デアンコウ・ロセン(出杏光魯仙)の名言

デアンコウ・ロセン(出杏光魯仙)のプロフィール

デアンコウ・ロセン、出杏光魯仙。ロボットエンジニア。ロボットベンチャー「MUJIN」共同創業者兼CTO(最高技術責任者)。ブルガリア出身。幼少期にアメリカに移住。カリフォルニア大学バークレー校卒業、カーネギーメロン大学ロボティクス研究所で博士号を取得。東京大学博士研究員などを経てMUJINを共同創業。

デアンコウ・ロセン(出杏光魯仙)の名言 一覧

リスクを取らねば常に三番手。だから、そこに伸びしろがあるならば、必ずリスクを取らねばならない。賢い人ならば失敗しても学ぶ。だから、マイナスはない。


私自身が技術で社会貢献をするためには何が必要かと考えて出した答えは「一番優秀なビジネスパートナー」でした。当初日本には、それに該当する人物を捜し求めて来たのです。


技術分野でも、いかにリソースを効率的に使うかが重要です。MUJINという小さな組織でもここまで成長してこられたのは、無駄の無い開発を心掛けてきたからに他なりません。


弊社では今でも、どんなに忙しくても展示会に出展する機会を大事にしています。お客様のニーズを吸い上げるまたとない機会であり、今後の開発において糧となること間違いありません。


実際に現場で稼働しなければ分からないことがたくさんあります。実際に導入し、24時間稼働して1年間一度も問題が起きなければ、そこで初めて「実績」と呼べるでしょう。


創業当時に一番怖かったのは、自分の時間を1年間費やして開発した結果、それにメリットを感じたのが1社しかないという事態です。


人類がさらなる発展をしていくためには、今後起こりうる問題や課題に取り組む「時間」をどうやって作り出すかが最も重要なテーマ。


ロボティクス分野では、実際に現場で稼働しなければ分からない、想像もしなかった問題が次々と現れてくる。私たちはその問題にぶつかっても、常に逃げることなく取り組み、改善提案をし、クリアして次に進めることができた。


これからMUJINはどういう方向に進んでいくのか、二人の(共同創業者)間では常に一致している。社員もそのビジョンに引き寄せられた。たとえ製品がなくなっても二人が残ればMUJINは続くと信じている。本質的な強みはそこにある。


お客様がいなければ、技術も企業も育たない。顧客のニーズを汲んで開発をしているか、自分が好きな技術だけを追求しているかでは、全く異なります。学生時代は何も考えず、好きな技術だけを研究していましたが、世の中を良くしていこうと思うのなら、社会が何を必要としているのか理解して行動しなければなりません。たとえ技術力を持っていたとしても、顧客のニーズが分からなければ使い様がありませんからね。


まだアメリカにいた時分、東京大学の研究員になったのですが、研究室で一緒にいた人たちは週に一度帰宅する程度。初めての日、「遅くなったからそろそろ帰ります」と彼らに告げると、「そうですね、では我々も」と言って、机の下の寝袋に入って眠り出しました。これには感銘を受けましたね。「自分の仕事を自分の人生にする」という、志がとても高い方々でした。私は、「これからロボティクス分野に入り、時代の最先端を走り続けるためには、こうした志の高い人たちと一緒にやらなければならない」と心から思いました。


人類が今後発展し、宇宙へ冒険していくためには何が必要だと思いますか。時間です。山積する問題に集中して取り組むための時間こそ、最も重要な資源となります。私たちが日常生活を送るために、地道に働いて支えてくれる人たちがいますが、人間として成長するための時間がどうしても単純作業に取られてしまっています。もっと頭を使って、更に良い製品、次世代に向けた技術の進化に集中してもらわなければなりません。そうして今後のより良い社会を実現していくためにも、ロボットを使っての自動化こそ肝要だと考えました。


デアンコウ・ロセン(出杏光魯仙)の経歴・略歴

デアンコウ・ロセン、出杏光魯仙。ロボットエンジニア。ロボットベンチャー「MUJIN」共同創業者兼CTO(最高技術責任者)。ブルガリア出身。幼少期にアメリカに移住。カリフォルニア大学バークレー校卒業、カーネギーメロン大学ロボティクス研究所で博士号を取得。東京大学博士研究員などを経てMUJINを共同創業。

他の記事も読んでみる

榎本博明

マニュアルどおりの定型的な仕事しか与えなかったり、上司が「俺の言うとおりにやればいい」と他のやり方を一切認めない態度でいると、部下はやらされ感しか得られず、やる気を大きく低下させる。


紗栄子

いまの事務所のオーディションを受けたのは中学のとき。じつは私、不合格だったんです。面接で社長から「色が黒いね」「訛りがあるね」といわれたことが気になって。出身が宮崎だから仕方ないけど、それが原因ならなんとか自己改造しなくちゃと心に決めて、その後の1年間はもう必死でしたね。


