デビッド・アレンの名言

デビッド・アレンのプロフィール

デビッド・アレン。米国の企業生産性向上コンサルタント。仕事向上のためのテクニックGTDの提唱者。仕事の技術についての著作多数。主な著書に『ストレスフリーの仕事』ほか。

デビッド・アレンの名言 一覧

今やるべきことだという強い確信を持つことができれば、何のストレスもたまらないはず。


少し前に、人は方法よりも、その背後にある人間のパーソナリティーに興味を抱きやすいことに気づいた。


デビッド・アレンの経歴・略歴

デビッド・アレン。米国の企業生産性向上コンサルタント。仕事向上のためのテクニックGTDの提唱者。仕事の技術についての著作多数。主な著書に『ストレスフリーの仕事』ほか。

他の記事も読んでみる

高橋興三(経営者)

大きな事業でなくていい。1事業で1兆円売り上げるよりも、100事業で100億円ずつ売り上げる方が強い。


内藤加奈子

そもそも、買った商品がダンスの肥やしになってしまったら、買い物は失敗したのと同じ。そうならないよう、たとえお客様がご購入を決めたあとでも、「同じようなものをお持ちではありませんよね?」などと確認します。それから、コーディネートに困らないよう、着方のバリエーションもいくつかご紹介します。


石川康晴

クロスカンパニー創業のきっかけは14歳のときに「将来、洋服屋をやりたい」と思ったことが始まりです。当時DCブランドが全盛期で、なけなしのお金でよく洋服を買いに行っていました。店員のお兄さんが言った「そんなに服が好きなら洋服屋をしたらいいんじゃないか」という言葉が心に入り、やると決めて以来、一度もアパレル以外の職を選ぶかどうかで迷ったことがありません。


森山透(経営者)

持ち株会社をつくり複数の会社をぶら下げることも考えました。その方が、統合の苦労は少なかったでしょう。しかし、フルラインで顧客と向き合うために、ひとつの会社になる険しい道を選びました。


西舘代志子(井上好子)

傷ついても言ってあげることは、言ってあげよう。そこまで行かなかったら、友達と言っても意味がないじゃないですか。食べるとか、旅行するとかということで止まっている。それではつまらない。私だったら、取っ組み合いの大喧嘩をする友達がほしいですね。


ヤマシタトモコ

出来事中心のお話も憧れはするものの、どちらかっていうと感情を描くほうが好きだし、得意で。だから感情中心の話にどうしてもなってしまうんです。編集さんはよく私のマンガのあらすじを書けるなあって思うんですよ。読み返してみると、筋がないなっていつも思う。いちおうヤマとかオチとかあるように描いているけれど、こんな話なんですって人に説明しようとしても、言葉がぜんぜん出てこない(苦笑)。


谷田千里

私が先代からバトンタッチした当時、社内は、事業規模が年々縮小する中で、大変重い空気に包まれていました。売上高は、体脂肪計がヒットしたピーク時の半分ほどしかなく、まるで間もなく沈む船という状態。何とか社員の気持ちを上向きに持っていきたいと、「タニタ食堂」事業に乗り出しました。計測器以外の事業に打って出ることで、社員に「会社はそれだけ厳しいのか」という危機感を持ってもらいたいという思いもありました。


ラース・レビアン・ソレンセン

デンマークは国土が小さく、資源も少ない。共存共栄の考え方を持たなければ、生き残れません。そうした点は日本も同じで、米国の企業とは大きく異なる部分だと考えています。


佐藤義雄

保険の営業というのは、そもそも断られるのが当たり前の世界なんです。極端な場合、自分の営業経験ですが、塩をまかれたことさえある。そういう仕事だからこそ、生活するためにお金を稼ごうという意識だけでは長続きしないのです。もちろん、それはそれで大切なことなのですが、それだけではダメなのです。


山口謠司

語彙力は、周囲の人が使う言葉のレベルに影響される。「こんな言葉も知らないのか」と部下を叱るより、上司である自分が正しく品格ある言葉使いをするほうが、教育的効果が大きい。


青野慶久

働き方の多様化は、新たな問題への対応力も生みます。東日本大震災の際、当社では全員が在宅勤務に切り替えて平常通りの業務をこなすことが出来ました。


ヤンシー・ハイ

当社は世界中で、数多くのメーカーやサービスプロバイダーなどとビジネスをしています。お客さまと市場の近くにR&D(研究開発)センターを置くことで、お客さまとのコミュニケーションが活発になり、迅速に対応しています。


サミュエル・スマイルズ

外部からの援助は人間を弱くする。自分で自分を助けようとする精神こそ、その人間をいつまでも励まし元気づける。


澤田貴司

僕にとって大事なのは、「何を食べるか」よりも「誰と食べるか」なんです。「カフェ アンソロジア」は仲間と会うためのお店。月2回ほど足を運んでいますが、大抵知った顔がいますよ。友人同士を引き合わせたり、独身の後輩のために出会いの場をセッティングしたこともあります。集まるメンバーは多彩ですね。スポーツ仲間もいれば、仕事の仲間もいる。


野村克也

ウソといえばそれまでだが、頭を使った駆け引き、詐欺師ともいえる声がけは、自軍には励ましや、勇気づける道具になる。裏を返せば、ウソが下手な正直人間は、部下や周囲をもり立てるのが下手、ということなのかもしれない。


ページの先頭へ