テリーザ・メイの名言

テリーザ・メイのプロフィール

テリーザ・メアリー・メイ。イギリスの政治家。イングランド・イーストサセックス州出身。オックスフォード大学のセント・ヒューズ・カレッジで地理学を学ぶ。イングランド銀行、銀行共同支払決済機構(APACS)勤務を経て政治家に転身。庶民院議員、枢密顧問官、内務大臣、首相を務めた。

テリーザ・メイの名言 一覧

交渉はいつも交渉です。つまり意見の相違は必ず存在し、私たちもそれらの相違を乗り越えるための努力をする必要があるということ。


自分を信じ、自分らしく生き、そして野心を持つことも重要。


安全対策のカギは、それを常に考え続けること。


人がどれほど成功できるか、人が人生の中で何を成し遂げられるかは、その人の才能や、その人がどれだけ頑張ったかによって決まるべきだ。


テリーザ・メイの経歴・略歴

テリーザ・メアリー・メイ。イギリスの政治家。イングランド・イーストサセックス州出身。オックスフォード大学のセント・ヒューズ・カレッジで地理学を学ぶ。イングランド銀行、銀行共同支払決済機構(APACS)勤務を経て政治家に転身。庶民院議員、枢密顧問官、内務大臣、首相を務めた。

他の記事も読んでみる


石井力重

頭の概念空間の中で、抱えるテーマと、そこから遠い要素を結びつけて生まれるもの。それが斬新なアイデアであり、ひらめき。


松尾利彦(経営者)

私は、昔からチロルチョコを子どもの菓子にとどまらせず、大人が低価格で楽しめる商品にしたいと考えていました。だからこそ、味にしてもパッケージデザインにしても原価の許せる限り、品質を高め、大人の鑑賞に堪えられるデザインを追求しているのです。


岩澤巌

モデルガンに参入したときも、完成品が当然だった市場で、組み立て式の銃を出しました。価格を5分の1に抑えたものですから、飛ぶように売れました。何か変わったものをつくりたいというのが当社の社風です。


西江肇司

私からすると大阪で商売を始めるのとあまり変わらない。移動時間だって大して差はないし、言語の壁はあるけど、通訳を雇えばそれで交渉はできる。
【覚え書き|アジア各国に積極的に展開している理由を聞かれての返答】


大谷翔平

僕はマイナス思考なんですよ。良かった時より、悪かった試合の記憶のほうが残る。だから弱点が見えたら、しっかり直して塗り潰したい気持ちが強いんです。


沢村一樹

自分でも不思議ですが、僕は居心地がいい時よりも、気が張っているほうがいい仕事ができるんです。どうしてそうなるのか考えてみると、たぶん、居心地のいい場所を飛び出した時って、いつもと違うアンテナがぽんと伸びているからだと思う。周りの人からの声もよく聞けるようになるんですよ。


松井利夫

人を育てる力のある会社は倒産しないと信じてやってきました。人材育成が間違えていれば、会社はつぶれます。だからこそまずは、(セミナーや研修を)私自身が参加して体験してみるのです。


ページの先頭へ