名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

デイビッド・マッケイの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

デイビッド・マッケイのプロフィール

デイビッド・O・マッケイ、モルモン教会の聖職者、伝道師

デイビッド・マッケイの名言 一覧

だれも怒らせたり、傷つけたりしないように最善を尽くしたと潔白な気持ちで夜ベッドに横たわることができるのはすばらしいこと。


考えを蒔いて、行動を収穫する。
行動を蒔いて、習慣を収穫する。
習慣を蒔いて、人格を収穫する。
人格を蒔いて、運命を収穫する。


デイビッド・マッケイの経歴・略歴

デイビッド・O・マッケイ、モルモン教会の聖職者、伝道師

他の記事も読んでみる

野村克也

公然と「俺は個人の成績のために頑張る」と豪語する人間を「立派な目標だ。力を貸してやろう!」と、周囲が本気で思うはずがない。勝手な目標は組織の和を乱し、勝負の足を引っ張ることになる。ライバルに勝つ。個人の好成績を目指す。大いに結構だが、それは胸に秘めておくべきだ。あくまでチームの目標が第一なんだよ。その結果として個人の目標、成果がついてくるんだ。会社と社員の関係でも似たところがあるんじゃないか。


ウィル・ロジャース

私が彼と会ってお喋りができたなら、彼の中に興味有るところと人間のいたわり合う気持ちを見出すことだろうと請け合う。というのも私は嫌いな人とまだ会ったことがないからだ。あなた方が人と会うとき、どんなに先入観を持っていたとしても、彼等に会ってその観点や人間性を見た後では、彼等全ての中に多くの良いことを見出すことができる。
【覚書き:上記はソ連の政治家トロツキーについて語った言葉】


佐々木常夫

私自身は8割褒めて、2割叱るようにしていました。基本は褒めるのですが、ときに叱ることをしないと緊張感を失ってしまうからです。ただ、褒めるにしても叱るにしても、本気で部下と向き合わなければ、部下の心は離れてしまいます。


小川淳司

基本的に、レギュラーで出ている選手には気を遣う必要はありません。出られない選手の方にすごく気を遣います。野球というのはレギュラーだけでは勝てませんから。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

私は場所さえあれば身体を横たえて休みます。神経と内臓の疲れを取るためです。目を閉じ、目と脳を休めることは、神経の疲れに手っ取り早く効きます。また、横になると全身が心臓と同じ高さになり、血液がすみずみの臓器まで流れやすくなります。血流の改善は、身体の各部位に滞った疲労物質を洗い流し、内臓への血流も増加させます。とくに疲労との関係が深いのが肝臓。身体の毒素である疲労物質や不純物は、肝臓に集まって分解されます。横になることで、肝臓の血流が約30%向上すると言われています。


冨安徳久

社内での講演も含めれば、年間100回くらいは話していると思います。学校から依頼が来ることもしばしば。本当に変わろうとしている人は、話など聞かなくても自ら変わっていくから良いのですが、何かきっかけが必要な人もいます。そうした中、学校の授業において私の講演を聞き、生徒のうち何人かにでも何か気付きを与えられたなら、そしてその方の人生が変わったなら、私が講演した意味があるというものです。講演では、命が限られた時間なのだと教えることに意義がある。ですから、私は学校に向けた「命の授業」を、会社の社会貢献活動として取り組んでいます。


青木康晋

ずっと社内で、「正確な情報、信頼に足る情報を載せた雑誌や本をつくれ」と言ってきました。そこをないがしろにすると、どんな媒体であれ、滅びると思います。


太田彩子

目先の「小さな負け」に落胆せず、「最後に勝つ」ことを見据えていれば、感情は揺らがないもの。


森本紀行

すべて後講釈であり、そんな議論は時間の無駄。なのに、みんなが妙に納得してしまうから始末が悪い。「たら」「れば」の議論や後講釈の無意味さに気づけば、意思決定をする際に縛られるものがなくなります。


大隈重信

大隈処世五訓

 何事も楽観的に見よ。
 怒るな。
 貪るな。
 愚痴をこぼすな。
 世の中のために働け。


澤田秀雄

私も人間ですから、判断ミスをすることも失敗もあります。私のやり方がすべて正しいわけではありません。20年前には正しかったやり方も、今は正しくないということも結構あります。一つのやり方にとらわれず、時代に合わせて創造・変化・発展させていってほしい。


永井浩二(経営者)

証券業はこの十数年で急速に複雑化してきました。これまでは株や債券の売買や発行を仲介して手数料をいただくビジネスが中心でした。ところが現在では、企業合併や買収、巨額の資金調達など証券会社の果たす役割は大きく広がっているうえ、海外との取引を希望するケースも増えています。当社でも高度で専門的な知識をもつ人材を育ててきました。専門性を高めることは重要です。しかし、自分の業務に責任感をもつあまり、部署ごとにしきたりやルールをつくるようになる。すると他部署の干渉を遠ざけ、異物を排除するようになる。私はずっと「これはおかしいぞ」と感じていました。