ディラン・トマスの名言

ディラン・トマスのプロフィール

ディラン・トマス(ディラン・マーレイス・トマス)。ウェールズの詩人、作家。「英語で執筆を行う最も偉大な20世紀の詩人のうちの一人」と称された人物。後世の詩人や作家に大きな影響を残した。

ディラン・トマスの名言 一覧

おとなしく夜の世界へ行くな、老年は終わろうとする日に向かって燃え上がり、わめくべきだ。怒れ、怒れ、消えかけた光に。


ディラン・トマスの経歴・略歴

ディラン・トマス(ディラン・マーレイス・トマス)。ウェールズの詩人、作家。「英語で執筆を行う最も偉大な20世紀の詩人のうちの一人」と称された人物。後世の詩人や作家に大きな影響を残した。

他の記事も読んでみる

田川博己

「20代は多少粗削りでもいいから、思い切って仕事に挑戦しなさい」と新入社員によく言っています。20代は責任が発生しないので思い切ってやればいいんです。そして30代になったら徹底的に勉強する。20代に培った挑戦心と、30代の勤勉さが、その後のビジネスマンとしての土台になります。


岡島悦子

私は年収2000万~5000万円レベルの経営人材を日常的に目利きしています。彼らのキャリアを振り返ってみると、30代で勝負の大方はついているように感じます。もちろん、大逆転もありますが、インプットの時期はこの年齢までに終わり、40代になると、もうポテンシャルでは評価してもらえなくなる。


安藤広大

社長が現場に顔を出しすぎることは、百害あって一利なし。マイナス面のひとつは、間の管理職が機能しなくなるということ。社長が一般社員の階層まで降りてコミュニケーションをとるようになると、一般社員は直属の上司ではなく社長を見て仕事をするようになる。そして、社長を上司と認識することで、直属の上司を「自分と同じ社長の部下」だと誤解するようになり、指示を聞きにくくなる。また、管理職も、「社長が直接やってくれるから」と部下の育成、管理に対しての責任が希薄になりがち。


丸山康幸

社長になったときから、私はこのシーガイアの敷地内に住み、現場を歩いて自分の目で現状を確かめました。スタッフに話を聞いて回り、すぐに感じたこと、それは、まじめで責任感の強いスタッフばかりだということです。同時に、もっとお客様を中心にした仕事ができるはずだと思いました。


奥正之

5号(A6)サイズのキャンパスノートをいつも持ち歩き、思いついたことや日々の出来事、思い出したこと、気に入ったことなどを書き込んでいます。経営では言葉が重要な役割を果たすので、社員やお客様に伝えるじーんとくる言葉を書き留めています。きづいたときにサッと書き留めておき、金曜の思索の時間に読み返し、整理し直します。


真弓・ナタリー・ユエン

直観力と洞察力を高めることで、自分にとって意味のある偶然の幸運が日常的に身辺に起こるようになり、ひいては人生のスムーズなサイクルに乗っていきます。


重吉勉

コツコツが、勝つコツ。


宗次徳二

店のチェックのとき、店長がほかのお客様よりも、私に先にカレーを持ってきたことがあります。私は厳しく怒りました。お客様が第一。私に気を使ったりするような、間違った判断はいりません。


南部靖之

社会人として数十年間培ってきたものを生かして、ベンチャー企業を興すという働き方があってもいいと思います。中高年の多くは、アントレプレナーとしての才能を十分持っています。自分の裁量でビジネスを手掛けるというのは、大変魅力的ですよ。


御立尚資

たんに目先の仕事量を調整することが、仕事のスピードを上げるための静的なアプローチだとすれば、大事な仕事を任せられるような立場に自分を高めることは動的なアプローチです。この動的な自己変革が、仕事の質とスピードを高めるには重要なのです。


押井守

残念ながら人は誰も、生まれてくる時代と場所を選べない。僕らはどんなに苦しくても、この時代を生きていかなければならない。


佐藤章(経営者)

就任後、営業や工場、商品企画など全国の現場を回るなかで、「広告が地味すぎる。もっと刺激的なものを」など生々しい意見を多数聞いている。商品のつくり方をはじめ、残すものは残し、変えるものは大いに変えていく。


宮内義彦

良い職場というのは甘い職場という意味ではなく、切磋琢磨しながら自分も伸びていけるところ。


渡文明

文化の異なる国の企業と交渉を行っていくのは難しいものです。かといって迎合するわけにもいきません。主張を明確にしながらも、譲歩できる点はどこかを考えてみる。言うべきことは言いながらも相手のプライドは最大限立てる。それが交渉の肝ではないでしょうか。


伊勢谷友介

幅広い活動ですが、複合的にやることで全体像が見えてくると思うんですよ。幅広く感じますが、何かに偏ると世界観が薄まってしまいそうで、なんかスッキリしないんですね。


ページの先頭へ