名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

ディーパック・チョプラの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ディーパック・チョプラのプロフィール

ディーパック・チョプラ。アメリカの医学博士。心と体の健康をテレビやラジオで訴え続けている人物。米国内科医大特別研究員、国際臨床内分泌学会会員、ケロッグ経営学大学院非常勤教授、米国内世論調査とコンサルティングの先駆けであるギャラップ社の上席研究員。

ディーパック・チョプラの名言 一覧

健康とエネルギーは深い眠りの結果であり、深い眠りは活気ある活動の結果なのだ。


ディーパック・チョプラの経歴・略歴

ディーパック・チョプラ。アメリカの医学博士。心と体の健康をテレビやラジオで訴え続けている人物。米国内科医大特別研究員、国際臨床内分泌学会会員、ケロッグ経営学大学院非常勤教授、米国内世論調査とコンサルティングの先駆けであるギャラップ社の上席研究員。

他の記事も読んでみる

恩田昭子

営業マンの方などでも、電話で意識的に「印象良く話そう」としている人はあまりいませんね。対面は笑顔や身振り・手振りで表現できますが、電話は声と言葉だけなので、聞くことに集中する分、その影響力は大きいんです。相手が目の前にいると思って声を出して欲しいんですよ。そうすると声が活き活きとしてくる。


古田貴之

キーワードは「ものづくり」ではなく「ものごとづくり」。「ものごとづくり」とは、技術に加え、それを動かす人たちの訓練、運用体制まで構築すること。


八ツ井慶子

50代は人生の最後の貯めどき。老後資金設計をきちんと行いたい年代です。50歳以上になると「ねんきん定期便」に老齢年金の見込み額が記載されます。また、退職金の額、子どもの教育費、住宅ローンの残高などいろいろなメドが立ってくる。自分のリタイア後を見据えて、それまでにあとどのくらい貯められそうかなど、プランニングがしやすくなります。


東和浩

社長の仕事で大事なのは、やはり現場を正確に把握することだと思います。初めに現場ありきというのがスタートラインにあり、銀行の営業店と顧客の実態の把握が欠かせません。


斉藤定一

技術を力に事業の多角化を推し進めて、グループとして様々な変化に柔軟に対応できる体制を築いています。今後はグループ企業間の連携をより積極的に図ることでシナジー効果も生み出していきたいと考えています。


石川光久

僕は自分を「鏡」だと考えています。頼みごとに来る人は、その人なりに僕の言葉を理解するわけです。人によってそこに温度差が生じるのは確かです。楽ばかりして逃げていた人にはそれだけしか反射しないし、本当に自分で頑張ってきた人には、ちゃんとその通りに反射しています。頼ってこられたら真摯に向き合いますが、最後は相手の器次第です。


石川康晴

僕は、「自分の会社」と思って働いてくれるオーナーシップの感覚を持っている人と仕事がしたい。そういう人の方が、自ら創意工夫して新しいことにもチャレンジしてくれると思うからです。だから、創意工夫をせず惰性で仕事をしたような時は、真剣に叱ります。


似鳥昭雄

私たちは原材料が上がってきたときに逆に値下げしましたが、これは相当なインパクトがありました。これを可能とするためにも準備が必要です。不況に対する準備が差別化につながります。


本田健

経験豊富な人にメンターになってもらうことで、ミリオネアとしてグッと安定感が出てきます。よいメンターと出会えれば、ビジネスゲームをどこで降りて悠々自適の生活に入るのかという問題についても、有益なヒントがもらえるでしょう。「何でも自分で」と考えず、素直にメンターの声に耳を傾けることも、幸せなミリオネアであり続けるためのコツなのです。


佐々木常夫

チームのリーダーが部下に対してやらなければならないのが、仕事を通じて自分が成長したことを納得させることです。自分が伸びていることを実感させることができれば、さらに高い目標に向かっていきます。


藤原和博

リクルートの新人の頃、先輩の仕事を見て印象的だったのが、クレームを言ってくるお客さんを大事にしていたことです。クレームを投げてくるということは、それだけこっちの方を向いているわけで、その気持ちを上手く反転させれば、大きな仕事につながります。ですから、社員は皆、お客さんからクレームがあったと聞くと、新しいプレゼンテーションのチャンス到来とばかりに鞄を持って飛び出していっていました。


倉本聰

永年、物を書く仕事にたずさわってきて、一つだけ判ったことがある。文は武器だということである。愛や悲しみの文を書くならいい。怒りや憎しみで文章を書く時、文字は凶器となって人を刺す。だからそうしたものを書く時は筆者を明確にしなければいけない。筆者が明らかになっていれば弁明でも謝罪でも返すことができるが、筆者が匿名である場合には誰が書いたものか判らないから全世界から誹謗された気になり、心たちまちズンと応えてしまう。僕の友人にはそうした匿名の記述に心の臓まで傷つけられてしまい、危うく自殺しかけたものまでいる。匿名による誹謗中傷は、極めて卑怯にして卑劣な行為である。やるものにとっては軽い気持ちのつもりかもしれないが、やられた者は極めて傷つく。