名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

デアンコウ・ロセン(出杏光魯仙)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

デアンコウ・ロセン(出杏光魯仙)のプロフィール

デアンコウ・ロセン、出杏光魯仙。ロボットエンジニア。ロボットベンチャー「MUJIN」共同創業者兼CTO(最高技術責任者)。ブルガリア出身。幼少期にアメリカに移住。カリフォルニア大学バークレー校卒業、カーネギーメロン大学ロボティクス研究所で博士号を取得。東京大学博士研究員などを経てMUJINを共同創業。

デアンコウ・ロセン(出杏光魯仙)の名言 一覧

リスクを取らねば常に三番手。だから、そこに伸びしろがあるならば、必ずリスクを取らねばならない。賢い人ならば失敗しても学ぶ。だから、マイナスはない。


私自身が技術で社会貢献をするためには何が必要かと考えて出した答えは「一番優秀なビジネスパートナー」でした。当初日本には、それに該当する人物を捜し求めて来たのです。


技術分野でも、いかにリソースを効率的に使うかが重要です。MUJINという小さな組織でもここまで成長してこられたのは、無駄の無い開発を心掛けてきたからに他なりません。


実際に現場で稼働しなければ分からないことがたくさんあります。実際に導入し、24時間稼働して1年間一度も問題が起きなければ、そこで初めて「実績」と呼べるでしょう。


弊社では今でも、どんなに忙しくても展示会に出展する機会を大事にしています。お客様のニーズを吸い上げるまたとない機会であり、今後の開発において糧となること間違いありません。


創業当時に一番怖かったのは、自分の時間を1年間費やして開発した結果、それにメリットを感じたのが1社しかないという事態です。


人類がさらなる発展をしていくためには、今後起こりうる問題や課題に取り組む「時間」をどうやって作り出すかが最も重要なテーマ。


ロボティクス分野では、実際に現場で稼働しなければ分からない、想像もしなかった問題が次々と現れてくる。私たちはその問題にぶつかっても、常に逃げることなく取り組み、改善提案をし、クリアして次に進めることができた。


これからMUJINはどういう方向に進んでいくのか、二人の(共同創業者)間では常に一致している。社員もそのビジョンに引き寄せられた。たとえ製品がなくなっても二人が残ればMUJINは続くと信じている。本質的な強みはそこにある。


お客様がいなければ、技術も企業も育たない。顧客のニーズを汲んで開発をしているか、自分が好きな技術だけを追求しているかでは、全く異なります。学生時代は何も考えず、好きな技術だけを研究していましたが、世の中を良くしていこうと思うのなら、社会が何を必要としているのか理解して行動しなければなりません。たとえ技術力を持っていたとしても、顧客のニーズが分からなければ使い様がありませんからね。


まだアメリカにいた時分、東京大学の研究員になったのですが、研究室で一緒にいた人たちは週に一度帰宅する程度。初めての日、「遅くなったからそろそろ帰ります」と彼らに告げると、「そうですね、では我々も」と言って、机の下の寝袋に入って眠り出しました。これには感銘を受けましたね。「自分の仕事を自分の人生にする」という、志がとても高い方々でした。私は、「これからロボティクス分野に入り、時代の最先端を走り続けるためには、こうした志の高い人たちと一緒にやらなければならない」と心から思いました。


人類が今後発展し、宇宙へ冒険していくためには何が必要だと思いますか。時間です。山積する問題に集中して取り組むための時間こそ、最も重要な資源となります。私たちが日常生活を送るために、地道に働いて支えてくれる人たちがいますが、人間として成長するための時間がどうしても単純作業に取られてしまっています。もっと頭を使って、更に良い製品、次世代に向けた技術の進化に集中してもらわなければなりません。そうして今後のより良い社会を実現していくためにも、ロボットを使っての自動化こそ肝要だと考えました。


