名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

テリーザ・メイの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

テリーザ・メイのプロフィール

テリーザ・メアリー・メイ。イギリスの政治家。イングランド・イーストサセックス州出身。オックスフォード大学のセント・ヒューズ・カレッジで地理学を学ぶ。イングランド銀行、銀行共同支払決済機構(APACS)勤務を経て政治家に転身。庶民院議員、枢密顧問官、内務大臣、首相を務めた。

テリーザ・メイの名言 一覧

交渉はいつも交渉です。つまり意見の相違は必ず存在し、私たちもそれらの相違を乗り越えるための努力をする必要があるということ。


自分を信じ、自分らしく生き、そして野心を持つことも重要。


安全対策のカギは、それを常に考え続けること。


人がどれほど成功できるか、人が人生の中で何を成し遂げられるかは、その人の才能や、その人がどれだけ頑張ったかによって決まるべきだ。


テリーザ・メイの経歴・略歴

テリーザ・メアリー・メイ。イギリスの政治家。イングランド・イーストサセックス州出身。オックスフォード大学のセント・ヒューズ・カレッジで地理学を学ぶ。イングランド銀行、銀行共同支払決済機構(APACS)勤務を経て政治家に転身。庶民院議員、枢密顧問官、内務大臣、首相を務めた。

他の記事も読んでみる

澤田秀雄

人間ですから、どんな人でも怒られたらへこたれますよ。でも、「なにくそ!」と「めげながらも頑張る」こと。こういう人は成長します。


瀬戸欣哉

技術とデザインを融合させました。旧INAXには素晴らしい技術はあるけれども愚直であまりデザインに力を入れていませんでした。その点、買収したグローエという会社は、デザインが非常に優れていました。旧INAXの製品に「プッシュ水栓」というものがあります。ボタンを押すだけでシャワーなどを出したり止めたりできるというもので、すごく売れていたわけではありません。ところが、これをグローエがデザインし「スマートコントロール」という名前で販売したら、おしゃれになって飛ぶように売れた。シャワートイレも、これまで欧州では売れていませんでしたが、グローエがデザインして「センシア アリーナ」という商品にしたら、格好良くて生産が間に合わないほど売れたんです。


奥正之

ある支店を訪れた際に、窓口で働いていた女性行員から「本部に問い合わせの電話をしても、様々な部署をたらい回しにされる。私たちの問い合わせの後ろにはお客様がいるのですよ」という鋭い指摘を受けました。幹部行員に聞くだけではわからなかった話です。


エリック・シュミット

マーケティング予算は企業国家アメリカで、最後まで説明のつかない支出である。


榎本博明

自己効力感とは、「自分はできる」という自信。自己効力感があればためらいなく仕事に着手できますが、「無理かも……」と思えば手が止まってしまいます。自己効力感を高めるうえでも、小さな成功体験を積み重ねることが有効。もうひとつ、他人と自分を比較しないことも重要です。他人を意識して劣等感が刺激されると、自己効力感が損なわれる原因になります。


小宮山宏

日本がいま、イノベーションで後れかけていることが一番心配です。原因は既存の産業秩序やシステムが立ちはだかっているからです。なぜ日本で既存のシステムがそんなに強く、新しいものが負けてしまうのかと思わせられる局面が多いですね。


近藤太香巳

プロの世界というのは全部進化していないといけない。そしてそのためには挑戦し続けないといけない。


仲暁子

私が心がけてきたのは、「とにかく地道に言い続ける」こと。歯磨きを毎日きちんと続けていれば、歯は輝きを保つことができるし、虫歯も防げます。社員とのコミュニケーションもそれと同じ。地道にコミュニケーションを取り続けることで、長期的に会社は繁栄する。怠ると、衰退する。そういうことです。


松村理司

日本では「教えると盗まれる」と言う人がいます。それはきちんと教わった経験がないからです。先輩にたくさん教わって育てば、そんな貧しい発想は出ません。教える才能がなさそうな人ですら、教えたくなるものだと実感しています。


井岡一翔

ああすれば勝てた、こうすれば勝てたという試合ではダメだ、確実に勝てる試合をしなきゃ。


福田俊夫

私がメールで問い合わせたことに、イエス、ノーの短文でいいから必ず返事をしてくださいと本社にメールのルールを依頼しました。
【覚書き|氏のこの提案が本社で徹底され、海外本社との連携がスムーズになった】


坂根正弘

「ダントツ」になるために大事なことは、「何かを諦めること・断念すること」。「弱みを克服して平均点を高めよう」とするよりも、「他者の追随を許さない、圧倒的な強みを作る」ことに注力する。こうした「選択と集中」が大切。