的に読むと、「この人の考え方は間違っている」などと、著者の主張をろくに理解しないまま、否定しがちです。そうではなく、自分の意見や感想はいったん保留し、著者の主張とそれを伝える論理の筋道を読み取っていくのです。このような読み方をすると、論理の筋道の立て方を学ぶことができます。また、著者の主張を受け止めたうえで、自分の考えと戦わせれば、思考力が磨かれ、教養も身につくでしょう。


吉岡知哉

学生の特権のひとつは、失敗するチャンスが豊富にあるということです。学生時代であればいくらでもやり直しがきく。挫折する、失敗する経験を含めて、何かに取り組むのは非常に重要だと思います。


韓昌祐

若いころは貧しかったですからね。なんとか法政大学に入ったものの、まもなく栄養失調でダウンしました。病床で僕を癒してくれたのが、ラジオから流れるクラシック音楽だったのです。以来、とりこになりました。


馬田榮

振り返れば、戦前には数百社の電力会社が存在しました。電気工事業界も激しい価格競争を続けてきました。「安かろう悪かろう」では、お客様の信頼に応えることはできません。かといって、赤字の仕事ばかり取っていては、企業として存続が危うくなります。当社は、厳しい状況下で、いかに品質を落とさず、いい仕事をするかということばかり考えてきました。