名言DB

9490 人 / 112001 名言

テリエ・ラーセンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

テリエ・ラーセンのプロフィール

テリエ・ラーセン。ノルウェーの社会学者。イスラエルとPLOの和平合意に大きな影響を与えた人物。

テリエ・ラーセンの名言 一覧

めぐり合わせが良かったのです。パレスチナ人も幸運に恵まれたと思います。それというのも、交渉に携わった各人が、展望と勇気、創造性、とりわけ重要な友情を育む力を持ち合わせていたのからです。


テリエ・ラーセンの経歴・略歴

テリエ・ラーセン。ノルウェーの社会学者。イスラエルとPLOの和平合意に大きな影響を与えた人物。

他の記事も読んでみる

石田礼助(石田禮助)

年間50億人という人命を預かる職は、金をもらってやるべきではない。公職は奉仕すべきもの、したがって総裁報酬は返上する。
【覚書き|社会奉仕として国鉄総裁を引き受けたため、給料返上を申し出たときの発言。実際は制度上の問題から完全にゼロにできず、就任当初は月10万円、のちに月に洋酒1本のみを給料として受け取った】


森雅彦

外国人上司の下で働くとなると、まず外国語を心配する人が多いと思いますが、それ以前に大事なことのひとつはビジネスパーソンとしての基本的なマナーを身につけておくことです。どの国の人に見られても恥ずかしくない万国共通のTPOを心得ておくことは大前提でしょう。そのうえで、上司となる人の国について歴史や文化について知識を得ておくことも当然のことです。


西成活裕

私が自然科学の世界に入り、ここまで来ることができたのは、父の影響があったと思います。父は日立製作所に入社してポンプやボイラーの設計の仕事をしていました。父から「勉強しろ」と言われたことはありません。「自由にやっていい」が方針でした。しかし甘やかしとは違います。小学3年生の頃、ラジコンが大流行で、父に「買って」とねだると、「線でつながっていないのに動く理由を説明できたら買ってやる」と言われました。無線や電波の本を借りてきて、いろいろ調べているうちにラジコンのことは忘れ、いつしか電磁気学にひきつけられ、ラジオを自作するまでになりました。父の戦略にはまった感じです(笑)。


茂木友三郎

もともと読書は好きで、昔はいろいろな本を読みましたが、近年は時間がとれず、じっくり読めるのは海外出張の飛行機の中くらいでした。そこで10年ほど前から、20代後半から30代の優秀な若手社員を年に8人選び、定期的に読書会を開いています。8人にベストセラーを含め、毎月4冊ずつ本を読ませ、読書会でそのうちの4人が1冊ずつ内容を発表し、皆で議論するのです。僕はこれで月4冊、本を読んだことになり、いま何が話題になっているのかもわかります。若手社員にとっても勉強になるし、経営者である僕と直接対話することもできるので一挙両得です。


小室登子

安い服をいかに安物ではないように見せるか。ネイルをいかに普通よりも長くもたせるか。これは仕事も同じ。限られた時間でいかによい結果を出すか。その算段を考えて実行するのが、楽しみです。


勝野哲

火力発電の今後に対して強い危機感も覚えていた。省エネ機器の普及もあって電力需要の伸びは見込めず、再生可能エネルギーもどんどん入ってくる。産業構造が変わる中で火力発電の競争力をどう保てばいいのか。JERA(東京電力と中部電力のエネルギー事業の合弁会社)は、こうした課題を乗り越え、親会社の企業価値を高める存在になるはずだ。新しいことにチャレンジしてもらい、国内のみならず海外でも競争力のある会社に育ってほしい。まだJERAはよちよち歩きの状態だが、しっかりと成長させたい。


石浦章一

適当なノートやメモ帳を「ネタ帳」として持ち歩き、気が付いたことを何でも書きとめましょう。ネタ帳は折に触れて読み返すと、そこからビジネスのアイデアが生まれることもあります。また、面白い話を読んだり聞いたりすると、誰かに伝えたくなります。ネタ帳があれば、人前に出るのが苦手な人でも話題が豊富になってコミュニケーション促進の効果があります。


本田圭佑

いざやり始めたら、負けず嫌い精神が出てきたのでしょう、やるからには1番を取りたい。こっち(ビジネス)の世界でも突き抜けたいなとは思っています。


久保田一美

AIなどの技術革新やグローバル化が加速度的に進む時代において、この先何十年も同じ業務を続けられる可能性は極めて低いという自覚が必要です。自分は変わる気はなくても、世の中は容赦なく変わっていく……。変化を自分ごととして捉え、意識を変えなければ、自分の仕事を失うことも考えられるのです。


村井満

読書で何より楽しいのは、書き手や登場人物との対話です。自分の身に重ねては手を止め、目を閉じて触れ合い、語り合うので、1日数ページしか進まないこともあります。でも、それでいいのです。本棚にある厳選された数十冊は、消費する本とは違い、まさに自分を作ってくれるもの。仕事で、初めての人に会ったり、特殊な事象に直面したときに開くと、何かしらフックにかかるものです。


前川孝雄

調整事の経験は、人脈形成につながります。トラブルを防ぐには、誰と話をすればいいのか。プロジェクトを推進するには、誰を説得すればいいのか。そうしたこともわかってきます。難しい依頼をするときも、「うまく部内を調整してくれているあの人の話であれば、聞いてみよう」と思ってもらえるかもしれません。


嶋田毅

有名な数学者の論文を何年かして検証してみたところ、数字が間違っていたということがありました。数学の論文ですら、意外に検証されていないのです。ましてや会社内に出回っている数字が、きちんと検証されているかどうか、怪しいものです。数字を頭から信用せず、それがきちんと検証されているかどうかを確認すべきです。