上田清司

役人は2年で部署が替わっていきます。Aをやっていました。このときはそこで一生懸命やりました。Bに移りました。Bを一生懸命やっています。Aはもう忘れました。そういう組織の中で、全体を見る人がいないからいけないのです。だから、上に立つ人たちがグラフを見て、自分たちの位置がどうなっているかをチェックしてあげればいいのです。トップだけではなくて、課長以上の管理職はみな、そうならなくてはいけない。


澤田秀雄

一回目の失敗で「なぜ失敗したのだろうか」と考え、もう一回チャレンジする。また失敗して、原因を考え直し、もう一回チャレンジする。3回目に成功すれば、最初の2つの失敗は帳消しになる。そして、「成功した」と周りも評価してくれる。失敗したまま止めてしまうから、「失敗」になってしまう。


三木谷浩史

世の中は天才ばかりではない。けれども、改善は誰にでもできる。そして、日々改善を続けていけば、どんな巨大な目標だっていつかは達成できる。つまり、改善は凡人を天才にする方法なのだ。くじけず、うまず、たゆまず、一段ずつ階段を登っていけば、いつかは天才を超えることができる。そう僕は信じている。歴史はそうやって進歩してきたのだから。


迫俊亮

社内にどんな素晴らしい人がいるのかを知り、彼らの心をつかむことができれば、この会社を良くすることはできる。私がスーパーでマルチなスキルや知識や資質を持っていなくても、経営の仕事で結果を出すことが可能になる。社内ばかりでなく、社外にもネットワークを持ち、そこで出会う素晴らしい人たちの心をつかむ。そうすれば、さらに経営の仕事に追い風が吹く。


リン・トゥイスト

私は「ハンガー・プロジェクト」のファンドレイザー(資金調達担当者)として2億ドル以上の資金を集めるかたわら、世界中を飛び回り飢餓と戦ってきました。世界中で数えきれないほどの人々と出会い、それらの人々がお金とどのような関係を築いているかを目の当たりにしてきました。目の見えない小さな赤ん坊を抱えて物乞いをする母親、アメリカ大手食品メーカーのCEO、グアテマラのシャーマン、日本のサラリーマンたち、そしてマザー・テレサやダライ・ラマ法王といつた世界的な精神的指導者まで。そしてお金に支配されるのではなく、お金を正しく使うことが本当の豊かさを教えてくれることを知ったのです。


杉本博司

作品のマーケットにおける値段はこちらには制御できないし、あくまで経済現象でしょう。冷静に受け止めていますよ。昔に安く売った自分の作品が高騰して誰かが何億円も儲けるなんて現象は、作品が捏造されていく現場をみているようで面白いけれども、自分とは別世界の話ですよね。いわゆる金融不況の前までのアートマーケットというのは、ほとんど賭場のようで「オレンジの先物取引よりも利益率が高い」などという動機からの、芸術そのものが目的ではない投資も多かったですから。


小笹芳央

トップは常に情報をオープンに発信しつづけることが大切です。「次はこの戦略でいく」「こういうことを大切にしよう」ということを全社に対して伝えます。ですから声を届けるためのメディアをきちんと構築しておく必要があります。


川西勝三

目標が達成されるときは、どのような条件が整ったときなのか、ということを設定する必要があります。目標達成への絶対的条件は何かと考えるのです。それは、日本一という目標をブレークダウンして条件に分けてみるという作業です。


三枝匡

戦略とは競争相手に比べて、自分達がどのように有利な展開ができるかという組み立てです。それをきちんと考え抜かなければいけない。


矢野博丈

ダイソーは、本来ならリピーター客を期待できない業態なんです。商品が1つ数万円するようなお店なら、今月はこれを買って、あれは来月に買ってと何度も来てもらえる。でも、ダイソーは100円ばかりだから、お客さんは1回の買い物で欲しいと思ったものを全部買って、来月には来ていただけないんです。だから新商品を出し続けてきました。そしたら最近はダイソーにもリピーターが付いたんです。何かを買う目的でダイソーに来るんではなく、ダイソーに「新商品は何だろう」と見に来ることを目的としたお客さんが増えてきました。


星野佳路

運営と所有が一体ですと、やはり馴れ合いが起こりやすいと思っています。自分が持っている施設ですので、利益率が多少低くてもいいじゃないか。そういった甘えが出てしまいます。だからこそ、目指すはリゾート運営の達人なのです。


守安功

あまりに簡潔で冷静な物言いをすると、相手に「ぶっきらぼう」だという印象を与えかねません。それを補うのが、テレビ会議システムなどを使った可能な限り顔を合わせてのコミュニケーションです。地理的に離れていると、どうしてもメールベースのやりとりになりがちですが、最初からそれではダメです。


樋口廣太郎

前例がない、だからやる。


ページの先頭へ