名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

ディビッド・ユーゼの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ディビッド・ユーゼのプロフィール

ディビッド・M・ユーゼ。半導体製品のフリースケール・セミコンダクタ・ジャパン社長。米国アイオワ大学卒業。デロイト・トウシュ・トーマツ・インターナショナル名古屋事業所国際部、欧米の無線通信会社アジア太平洋地域CEO(最高経営責任者)、デル株式会社エンタープライズ営業本部グローバルグループ部長、日本AMD社長、EZ-PC社長、フリースケール・セミコンダクタ米国本社副社長などを経て同社日本法人社長に就任。日本在住期間が20年を超える日本通。

ディビッド・ユーゼの名言 一覧

綿密な計画があれば、期待通りの成果が出なかったとしても、その原因を迅速に分析できます。その上でプランを一段と強化し、ビジネス・チャンスを開拓できます。


当社では「OGT!(One Great Team!)」というキーワードを掲げています。これには、「お客様パートナー企業代理店の皆様、そしてフリースケール・セミコンダクタの従業員を含むすべてのステークホルダーがひとつのチームになって、ともに『Win-Win』を実現しよう!」という意味がこめられています。


米国本社に対する透明性を高めるため、全員で取り組んだのが日常の活動状況やその結果のレポート、活動のレビューなどを手短にまとめて積極的に本社に報告することです。この結果、米国本社が日本市場の重要性を認識し、これまで以上に強力な支援を受けられるようになりました。


私が社長に就任してから営業活動に「サイエンス・オブ・セールス」という考え方を採り入れました。科学の世界では、綿密な計画に基づいて実験を繰り返すことで、より大きな成果が生まれます。このプロセスを営業に採り入れたのが、サイエンス・オブ・セールスです。具体的には、精緻なアカウント・プランに基づいて営業活動を展開しながら、新しいことにチャレンジすることです。


特定分野の売上が過大になると、事業運営上のリスクが大きくなります。特定分野に偏らせないことは、開発から市場投入までの時間が分野によって異なることを利用して、品質の要求が高い製品の成熟度を時間をかけて高めることができるという利点もあります。


スピードが勝負です。意思決定が遅い企業は生き残れませんが、早い企業は生き残れるだけでなくグローバル市場で大きく成長できると思います。


企業には技術や財務も必要ですが、最終的には「企業は人なり」です。優秀な人材を積極的に採っていきたいと思います。とくにこれからは優秀な女性を雇いたい。まだまだ日本は男社会ですが、人口も減っていますし、女性の力を活用することが重要と考えています。いったん家庭に入った女性が職場に戻ることは、日本再生にとってもポイントだと思っています。


当社の強みは製品ポートフォリオの広さです。それらの技術を組み合わせて複数機能をより少ないチップに統合することでコストダウンを実現できます。他社には簡単に真似できないことだと思います。


ディビッド・ユーゼの経歴・略歴

ディビッド・M・ユーゼ。半導体製品のフリースケール・セミコンダクタ・ジャパン社長。米国アイオワ大学卒業。デロイト・トウシュ・トーマツ・インターナショナル名古屋事業所国際部、欧米の無線通信会社アジア太平洋地域CEO(最高経営責任者)、デル株式会社エンタープライズ営業本部グローバルグループ部長、日本AMD社長、EZ-PC社長、フリースケール・セミコンダクタ米国本社副社長などを経て同社日本法人社長に就任。日本在住期間が20年を超える日本通。

他の記事も読んでみる

菊川剛

社員にスピードを求める以上、トップである私自身がそれに応える仕事をしなければなりません。会議や打ち合わせの資料は出勤や出張の移動時間を使って読み込むようにして、時間を無駄にしないように努めています。


ドナルド・トランプ

あなたの言葉や行動はすべて重みを持つのだと心にとめておこう。言動は大事だ。事業をやっているかどうかに関係なく、文字どおりあなた自身がブランドなのである。自分が取り組んでいることに本気なら、今から自分の言動に責任を持とう。


佐藤達郎

まずは自分の強みや弱みを認識し、何ができるか考える。自分をマーケティングする視点を持つべき。新しい働き口が成り立つか、会社員のうちに実験的に試し、感触を得ておくことが大切。


塩田武士

デビューしてからの5年間は、一言でいえば、堪え忍んでいました。それまでの8作品も自分なりに一生懸命書いてきたんですが、なかなか部数には結びつかず、文学賞にノミネートされることもなかった。ただ、8作で完全に基礎固めができました。


大西賢

雇用を守るということはリーダーにとって非常に大きな責務だと思います。たとえば今後、10人の要員が8人に減るかもしれない。リーダーはそうしたことを見越したうえで、雇用を守っていかなくてはなりません。


吉田美紀子

ハードルを限界まで低くして、とりあえず一歩踏み出す。そうすれば視界が開けていろんな風景が見えてくるし、情報も入ってきます。介護職に限らずセカンドキャリアを考えている人は、まずは一歩踏み出して損はしません。


宋文洲

日本企業の経営者の平均年齢が高すぎるのもよくないと思います。40代でもきつい会社の経営が、70代で務まるわけがありません。でも、日本の大企業のトップには70代、80代の人もいる。そういう人たちに「会社を変えよう」と言っても、それは無理というものです。だって、新しいことに挑戦できるだけの体力が残っていないでしょ。


一瀬邦夫

不可能なことでもやりきることが大切だ。


佐々木圭一

企画を通したいときや、商品を売り込みたいときには、もちろん企画や商品の内容を充実させることが大切です。でも、多くの場合、内容はすでに十分に備わっています。日本のビジネスマンは、内容を充実させることについては、日々ものすごく努力をしていますから。けれども、残念ながら、内容だけでは相手の心は動きません。それが自分にとってどんなメリットがあるかがわからないからです。だから、伝え方を工夫することが大事。


岩田聡

アイデアのほとんどは失敗します。その中で数少ない成功があるのは、お客様がニコニコ喜んでくださる、というインセンティブがあるからです。とにかく、喜んでもらいたいと思う情熱から作り上がるのだと思います。


牧野正幸

既存のアーカイブを理解し、応用するのが得意な人、「1→100(1を100にする)」タイプは今あるアーカイブをいかに間違いなく、速く応用できるかに力点を置いている。これに対し、「0→1」タイプはアーカイブをそもそも疑い、自分ならではのアーカイブを生み出そうとする。両者は相容れないに決まっておるだろう。しかし世界にはこの2種類の人が絶対必要なのだ。どちらが欠けても社会は良くならない。


吉田松陰

私は最初から、立派な心ある人物たらんとの志を立て、自分を正しくして、天下国家を正しくしようと思っている。もしも、このような生き方をして、それがうまくいかず、無駄な死に方をしたとしても、私は決して後悔はしない。