名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

デイヴィッド・エプスタインの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

デイヴィッド・エプスタインのプロフィール

デイヴィッド・エプスタイン。米国のスポーツ科学ジャーナリスト。コロンビア大学大学院修士課程修了。「スポーツ・イラストレイテッド」でスポーツ科学、医学などを担当。著書に『スポーツ遺伝子は勝者を決めるのか?』。

デイヴィッド・エプスタインの名言 一覧

私が調査してきたスポーツと遺伝子の関係からわかったことは、子供の成功は長期的な視点で見なければならないということである。


平均的な数字にとらわれると、個人差を理解するときの障害になってしまう。


一流選手の例からも言えるように、12歳くらいまでは様々なことを試す時期と位置付けることが重要だ。


「将来一流になるのなら、早くに芽が出るはず」、という思いは捨てるべきだ。自分の子どもが優れていることが早くに明確にならないことは、親からすれば不安かもしれない。しかし、子ども自身は親が与えた道にのっているにすぎず、これから広がる可能性のある道を親が狭めてはいけないのだ。


子供の才能を潰さないために重要なことは、時間さえかければ必ず一流になれるわけでもないということだ。「どの分野でも1万時間訓練すればプロになれる」という1万時間神話がスポーツの世界ではまことしやかにささやかれている。ところが調べてみると、この1万時間という数字は、実は30人程度の音楽アカデミーのバイオリニストへの調査から導き出されたものだった。しかも、調査の母体はすでにトップレベルにある人たち。これでは、神話がバイオリニストになりたい多くの子どもたちの現実となることを証明はできない。現実には、個人差がかなりある。


早期に一つの楽器に集中するのではなく、いろいろな楽器をやることで最終的に自分に合った楽器が見つかり、幼い頃から練習していた人を軽く凌駕することはよくあることだ。


10歳の一流選手をつくる必要はない。20歳で成功すればいいのだ。実際に、早期に子どもの専門を絞りすぎることで、その才能を伸ばせず、失敗した例がアメリカで多く報告されてきた。


以前、日本の相撲稽古を取材したことがある。そこでは、古くからの方法を皆が同じように行っていたが、これは間違っている。もし本当に各関取の性質を生かすのであれば、遺伝子検査に基づいた個人別のトレーニングを行うほうがずっと確実に横綱を輩出できる。瞬発力のある速筋繊維をもつ関取と遅筋繊維をもつ関取に対して、同じトレーニングを課すのは、時間の無駄だ。


デイヴィッド・エプスタインの経歴・略歴

デイヴィッド・エプスタイン。米国のスポーツ科学ジャーナリスト。コロンビア大学大学院修士課程修了。「スポーツ・イラストレイテッド」でスポーツ科学、医学などを担当。著書に『スポーツ遺伝子は勝者を決めるのか?』。

他の記事も読んでみる

本谷有希子

なんでもない日々の暮らしこそ自分を表現に向かわせる。机に向かって書く時間はただのアウトプット。いかに薄っぺらでない日常を生きるかが、直に創作と繋がっている。


伊藤正裕(起業家)

プレゼンや商談では、相手の感情やその場の空気に合わせて、話し方を臨機応変に変えていきます。


阿部絢子

不安はオバケみたいなもの。正体を突き止めるために、まずは何が不安なのかを書き出すとよい。


市村清

ほかの代理店主からはよく「市村さんは実に店員の運に恵まれていますね」などと言われたが、それは運ではなかったのである。私の店の経営の基本方針は利益三分主義で、一は店員に、一は将来のための積立、残りの一を危険負担というふうにしていた。
【覚書き|理研の感光紙販売の九州総代理店をやっていたときを振り返っての発言】


野村克也

弱いチームの選手は点をとられる度に「負け」を意識しだす。「仕方ない」と振り返らない。何も学ばないから進歩しないんだ。


中村天風

古い諺に、「陽気の発する処(ところ)、金石(きんせき)また透(とお)る」というのがありますね。この言葉こそ人々に、「まずその心を、どんな場合にも消極的にしてはいけない。あくまでも積極いっぺんとうで人生に邁進せよ。そうすれば、そこに成功があり、成就があり、健康があり、長寿があるぞ」と示唆している尊い言葉であります。


中村獅童(二代目)

「挨拶」は、すべての人間関係における基本。親しい人ほど「なくてもいい」と思われる風潮があるけど、それは違う。どんなに仲がいい友達だって、挨拶を交わさなくなったら、関係は崩れていきます。コミュニケーション下手ならなおさら、自分から積極的に「挨拶」する。これだけでも周りが変わってきます。


赤羽雄二

会議参加者だけでは最終的な意思決定ができない場合も少なくありません。ファシリテーターは事前に上司や関連部署にヒアリングを行って「落としどころ」を把握しておくことが大切です。ムダな議論をせずに済み、会議の効率アップだけでなく、仕事全体の時短につながります。


久恒啓一

仕事がなかなか終わらないと嘆いている人ほど、現状理解をいい加減にしたまま、企画を練ったり、いきなり実行に移したりします。その結果、途中で間違いに気づいて、最初からやり直す羽目になるのです。


有田秀穂

ただなんとなく寝ているだけでは、質のいい睡眠を得ることはできません。まず「眠る」ということを生理学的に理解しましょう。私たちの体は暗くなると眠り、明るくなると目覚めるようにできています。それは自然の睡眠薬といわれるメラトニンの働きによるもの。メラトニンはセロトニンを原料として合成されます。セロトニンは朝起きて、太陽の光を浴び、活発に活動することで活性化されます。昼間にセロトニンが十分に作れないと、メラトニンが原料不足となり、暗くなっても眠れなくなってしまうのです。


鷲北修一郎

一握りのトップ営業マンを育てるよりも、大多数の普通の営業マンの潜在能力を引き出し、全体の底上げをすることの方が大切です。一人が少しずつでも成長すれば、全体の売上は大きく上がります。その意味で、営業マンの育成は、一つの経営改革と言えるでしょう。


新海誠

「(大ヒットを飛ばしたので)次が大変ですね」と言われることも多いんですが、『君の名は。』の知名度をバネに、より多くの人に届けられるチャンスなのかもしれない。一生に一度あるかないかの巨大なチャンスをもらったんだとポジティブに捉えつつ、いつも通りベストを尽くした作品づくりに励んでいきたい。