名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ディビッド・ユーゼの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ディビッド・ユーゼのプロフィール

ディビッド・M・ユーゼ。半導体製品のフリースケール・セミコンダクタ・ジャパン社長。米国アイオワ大学卒業。デロイト・トウシュ・トーマツ・インターナショナル名古屋事業所国際部、欧米の無線通信会社アジア太平洋地域CEO(最高経営責任者)、デル株式会社エンタープライズ営業本部グローバルグループ部長、日本AMD社長、EZ-PC社長、フリースケール・セミコンダクタ米国本社副社長などを経て同社日本法人社長に就任。日本在住期間が20年を超える日本通。

ディビッド・ユーゼの名言 一覧

綿密な計画があれば、期待通りの成果が出なかったとしても、その原因を迅速に分析できます。その上でプランを一段と強化し、ビジネス・チャンスを開拓できます。


当社では「OGT!(One Great Team!)」というキーワードを掲げています。これには、「お客様パートナー企業代理店の皆様、そしてフリースケール・セミコンダクタの従業員を含むすべてのステークホルダーがひとつのチームになって、ともに『Win-Win』を実現しよう!」という意味がこめられています。


米国本社に対する透明性を高めるため、全員で取り組んだのが日常の活動状況やその結果のレポート、活動のレビューなどを手短にまとめて積極的に本社に報告することです。この結果、米国本社が日本市場の重要性を認識し、これまで以上に強力な支援を受けられるようになりました。


私が社長に就任してから営業活動に「サイエンス・オブ・セールス」という考え方を採り入れました。科学の世界では、綿密な計画に基づいて実験を繰り返すことで、より大きな成果が生まれます。このプロセスを営業に採り入れたのが、サイエンス・オブ・セールスです。具体的には、精緻なアカウント・プランに基づいて営業活動を展開しながら、新しいことにチャレンジすることです。


特定分野の売上が過大になると、事業運営上のリスクが大きくなります。特定分野に偏らせないことは、開発から市場投入までの時間が分野によって異なることを利用して、品質の要求が高い製品の成熟度を時間をかけて高めることができるという利点もあります。


スピードが勝負です。意思決定が遅い企業は生き残れませんが、早い企業は生き残れるだけでなくグローバル市場で大きく成長できると思います。


企業には技術や財務も必要ですが、最終的には「企業は人なり」です。優秀な人材を積極的に採っていきたいと思います。とくにこれからは優秀な女性を雇いたい。まだまだ日本は男社会ですが、人口も減っていますし、女性の力を活用することが重要と考えています。いったん家庭に入った女性が職場に戻ることは、日本再生にとってもポイントだと思っています。


当社の強みは製品ポートフォリオの広さです。それらの技術を組み合わせて複数機能をより少ないチップに統合することでコストダウンを実現できます。他社には簡単に真似できないことだと思います。


ディビッド・ユーゼの経歴・略歴

ディビッド・M・ユーゼ。半導体製品のフリースケール・セミコンダクタ・ジャパン社長。米国アイオワ大学卒業。デロイト・トウシュ・トーマツ・インターナショナル名古屋事業所国際部、欧米の無線通信会社アジア太平洋地域CEO(最高経営責任者)、デル株式会社エンタープライズ営業本部グローバルグループ部長、日本AMD社長、EZ-PC社長、フリースケール・セミコンダクタ米国本社副社長などを経て同社日本法人社長に就任。日本在住期間が20年を超える日本通。

他の記事も読んでみる

菊地唯夫

1997年以降、外食産業の市場規模は2割縮小したが、ファミリーレストランはそれを大幅に上回る5割も減少した。料理やサービスなどで出すべきコンテンツをきちんと出せるようにしておけば、ここまで落ち込むことはなかっただろう。回転寿司や焼き肉などの専門店に押され、「ファミレスは終わった」という指摘を真に受け、きちんと投資をしてこなかったことが要因だ。


野田佳彦

大事を成すには、衆知を集めることが何よりも重要になります。ただ、アンケート結果やその数字といった衆知ではなく、一人ひとりの生の声をできるだけたくさん聞き、表情を見ながらやりとりする中で集まる衆知こそ大事にしなければなりません。


アンドリュー・リバリス(アンドルー・リバリス)

私は「ペースを設定する」ことを自分の仕事にした。それによって、他の人たちのやる気を引き出す。とても単純なルールがあるんですよ。私に会う時に、問題点だけを提起して解決策を持ってこない従業員がいたならば、その人にはもう、二度と会うことはない。もう一つのルールは会議をできる限り、短くすることです。行動せずにしゃべりすぎる人が多いですから。個別の打ち合わせなら15分。週1回のチームミーティングであっても、長くて1時間までです。ペースを決めることはとても大切です。


森本千賀子

どんな仕事でも、過去を再現するだけでは成長しない。3年も経つと状況はガラリと変わる。過去の成功体験にしがみつかず、常に「ゼロリセット」を心がけることが大切。


新浪剛史

自らしっかり考えて挑戦して失敗した人には「バッテン」をつけてはいけません。


桐山一憲

重要なのはセグメントによって微妙に異なる消費者の姿を本当に理解することです。我々の事業の基本はそれに尽きるのです。


イーロン・マスク

まずは、起業すること。公算はその後からついてくるもの。


小山田隆(銀行家)

フィンテックは、銀行のビジネスを大きく変えていくだろう。私は、異業種と競争するという認識ではなく、上手に取り込んでいくべきだと考えている。


山崎元

「自分が何を売っていて、誰が顧客であるのか」を真剣に考え、定義しよう。


越智仁

成長するためには、今までの考え方でR&D(研究開発)や事業、製造をしていては勝てない時代になっている。R&Dの考え方、事業への取り組み方を変えるなど、成長の方法論を新たにしていかなければならない。


北尾吉孝

上司から仕事を頼まれたら、必死になって一気呵成に仕事に取り組む、その日のうちに取りかかることが大事です。判断がつかない場合には、一人で悩まずすぐに上司に相談する。私が部下を評価するときに、そういう判断をすぐできるかどうかも重視しています。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

成長は必要です。成長とは何かということを端的に言えば、お客様の数が増えることです。