名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

デイビッド・セインの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

デイビッド・セインのプロフィール

デイビッド・セイン。米国生まれの語学指導者、翻訳家。カリフォルニア州アズサパシフィック大学で社会学修士号を取得。証券会社勤務などを経て、来日し翻訳家・通訳・英会話講師として活動。エートゥーゼット英語学校校長を務めた。また多数の英会話関連の本を執筆。

デイビッド・セインの名言 一覧

少々間違ったり、失礼な言い回しであったりしても、心をこめて笑顔で言えばそんなに大きな問題にはなりません。一生懸命英語を話している日本人に対して、ネイティブも一生懸命理解しようとしています。だから間違いを恐れず、笑顔で話してみてください。


日本人がよく使うけれど英語にはない表現について。「お疲れ様です」「お世話になっております」などがそうですね。日本では礼儀として、失礼のないように行う挨拶の表現が、ネイティブ圏にはないんです。なぜかというと、アメリカやヨーロッパは人の移動が多いという歴史的な背景があり、失礼かどうかということよりも、安全な人間かどうかということのほうが大事になるからです。だから、HiとかHmとか、表現は何でもいいので、目が合ったら常に、怒ってないよ、安全だよ、という合図を送ること自体が大切なのです。ぜひ、これも実践してみてください。


「自信がついたら英語を使おう」なんて思わないでください。僕は25年以上も日本で暮らしていますが、いまだに知らない日本語はあるし、自信なんてないですよ。だけど、それを自分の壁にせず、どんどん話すことでしか、言葉は使えるようにならないのです。


発音をすごく気にするのも日本人の特徴です。でも、英語の発音は実はものすごくいい加減。ネイティブは辞書の発音記号とは全然違う発音をします。それでも通じるのです。日本語では同じ「ハシ」でも発音が少し変わるだけで「橋」になったり「箸」になったりしますが、そんな英単語はほとんどありません。


わからないときほど自分からどんどん話すべきです。“What?”と聞き返せば相手はもっと簡単な言葉で言い換えてくれるはず。黙っていたら、相手はこちらが理解していると思い、英語のレベルをさらに上げますから、ますますわからなくなってしまいます。


日本人は、会話の中で知らない単語やフレーズが出てくると、「わからない」と諦めてしまいます。でも、ネイティブだって知らない単語やフレーズはあります。それをネイティブは「たぶん、こんなことを言っているのだろうな」と推測しているのです。日本人もそうすれば良い。日本人は英語を完璧に理解したがりますが、もっとファジーで良いのです。


英語の本を読むとき、ただ意味を理解するだけでは、単なる知識の勉強になってしまいます。そうではなく、「この考えは素晴らしい!」「これはちょっと違うでしょ」などと、著者と会話をしながら読むのです。これもコミュニケーションの練習になります。


デイビッド・セインの経歴・略歴

デイビッド・セイン。米国生まれの語学指導者、翻訳家。カリフォルニア州アズサパシフィック大学で社会学修士号を取得。証券会社勤務などを経て、来日し翻訳家・通訳・英会話講師として活動。エートゥーゼット英語学校校長を務めた。また多数の英会話関連の本を執筆。

他の記事も読んでみる

宮田矢八郎

理念が大切なのは否定しようもありませんが、経営は、まず戦略から始まる。


井上勝弘

料理番組はたくさんあるから、ランチを取り上げるだけでは面白くない。ならば、様々な人間関係のドラマが繰り広げられている、ランチの裏側に注目しようと考えました。誰を誘い、どの店に行き、そこでどんな会話をするか。その場面をのぞいてみたいと思ったんです。
【覚え書き|人気番組「サラメシ」の企画について】


石田宏樹

中学生の時は、絵が得意な友人、音楽ができる友人を集めてゲームをつくってパソコン雑誌に投稿したこともあります。その時に、一人だと不可能なことも、組織だと可能性が広がることを学びました。


池田千恵

実は私自身が早起きを始めたのは、上司に対する「クソー、今に見てるよ」っていう思いだったんです(笑)。「あなたは会議に出ても意味ないから掃除してて」と会議に出してもらえなかったのが悔しくて、仕事ができる人になりたくて朝に勉強しようと……。すると、夜思い悩んでいたときは、上司の言い方が頭にくるとか、口の曲がり具合がいやだとか、感情が渦巻いて出口が見つけられなかったんですが、翌朝、上司に言われたことを一字一句紙に書き出してみたら、冷静に受け止められたんですね。「上司が言うのももっともだ」と。


木村皓一

創業当時からいいブランドを買えるお客さんにしか、自分の製品は使ってほしくないと思っていました。とにかくブランド力が大事、ということで、ブランドづくりにこだわりました。最初からあつかましかったんです。


永守重信

どんな規模になっても、経営者の仕事は人をつくること。


小宮山宏

年齢が若く、優秀な人ほど議論するのを怖がる傾向があると、この頃とくに感じています。それは、言い負かされるのが嫌だからです。


ピーター・リンチ

買った株が上がったということだけであなたが正しいということにはならない。買った株が下がったということだけで、あなたが間違っていたということにもならない。ストーリー(勝因と敗因)をチェックするのをやめ、自己満足するような勝者にはならないでもらいたい。


坂本孝

いときも悪いときも試練が襲って来る。謙虚に生きていきたい。


丹羽宇一郎

私が幕末の人物で最も注目するのは西郷隆盛です。吉田松陰とは違うタイプの指導者で背中で語る人物といいますか。その生き方を見て、若い人たちが心酔していたように思えます。権力者から扱いにくいと思われるような人間だからこそ、改革者になりえたと思います。


宮内義彦

現在では人事評価を少しでも間違うと、優秀な人材が会社からいなくなる可能性が高くなっています。人事評価は「真剣勝負の時代」になりつつあります。正しい評価に基づいた報酬制度にしないと、他社でもっと良い処遇を受けられる自信のある社員や実際にそういう実力を持った社員は、次々と会社を辞めていくかもしれません。


坪田信貴

義務教育では致し方ない面もあります。しかし、せめて高校からは個性に根差した教育をすれば、勉強に付いていけないことで学校が嫌になって不登校になるような生徒は、いなくなるのではないでしょうか。