名言DB

9419 人 / 110788 名言

デアンコウ・ロセン(出杏光魯仙)の名言

twitter Facebook はてブ

デアンコウ・ロセン(出杏光魯仙)のプロフィール

デアンコウ・ロセン、出杏光魯仙。ロボットエンジニア。ロボットベンチャー「MUJIN」共同創業者兼CTO(最高技術責任者)。ブルガリア出身。幼少期にアメリカに移住。カリフォルニア大学バークレー校卒業、カーネギーメロン大学ロボティクス研究所で博士号を取得。東京大学博士研究員などを経てMUJINを共同創業。

デアンコウ・ロセン(出杏光魯仙)の名言 一覧

リスクを取らねば常に三番手。だから、そこに伸びしろがあるならば、必ずリスクを取らねばならない。賢い人ならば失敗しても学ぶ。だから、マイナスはない。


私自身が技術で社会貢献をするためには何が必要かと考えて出した答えは「一番優秀なビジネスパートナー」でした。当初日本には、それに該当する人物を捜し求めて来たのです。


技術分野でも、いかにリソースを効率的に使うかが重要です。MUJINという小さな組織でもここまで成長してこられたのは、無駄の無い開発を心掛けてきたからに他なりません。


実際に現場で稼働しなければ分からないことがたくさんあります。実際に導入し、24時間稼働して1年間一度も問題が起きなければ、そこで初めて「実績」と呼べるでしょう。


弊社では今でも、どんなに忙しくても展示会に出展する機会を大事にしています。お客様のニーズを吸い上げるまたとない機会であり、今後の開発において糧となること間違いありません。


創業当時に一番怖かったのは、自分の時間を1年間費やして開発した結果、それにメリットを感じたのが1社しかないという事態です。


人類がさらなる発展をしていくためには、今後起こりうる問題や課題に取り組む「時間」をどうやって作り出すかが最も重要なテーマ。


ロボティクス分野では、実際に現場で稼働しなければ分からない、想像もしなかった問題が次々と現れてくる。私たちはその問題にぶつかっても、常に逃げることなく取り組み、改善提案をし、クリアして次に進めることができた。


これからMUJINはどういう方向に進んでいくのか、二人の(共同創業者)間では常に一致している。社員もそのビジョンに引き寄せられた。たとえ製品がなくなっても二人が残ればMUJINは続くと信じている。本質的な強みはそこにある。


お客様がいなければ、技術も企業も育たない。顧客のニーズを汲んで開発をしているか、自分が好きな技術だけを追求しているかでは、全く異なります。学生時代は何も考えず、好きな技術だけを研究していましたが、世の中を良くしていこうと思うのなら、社会が何を必要としているのか理解して行動しなければなりません。たとえ技術力を持っていたとしても、顧客のニーズが分からなければ使い様がありませんからね。


まだアメリカにいた時分、東京大学の研究員になったのですが、研究室で一緒にいた人たちは週に一度帰宅する程度。初めての日、「遅くなったからそろそろ帰ります」と彼らに告げると、「そうですね、では我々も」と言って、机の下の寝袋に入って眠り出しました。これには感銘を受けましたね。「自分の仕事を自分の人生にする」という、志がとても高い方々でした。私は、「これからロボティクス分野に入り、時代の最先端を走り続けるためには、こうした志の高い人たちと一緒にやらなければならない」と心から思いました。


人類が今後発展し、宇宙へ冒険していくためには何が必要だと思いますか。時間です。山積する問題に集中して取り組むための時間こそ、最も重要な資源となります。私たちが日常生活を送るために、地道に働いて支えてくれる人たちがいますが、人間として成長するための時間がどうしても単純作業に取られてしまっています。もっと頭を使って、更に良い製品、次世代に向けた技術の進化に集中してもらわなければなりません。そうして今後のより良い社会を実現していくためにも、ロボットを使っての自動化こそ肝要だと考えました。


デアンコウ・ロセン(出杏光魯仙)の経歴・略歴

デアンコウ・ロセン、出杏光魯仙。ロボットエンジニア。ロボットベンチャー「MUJIN」共同創業者兼CTO(最高技術責任者)。ブルガリア出身。幼少期にアメリカに移住。カリフォルニア大学バークレー校卒業、カーネギーメロン大学ロボティクス研究所で博士号を取得。東京大学博士研究員などを経てMUJINを共同創業。

他の記事も読んでみる

胡厚崑(ケン・フー)

中国には「財散人聚」という言葉があります。財を分け与える者のところに人が集まるという意味です。任(創業者)はこの言葉の通り、社員持ち株制を採用することで優秀な人材を集め、事業を拡大してきたのではないかと思います。


中鉢良治

42歳のとき、米国アラバマの工場に赴任することになりました。自分のコアコンピタンス(核となる価値)は研究開発だと思っていたので、「何で俺が」という思いがありました。しかし、私の美学からいって、人事についてはグズグズ言わないことにしていたので、行きますと即答しました。


田中孝司(経営者)

年に1度、「KDDI解体新書」と名付けた社内の様々な階級からのアンケートを実施しています。12月中旬にまとまった今年度のリポートを見ると、トップのメッセージは伝わっていると実感しています。もちろん、まだ組織の隅々まで行きわたったとは言い難く、改革は道半ばです。


小坂敬

自分の代で終わらせるのではなく、次の世代にバトンタッチしていく使命が私たちにはある。


橘玲

ハンブルク大学のガブリエル・エッティンゲン教授は、人工股関節置換手術を控えた患者を調査しました。患者は、手術によってこれまでよりも、身体の調子が良くなると信じている楽観的な人と、リハビリの困難さや苦痛をイメージしている悲観的な人に分けられました。術後の経過を見ると、意外なことに悲観的だった患者のほうが苦痛を感じることも少なく、回復が早かったのです。楽観的な患者は思い通りにいかない現実を突きつけられた時に、あわてたり落ち込んだりしますが、物事を悲観的に捉える人は、現実と向き合う準備ができていたのかもしれません。


和田裕美

最近は、会話が続かないという人がとても多い気がします。相手の表情を読んで、流れの中で、自然に話をすることが苦手な人が多いようです。でも、生まれたばかりの話すことができない赤ちゃんだって、ちゃんとお母さんの表情を読んでコミュニケーションできるんですから、表情を読む力というのは誰もが本来持っている能力なんです。


村上隆男

海外の工場だと、日本と同じことをしても味が変わります。そのときは、当社が日本の工場のやり方を押しつけるのではなく、現地の技術者の助言を大事にしました。結果として、我々が届けたい味ができれば良いのですから。


逢沢明

訴訟社会・アメリカの影響で、いま日本では「いかに自分の主張を通すか」に興味が集まっていて、雑誌や本でも取り上げられますよね。でもいかに話すかより、いかに聞き上手になるかのほうが戦略としては有効なんですよ。口下手でもいいじゃないですか。


中村獅童(二代目)

今の時代、ネットで情報を集め、自分で資料を読んで、データを分析できる。それも大事だけれど、実際に人と触れ合わないと分からないことも多い。


吉野佳秀

実際の工事を通して検証を繰り返し、新たな技術を確立できるのが他社にない強み。