デアンコウ・ロセン(出杏光魯仙)の経歴・略歴

デアンコウ・ロセン、出杏光魯仙。ロボットエンジニア。ロボットベンチャー「MUJIN」共同創業者兼CTO(最高技術責任者)。ブルガリア出身。幼少期にアメリカに移住。カリフォルニア大学バークレー校卒業、カーネギーメロン大学ロボティクス研究所で博士号を取得。東京大学博士研究員などを経てMUJINを共同創業。

他の記事も読んでみる

小宮一慶

企業では、若いうちは能力が最も重視されます。また最初は、誰がついていくべき優れた上司なのか、見分けるのが難しいと思います。自分のことを思って厳しいことを言ってくれているのか、無能な上司から嫌みを言われているのか、正しく判断できないケースも多いでしょう。ですので、若いうちは自分の能力を磨くことに集中して、同時に人を見る目を養うことです。


泉谷直木

私の場合は、考え事をする時に手帳を取り出してパラパラとページをめくると、脳にスイッチが入り、自分の頭に叩き込まれた思考の「型」が動き出す。手帳の内容を参照するのではなく、手帳に書いたことが脳を刺激してくれる。


佐々木明子

相手の話すスピードもチェックしたいところ。じっくり考えながら話す方であれば、こちらも質問のスピードを抑えて、あえて間を作ります。逆に速い方なら、そのリズムを邪魔しないようにテンポよく質問を投げていくことが大事。どちらにしても、相手が話しやすい環境を作ることが大切。


山田昇(ヤマダ電機)

全国チェーンに3番4番はありえない。1番2番は利益が出るが、3番は利益がなく、4番はつぶれる。食うか食われるかという競争がまだまだ続くだろう。圧力は厳しかったけれども、あえて先頭を切って風を受けてきたことが、ヤマダの強さにつながった。


秋山豊寛

一回しかない人生を考えたとき、いかに自分の好奇心を満たし、充実感溢れる生活を送れるか。それが退社をした理由のひとつです。
【覚書き|53歳でTBSを辞め、農業生活に入ったときを振り返っての発言】


永瀬昭幸

英語を含め、学習の成果はモチベーションに大きく左右されます。モチベーションを高めるのは目的と、期限や目標設定です。急に海外赴任が決まったとすると、「3か月後にビジネス会話ができるようになっていないと、赴任先で活躍できずに昇進の道も閉ざされる」となれば、目的も期限や目標も明確です。いつ必要になるのかわからない状況でだらだら学習するより、モチベーションは極めて高くなり、上達もしやすいはずです。


柴田励司

私は40歳のとき、過労で倒れました。30代で社長になったため、自分より年上の人や経験が長い人からも認めてもらうには誰よりもたくさん働くしかないと考え、過剰なハードワークを続けたことが原因でした。幸い後遺症もなく、仕事に復帰することができましたが、この経験から「若い頃のように勢いだけで突っ走っていてはダメだ」と痛感しました。


小笹芳央

お客様の要望を解決に導くには「診断」と「変革」という2つのステップが必要です。まず、収入や待遇など社員のやる気に影響を与えるファクターに関するアンケートを社員の方に答えていただき、モチベーションを高める上で何が重要か、何に満足しているか「診断」します。その結果をもとに適切な「変革」を行うのです。


広岡等(廣岡等)

これまでの人生で、私が何より大切にし、強い興味を抱き続けてきたのは「人」そのものです。どうしたらお客様に喜んでいただけるか、お客様に喜ばれる社員をいかに育てるか。このふたつを考えることに、起きている時間のほとんどを費やしてきました。


松井忠三

「下手の考え休むに似たり」。同じ会社の人間が頭を寄せ集めて議論しても、いいアイデアはなかなか出ない。世の中には、自分が悩んでいる問題を既に解決している人や会社が必ずあります。他人の知恵を借りるのも1つの手です。


阿部川久広

ビジネス英語は決して難解ではありません。むしろビジネスの場では、シンプルな英語表現で十分通じる。


山口誠一郎

モットーとしていることは、「変化を恐れず、楽しむこと」です。もちろん、そこにリスクは付きものですが、ベンチャー精神を持って挑み、新しい扉を次々に開いていく。扉の向こうでは必ず成長の可能性が待っています。