ディーパック・チョプラの名言

ディーパック・チョプラのプロフィール

ディーパック・チョプラ。アメリカの医学博士。心と体の健康をテレビやラジオで訴え続けている人物。米国内科医大特別研究員、国際臨床内分泌学会会員、ケロッグ経営学大学院非常勤教授、米国内世論調査とコンサルティングの先駆けであるギャラップ社の上席研究員。

ディーパック・チョプラの名言 一覧

健康とエネルギーは深い眠りの結果であり、深い眠りは活気ある活動の結果なのだ。


ディーパック・チョプラの経歴・略歴

ディーパック・チョプラ。アメリカの医学博士。心と体の健康をテレビやラジオで訴え続けている人物。米国内科医大特別研究員、国際臨床内分泌学会会員、ケロッグ経営学大学院非常勤教授、米国内世論調査とコンサルティングの先駆けであるギャラップ社の上席研究員。

他の記事も読んでみる

三浦展

若者はいま、早く成長したがっています。ほかの会社に移ることになっても、そこで通用するように自身のスキルを高めておきたい、と。勤め先がいつ外資に変わってもおかしくない時代です。会社がこの先どうなるのか、確信を持てない。かつてのように、ずっと会社に居続けられるというような安定感はとても抱けません。


藤田晋

BtoC領域はBtoBと価値観がまるで違ったため、一度すべてをゼロにして、自分自身が大きくキャリアチェンジしないと生き残れなかった。


山石昌孝

技術こそが当社の財産。そこへの投資は惜しまない。


山本梁介

客室アンケート・ワースト20以下のホテルへは本社からゴールドチームが赴いて、相談・底上げを図ります。


佐藤可士和

僕の職業はアートディレクターです。仕事は、モノやコトや場所などあらゆる対象を「デザインする」こと。しかし最初は図面も書かず、マウスを動かすこともない。地道なクライアントへのヒアリングから始めます。いわば、デザインを導くための「問診」ですね。社長や責任者はもちろん、現場で多くの社員の方々に話を聞く。「会社の特徴は?」「どんな製品ですか?」「何が優れているのですか?」。アーティスティックでも感覚的でもない。デザインって、実に地道で地味な地点からスタートする論理的なものなのです。


大野直竹

営業員も経営者も、とかく足元の出来事からものを考えようとします。しかし、ビジネスに必要なのは、短期・中期・長期の様々なスパンの視点です。


柳井正

こんな時代にどうやって希望を持てばいいのかと思っているかもしれませんが、希望を持たないと生きていけない。それも、社会にではなく、自分に対して希望を持つこと。


阿久津聡

さまざまな側面からブランド価値を把握するための明確で経時的な指標を持つことが重要です。例えば、ある時点で商品やサービスが売れても、実際にブランドが評価された結果なのかどうか分かりません。また、それはデータとして点でしかない。ブランドの歴史や哲学、商品特性や顧客便益などが、価値ある文脈としてどれだけ顧客に共有してもらっているのか。それらを指標化して、プラットフォームをベースに顧客とやり取りし、データをとっていけば、継続的にブランド価値をモニターし、有効なマーケティング戦略を打ち出すことが可能になると思います。


尾賀真城

こういう本(『炭素文明論 「元素の王者」が歴史を動かす』)をたまに読むんです。自分の好きな分野だけではなくて、科学的なものも、たまに読もうと思いまして。それと食関連の本はけっこう読みますね。『世界史を変えた50の食物』とか、『世界史を変えた50の植物』とか、シリーズがありますよね。


小池百合子

未来の東京をつくっていくわけですから、過去ばかり見て、既得権益にしがみつこうとするような人材はいりません。東京都民にとって今後必要となるものを見越し、それに必要な政策をつくる能力を持つ人。現状に文句をつけるだけではなく、より建設的な注文を出せる人を必要としています。


有馬利男

我々はこれくらいでいいんだと考えて、止まってはいけない。


高田純次

人間の欲求もある意味バランスをとるようにできていて、素直にそれに従っていればバランスよく生きられるはずなんだけど、欲求の方向が一方行だけに傾くと、それを達成したときに燃え尽きてしまう危険がある。


小笹芳央

不器用であるほど、後で大きな花が咲きます。きっとあなたは毎回のように「なんでうまくできないんだろうか」と考えるでしょう。そしてやり遂げるために工夫をするようになる。そうやって量をこなしていくことで、気がついたらコツという名の大きな武器を手にしていることでしょう。


木川眞

変革には象徴的なものが必要です。1400億円を投じて完成した「羽田クロノゲート」はまさに変革の象徴です。日本最大級の多機能物流ターミナル。グローバルに新しいことをやるんだということが社員に伝わっていると思います。


水野敬也

僕はアシスタントたちとのブレストでも書記は自分でやっています。弁当や菓子を買ってきて配ることもあります。先輩後輩の関係にありがちな「いじり」は一切やりません。むしろ僕が、アシスタントたちからなめられるぐらいがいい。萎縮させずに自由に楽しくアイデアを出してもらうことが大事だと思っています。「最近の若者は打たれ弱い。もっと鍛えるべきだ」なんていう言説は、アイデア出しのためにはマイナスでしかありませんよ。


ページの先頭へ