テレンス・リーの名言

テレンス・リーのプロフィール

テレンス・リー。日本のタレント、軍事評論家、作家、危機管理コーディネーター。神奈川県出身。立教大学文学部史学科在学中、イギリスに留学。その後、傭兵業を経て、作家やテレビタレントとして活動。著書に『戦争病』『俺は戦争下請け屋』『3秒おいて、慌てなさい』『世界陰謀大全(共著)』ほか。

テレンス・リーの名言 一覧

組織は組織を守っても、人を守ってくれるとは限りません。


自分のヤバいネタをつかまれたときの究極の一手は、相手のヤバいネタをつかむことです。冷戦時代の米国とソ連のように、どちらかが発射ボタンを押したら全面核戦争になるぞ、という状態に持っていくんです。清廉潔白そうな奴でも、叩けばホコリのひとつやふたつ絶対に出てきます。普段から「こいつは危ないな」と思うやつがいたら、何に弱いのかチェックしておくといいですね。


心底相手が憎くて、どうしても社会的にダメージを与えたいのなら、刺し違える覚悟でやるべきでしょう。ひどい不正を見つけて正義感から告発する場合でも、最悪、その会社にいられなくなるという覚悟が必要です。大手企業の不祥事でも、内部で騒いだ人間はその直後はよくても、長い目で見ると主流から外されています。


嫌いな相手のスキャンダルを口外すると、やはりその相手を嫌いな周囲の人間から「あいつを追い落せ」とけしかけられることがあります。しかし、そこで大っぴらに潰しにかかると、大騒ぎになればなるほど叩いた側も矢面に立たされます。その結果、嫌いな相手を潰せたとしても、「お前が騒がなければこんな大事にはならなかった」と自分も責任をとらされるケースだってあるわけです。


せっかく上司の弱みを握ったのに、有効活用しないのはもったいないと思うかもしれません。しかし、相手を引きずり下ろしたところで自分の地位が上がるわけではありません。気分はいいかもしれませんが、多くの場合、上司を追い落しても自分の得はなりません。


些細なことであっても、相手からすると「知られたくない秘密を知られている」ことは心の重みです。その状況が継続する苦しさは創造に難しくありません。だから、本当に復讐してやりたいくらい憎んでいる相手であればあるほど、ネタを握ったまま何もせず、涼しい顔をしていた方がいいんです。相手は「いっそひと思いにとどめをさしてくれ!」と心の中で苦しむことでしょう。


もし私が嫌いな奴のヤバいネタをつかんだら、たださりげなくその事実を伝えるだけにとどめます。あとは何もしません。相手に何か要求したり、誰かに話したりもしない。「俺もネタつかんでるぞ」と知らせるだけで充分です。「俺は何をすればいいんだ?」と相手から聞かれたら、平然と「いや、別に何も」と答えればいい。そうすれば向こうが勝手にいろいろ反応します。ヤバいネタを材料に具体的な見返りを求めたら恐喝になってしまいます。それよりも、向こうに勝手に配慮させ、勝手に動いてもらうのが一番いい。


テレンス・リーの経歴・略歴

テレンス・リー。日本のタレント、軍事評論家、作家、危機管理コーディネーター。神奈川県出身。立教大学文学部史学科在学中、イギリスに留学。その後、傭兵業を経て、作家やテレビタレントとして活動。著書に『戦争病』『俺は戦争下請け屋』『3秒おいて、慌てなさい』『世界陰謀大全(共著)』ほか。

他の記事も読んでみる

出光佐三

門司に出て石油の店を始めた。それまでは小麦をやっていたのを、なぜ石油にしたかというと、潤滑油は毎月売れるからだ。衣食足りて礼節を知るというから、まず衣食の道だけは決めてかからねばならない。それには潤滑油みたいに毎月売れるものをというわけだ。


野口仁

あと3カ月だけ頑張らせてください。それまでに結果を出せなければ考えます。
【覚書き|磁気テープの記録大容量化のカギを握っている磁気体「バリウムフェライト(BaFe)」の研究中止が決まったときの発言。研究打ち切りの1週間前に同磁気体の可能性証明に成功。大容量磁気テープはグーグルなどでも採用された】


板東英二

いろんな商売をしましたが、全部いいところまではいくんです。どうしてかと言うと、僕はじっと観察をして真似をするから。野球でもそうですが、子供は憧れの選手の真似から入りますよね。いまならイチローのバッティングフォームでしょうか。じっと見るうちに、良さがわかる。商売も同じです。うまくいっている理由を分析して、模倣して、さも自分のやり方のようにやると、意外と世間は受け入れてくれる。しかし、世の中っちゅうのは金を払わないヤツが多いんですよ。借りても返さん。どの商売も全部、もう一押しというところで資金が足りずうまくいかなかった。


