名言DB

9425 人 / 110833 名言

デイル・ドーテンの名言

twitter Facebook はてブ

デイル・ドーテンのプロフィール

デイル・ドーテン。米国の起業家、ビジネスコラムニスト。アリゾナ州立大学大学院、スタンフォード大学大学院で経済を学び、卒業後はマーケティングリサーチ専門会社、リサーチ・リソーセスを創業。マクドナルド、3M、P&G、コダックなどを顧客に持つ全米有数の会社へと成長させる。氏の新聞掲載コラムは高い評価を得ている。主な著書に『仕事は楽しいかね?』

デイル・ドーテンの名言 一覧

人はチームのかなめになりたがり、そして”実験”グループはエリートのチームだ。自分はチームのかなめだと信じ込むと、人々は互いに協力し合うようになり、そのために監督者の仕事までどんどん自分たちでこなすようになる。


試してみることに失敗はない。人は試すことが大好きだ。みんな自分から進んで実験に参加するんだから!


必要は発明の母かもしれない。だけど、偶然は発明の父なんだ。


完璧とは、ダメになる一歩手前の状況である。


新しいアイデアというのは、新しい場所におかれた古いアイデアなんだ。


現代においてリサーチをする人たちは、”完璧な”リサーチのやり方を求め続けている。そのために視野がどんどん狭くなり、ついには何も見えなくなってしまっている。彼らはものごとの相乗効果について見過ごしてしまっているんだ。ひとつの小さな変化の中にこここそ隠れていても何も起こりはしない。だけどその何もない状態を一気に変えたら、何かすごいものが手に入る。


デイル・ドーテンの経歴・略歴

デイル・ドーテン。米国の起業家、ビジネスコラムニスト。アリゾナ州立大学大学院、スタンフォード大学大学院で経済を学び、卒業後はマーケティングリサーチ専門会社、リサーチ・リソーセスを創業。マクドナルド、3M、P&G、コダックなどを顧客に持つ全米有数の会社へと成長させる。氏の新聞掲載コラムは高い評価を得ている。主な著書に『仕事は楽しいかね?』

他の記事も読んでみる

唐沢寿明

仕事をする上で、己を知ること、自分を理解することは大事。そうすれば自分がやるべきことがわかる。


倉本圭造

一番良くないのは、「これからの時代はこれだよね」と流行の尻馬に次々乗っては、いつも自分の周りの人を「遅れている」と貶める一方で、自分自身は何も積み重ねていない、というような根無し草になること。そういう人になってはいけない。


田中ウルヴェ京

何が何でも勝つという、勝ちにこだわる執念深さがあるかないかで結果には大きな差が出る。


千本倖生

たしかにイー・アクセスは好調です。でも、固定ブロードバンドの市場規模が約1兆円なのに対し、モバイルには約10兆円の市場があります。しかも、世界標準からみれば通信料金は高いし、端末は使いにくいなど、まだまだ矛盾だらけです。これだけのビジネスチャンスを前にしたら、経営者としては挑戦しないわけにはいきません。
【覚書き|イー・モバイルを創業した経緯について語った言葉】


小山五郎

本当に、絵という趣味を持っていたことでどのくらい救われたか分かりません。「よく絵など描いている暇がありますね」と言われますが、私は忙しいからこそ描くんです。神様は1日に24時間しか人間に与えてくれない。要は配分の問題であって、ずっと仕事をし続けるなんて、できっこないでしょう。つまり、「逃げ込む場所」というものは、その配分次第で24時間の中で2時間でも3時間でも取ることができるのであり、それができないようでは本当の仕事もできませんよ。


堤幸彦

働くってことの一面には、「好き」とか「夢」とか「仕事を楽しもう」と気軽には言えない漆黒の壁がある。アドバイスできるとすれば、たったひとつ。完全な精神論ですが、「これは楽しいんだ!」と自己暗示するしかない。労働力を切り売る毎日の中で、一点でも突破できる、楽しめる要素を見出して、それを目的にしていけばいい。


森田勉(経営者)

ホテルの営業は、普通企業の担当者にアプローチするものだけど、俺は違った。直接、社長クラスにアプローチしたんだ。大企業の社長クラスともなれば、面識がないと、なかなかアポがとれない。そこを、ノーアポで飛び込んだ。「社長のことはよく存じあげております」「小田急を代表してご挨拶に参りました」などと自信たっぷりに挨拶すれば、たいてい会ってくれる。第一、門前払いされても、失うものは何もないしね。駄目でもともと。そう思えば、怖くもなんともない。


曽山哲人

弊社では、役員だけでなく社員の多くも、ブログや「フェイスブック」にランチや飲み会の写真を頻繁にアップしていますが、それほど飲み会が浸透しているのは、2003年に始まった「懇親会費用支援」制度の成果です。社員同士のつながりを強化するために、対話を増やすことを目指してつくられたこの制度では、部署で食事に行くことを条件に、毎月一人につき5000円が会社から支給されます。役員も、部門を超えてさまざまな部署に積極的に声をかけたり、逆に誘われたりして出かけます。むしろそうすることが奨励されているので、役員の懇親会参加頻度は必然的に多くなります。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

僕は相手が怒ったり、機嫌を損ねたら、私のどこが悪かったんですかと正直に聞いちゃんうです。それで顔が怖いといわれたら、家に帰って鏡の前で優しく見える表情の研究をしたりしてね(笑)。


柳澤大輔

ブレストがしやすいように、当社ではオフィスの作り方も工夫しています。オープンで、社員同士のコミュニケーションの回数が増えるようなレイアウトにしているのです。たとえば、仕切りを減らす。打ち合わせスペースをいろいろなところに設置して、仕事をしていると横で他の社員が打ち合わせをしている声が自然と聞こえてくるようにする、といった工夫です。