名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

ティモシー・フェリスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ティモシー・フェリスのプロフィール

ティモシー・フェリス。アメリカのネットコンサルタント。プリンストン大学卒業後、ベンチャー企業勤務を経てサプリメント販売会社を設立。同社で成功したのち、多忙な人生に嫌気がさし、週4時間だけ働くというライフスタイルを確立。著書に『なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?』。

ティモシー・フェリスの名言 一覧

既成概念を打ち破ることは恐怖感を伴うが、一度でも克服するとすごい自信になる。


「いつかやる病」はあなたの夢を墓場まで連れていこうとする。「いつか」やりたいことならば、「いま」それをやろう。


忙しがっているだけの無意味な仕事をやめ、意味のある仕事に取り組むようにする。それによって仕事量は減り、より重要なことに集中して打ち込める。必然的に生産性が高まっていく。


本で読んだ知識や、自分の営業術なども情報としてほしい人がいたら商品になる。


僕はランチの時間に新聞の自動販売機から見える一面の見出しだけ見ている。それで十分。


定年退職は使えない生命保険のようなもの。備えは大切だけど、長年の労働でガタが来た体では、望みはかなわない。


仕事一辺倒ではなく、活動と休息を交互に取る必要がある。人の能力や関心、忍耐力は強弱の波があります。成果があがるときのみ働ける環境を作ることで、人生はより生産的で楽しくなる。


残業がイヤだとか、もっと楽をしたいとか言いながら、みんな自分でやらないと気がすまない人が多いですね。まずはその辺の意識改革から始めていきましょう。


ティモシー・フェリスの経歴・略歴

ティモシー・フェリス。アメリカのネットコンサルタント。プリンストン大学卒業後、ベンチャー企業勤務を経てサプリメント販売会社を設立。同社で成功したのち、多忙な人生に嫌気がさし、週4時間だけ働くというライフスタイルを確立。著書に『なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?』。

他の記事も読んでみる

坂根正弘

学びの成果を「できない理由、ダメな理由」を考え発信するのではなく、「本質に向かって何ができるか」を考え行動する人になってほしい。


坂本史郎

どうせ生きるなら、密度濃く生き、大きく成長したいもの。密度濃く生きるための一つの方法として、受け身ではなく、能動的に働くというやり方がある。


オグ・マンディーノ

あなたの友とは誰か。逆境があなたを飲み込んでいる時こそ、真の友を数える最良の時である。


高橋恭介(経営者)

正当な評価制度の導入は、企業業績が上がるだけではなく、離職防止や採用力アップにも貢献する。


長谷川武彦

私は中国から学んだことがあります。彼らはバイクをコピーして半値以下で作ります。最初、私はこんな半値以下の製品はバイクとは呼べない、そのうち駄目になると思っていました。ところが一向に駄目にならないんですね。なぜか。我々が考えているCS(顧客満足)と中国のCSは異なるからです。安いコピーバイクは品質が良くないから簡単に壊れます。日本人だったら不良品だと文句を言うでしょう。ところが中国では最初から高品質の壊れないバイクなど期待していない。壊れたら直せばいいと考えている。


堀主知ロバート

私は、ITの世界でも「日本が世界からリスペクトされるような足跡を残したい」と思い、事業をしてきた。


荻原博子

保険よりも頼りになるのが家族です。家族に複数の稼ぎ手がいればこれほど心強いものはありませんし、いざとなったら資産を分散して課税を減らすこともできます。これからは、家族力がますます大切になるでしょう。


永守重信

リスクに見舞われたときこそ、経営者は前を見ないといけない。大局観を失わず、恐れずに動くべきだろう。


松本幸夫

その人が心からやりたいと思って残業に打ち込んでいるのなら問題はないのですが、決してそうではなく、たんにそれが習慣になってしまっている人も多いように思われます。必要だから残業をするというよりも、「毎朝8時の電車に乗る」というのと同じ感覚で、「毎晩10時までは働いて帰る」といったパターンが身体に染みついてしまっているのです。


堺屋太一

組織が死に至る病は3つ。

  1. 「環境への過剰適応」。ある社会環境に過剰に適応して発展成長した組織は、その環境が変化した時、対応できずに滅びる。
  2. 「成功体験への埋没」。人間は誰しも一度成功したことを繰り返したくなる。だが状況が変われば前の成功例は通用しない。
  3. 「機能組織の共同体化」。ある目的を達成するために作られた機能組織もできた瞬間から、それ自体の目的を持つ共同体と化す。つまり自らの規模を大きくし、権限を強くし、構成員の居心地を良くしたいと願うのである。これが高じれば、その組織本来の目的よりも、仲間内の共同体的目的が優先されるようになる。

藤本誠之

社長に「永続的に続く夢や、たぎるほどの熱意」があると、結果的に株価上昇につながりやすい。同時に、一歩引いて冷静に判断する姿勢もあると安心して応援できる。


渋谷和宏

文の仕組みを分析して読む習慣が身につけば、自ずと良い文章の構造を意識して書けるようになります。文章は書かなければ上達しないという意見もありますが、闇雲に書いても上達しません。俯瞰的に読みこなす力があってこそ、良い文章が書けるようになるのです。