マイケル・ポーター

事業において最も大切なことは、他社とは違う独特の方法で(顧客や社会の)ニーズを満たすことです。ニーズを満たすことから利益が生まれます。利続が先にあって、その後にニーズがあるのではありません。当たり前のことに聞こえるでしょうが、実際には「どうすれば利益を得られるか」と考えるところから事業を始める人が多すぎる気がします。


森正文(経営者)

経理の透明化にはメリットがあります。私自身は数字に決して強くないけれど、社員の数字感覚が高くなれば補い合えます。会社の運営状況を全員が共有することで一体感も出るし、一人一人が給与に見合った働き方をしようと頑張るようにもなります。弊社のような小さな会社の場合はとくに、組織全体が数字に強くなることで大きな効果を発揮することになると思います。


石原進

私が社長に就任して取り組んだ本業のサービス改善は、特別なことをしたわけではありません。新幹線をもじって「新・感・動・作戦」と名づけて行ったのは、「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」の、いわゆる「5S運動」でした。駅のホームや構内だけでなく、事務室もこまめに清掃する。笑顔での挨拶を徹底するというものです。


犬塚尚美(悠木そのま)

ずっと同じ作業をしていると脳は退屈によって疲れてしまい、作業効率が落ちることがわかっています。だから休みを取ったほうが、むしろ効率がいいのです。


本田有明

武士道を説いた江戸時代の名著『葉隠』には「人材の4タイプ」として、「急急」「だらり急」「急だらり」「だらりだらり」というユニークな分類を記した箇所があります。「急急」とは、理解も早く行動も早いタイプ。「だらり急」は、のみ込みは遅いものの行動は迅速なタイプ。「急だらり」は、すぐ理解したように見えて行動が伴わないタイプ。「だらりだらり」は、のみ込みも行動も遅いタイプ、という意味です。興味深いのは、この分類をした佐賀藩主・鍋島勝茂が「急急の人材は滅多にいない」と指摘している点。大半の人材は「だらりだらり」であり、それを「だらり急」もしくは「急だらり」に育てることが上に立つ者の役割である、と藩士たちに説いているのです。これは、現代にも当てはまるでしょう。


中原淳

耳が痛いことを言って嫌われるのは管理職の役割です。そんな覚悟を持ってフィードバックに臨めば、短期的にはつらい思いをしても、長期的には必ず部下から感謝される日が来るはずです。


澤田道隆

大上段に振りかぶって大きなテーマからいこうとすると、たいてい言葉に詰まってしまう。ちょっとした思いつきや身近な話題から入ったほうが、議論は盛り上がる。


武宮正樹

自分が打ちたい手を素直に打つ。これがなかなかできない。はじめの頃は自分の思う打ち手があるのに、見栄や傍目を気にして「よそ行き」の手を打ってしまう。これ、一番いけないことなんです。自分の打ちたい手を打てば、たとえ間違っていても反省材料になるし、自分でも納得がいく。


吉貴寛良

私はトヨタで生産の効率化を担当してきました。フタバは原価管理の精度向上が急務です。フタバの製品は排気系部品やボディー部品など多岐にわたりますが、製品ごとにどれだけ作れていて、売れているのか、基本的な数字の管理がおろそかになっていたのです。どう改善するのか。例えば今期から、予算はまず製造部門などの現場に立ててもらうようにしました。従来は経理部門の担当でしたが、どうしても前期比ベースでソロバンをはじいていた。モノ作りの現場が自分たちの仕事を考え、自らの責任でお金のことまで決めるようにしたのです。


村瀬治男

ある複写機の営業マンは、その会社のワークフローから人事情報まで、お客様以上に知っているのではないかというぐらいよく知っています。だからこそ、顧客ニーズにぴったり合った提案ができるのです。彼らはまた、お客様の立場になってものごとを考えており、話し方も非常に具体的で明確です。


桜井一紀

もはや、自分の専門分野を磨くだけでは不十分です。たとえばITの世界を例にとると、技術的な部分だけであれば、インドや中国などの優秀な技術者に任せることもできるでしょう。そんな中でも生き残れる人は「自分は職人だから人間関係はどうでもいい」という姿勢ではなく、周囲の人との関わりを築く能力を身につけた人です。


内藤忍

試験のとき、問題を最初から順番に解いていくと時間切れで解けたはずの問題が手つかずになったりしますが、まず全体にサッと目を通して簡単なところから手を付ければ、限られた時間で最大の成果をあげることができます。


ページの先頭へ