名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

テレンス・リーの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

テレンス・リーのプロフィール

テレンス・リー。日本のタレント、軍事評論家、作家、危機管理コーディネーター。神奈川県出身。立教大学文学部史学科在学中、イギリスに留学。その後、傭兵業を経て、作家やテレビタレントとして活動。著書に『戦争病』『俺は戦争下請け屋』『3秒おいて、慌てなさい』『世界陰謀大全(共著)』ほか。

テレンス・リーの名言 一覧

組織は組織を守っても、人を守ってくれるとは限りません。


自分のヤバいネタをつかまれたときの究極の一手は、相手のヤバいネタをつかむことです。冷戦時代の米国とソ連のように、どちらかが発射ボタンを押したら全面核戦争になるぞ、という状態に持っていくんです。清廉潔白そうな奴でも、叩けばホコリのひとつやふたつ絶対に出てきます。普段から「こいつは危ないな」と思うやつがいたら、何に弱いのかチェックしておくといいですね。


心底相手が憎くて、どうしても社会的にダメージを与えたいのなら、刺し違える覚悟でやるべきでしょう。ひどい不正を見つけて正義感から告発する場合でも、最悪、その会社にいられなくなるという覚悟が必要です。大手企業の不祥事でも、内部で騒いだ人間はその直後はよくても、長い目で見ると主流から外されています。


嫌いな相手のスキャンダルを口外すると、やはりその相手を嫌いな周囲の人間から「あいつを追い落せ」とけしかけられることがあります。しかし、そこで大っぴらに潰しにかかると、大騒ぎになればなるほど叩いた側も矢面に立たされます。その結果、嫌いな相手を潰せたとしても、「お前が騒がなければこんな大事にはならなかった」と自分も責任をとらされるケースだってあるわけです。


せっかく上司の弱みを握ったのに、有効活用しないのはもったいないと思うかもしれません。しかし、相手を引きずり下ろしたところで自分の地位が上がるわけではありません。気分はいいかもしれませんが、多くの場合、上司を追い落しても自分の得はなりません。


些細なことであっても、相手からすると「知られたくない秘密を知られている」ことは心の重みです。その状況が継続する苦しさは創造に難しくありません。だから、本当に復讐してやりたいくらい憎んでいる相手であればあるほど、ネタを握ったまま何もせず、涼しい顔をしていた方がいいんです。相手は「いっそひと思いにとどめをさしてくれ!」と心の中で苦しむことでしょう。


もし私が嫌いな奴のヤバいネタをつかんだら、たださりげなくその事実を伝えるだけにとどめます。あとは何もしません。相手に何か要求したり、誰かに話したりもしない。「俺もネタつかんでるぞ」と知らせるだけで充分です。「俺は何をすればいいんだ?」と相手から聞かれたら、平然と「いや、別に何も」と答えればいい。そうすれば向こうが勝手にいろいろ反応します。ヤバいネタを材料に具体的な見返りを求めたら恐喝になってしまいます。それよりも、向こうに勝手に配慮させ、勝手に動いてもらうのが一番いい。


テレンス・リーの経歴・略歴

テレンス・リー。日本のタレント、軍事評論家、作家、危機管理コーディネーター。神奈川県出身。立教大学文学部史学科在学中、イギリスに留学。その後、傭兵業を経て、作家やテレビタレントとして活動。著書に『戦争病』『俺は戦争下請け屋』『3秒おいて、慌てなさい』『世界陰謀大全(共著)』ほか。

他の記事も読んでみる

鍵本忠尚

組織が大きいと、組織を説得するところにエネルギーを取られてしまいます。一方、ベンチャーは創薬に納得している人しか入らないので、「この薬、どうですか」などという稟議はいらない。シリコンバレーでそのことを学びました。


伊藤保次郎

これからの私は、できるだけ若い人たちのためにお役にたちたいと願っている。それには、なによりも結婚の世話と就職の協力だと思っているが、結婚の世話はすでにこれまで30組ぐらいにのぼっている。


ジェリー・ドリザス

我々は日本が特殊なマーケットだとは考えていません。


バイロン・ウィーン

多くの株主は業績回復を待てるほど辛抱強くはないかもしれない。確かに悪材料で急落した後、株価が少し持ち直すことはある。しかしそんな企業と長く付き合うには、ほかのところで十分な利益を出せるくらいの余裕があるか、よほど辛抱強くなければ無理だ。


泉谷直木

社長の仕事は毎日が挑戦の日々です。重要問題を先送りしてサボったら、結局、リスクが手に負えないほど大きくなってしまう。


柳弘之

ヤマハらしさのひとつは独創性。我々は、業界の中で新しいカテゴリーを作るチャレンジを続けてきた。


田原総一朗

使命感や志で結び付いた組織や人間は、時に数字でははじき出せない奇跡を生み出すもの。僕たち日本人の先輩はそんな奇跡を生み出すことで難局を乗り越えてきた。


田中優子(江戸文化研究者)

他校の見習った方がいい点は参考にしますが、個性が違うから競争しても仕方ありません。学生はその個性の違いの中で、本学を選んでいます。だったら競争するのではなく、まず自分たちの個性をきちんとつかんで発信し、法政大学はこういう大学ですときちんと表現することが大事なんです。


江上剛

振り返ると、私は新人の頃からKY行員でしたね。たとえば、入社1年目の直属の上司が、「自分は絶対正しい」と仕事のやり方を押し付けるパワハラ上司でした。周囲の人は逆らわずに言うことを聞いているのに、私は「これでいいんですか? このやり方ではお客様に迷惑がかかりますよ」とたてついていました。「対案はあるのか!?」と聞かれ「明日までに考えます」と持ち帰っていましたね。もっとも、上司の案の良さに気づき、翌日「いやあ、課長、いいこと言ってますね!」などと言う始末。「このバカヤロー!」と怒鳴られていました(笑)。


新田信行

いろいろな中小企業の社長さんと話をしていると「新田さんは変わっているよな」とおっしゃるので「どこがですか?」と聞くと「金融機関の人にしては珍しい」と言われました。そこで「私を金融機関の人と思うからおかしくて、350人の中小企業の社長だと思ってください」と申し上げました。私のやっていることは社長さん達が普通にやっていることです。おかしいとしたら金融機関の方です。


前田祥子(経営者)

人間、必死になると知恵が出るもの。


所ジョージ

人生は「完成形」よりも「成長形」が大事。最初から成功のイメージを追いすぎて、何もしないんじゃ面白くないよね。