名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ティモシー・フェリスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ティモシー・フェリスのプロフィール

ティモシー・フェリス。アメリカのネットコンサルタント。プリンストン大学卒業後、ベンチャー企業勤務を経てサプリメント販売会社を設立。同社で成功したのち、多忙な人生に嫌気がさし、週4時間だけ働くというライフスタイルを確立。著書に『なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?』。

ティモシー・フェリスの名言 一覧

既成概念を打ち破ることは恐怖感を伴うが、一度でも克服するとすごい自信になる。


「いつかやる病」はあなたの夢を墓場まで連れていこうとする。「いつか」やりたいことならば、「いま」それをやろう。


忙しがっているだけの無意味な仕事をやめ、意味のある仕事に取り組むようにする。それによって仕事量は減り、より重要なことに集中して打ち込める。必然的に生産性が高まっていく。


本で読んだ知識や、自分の営業術なども情報としてほしい人がいたら商品になる。


僕はランチの時間に新聞の自動販売機から見える一面の見出しだけ見ている。それで十分。


定年退職は使えない生命保険のようなもの。備えは大切だけど、長年の労働でガタが来た体では、望みはかなわない。


仕事一辺倒ではなく、活動と休息を交互に取る必要がある。人の能力や関心、忍耐力は強弱の波があります。成果があがるときのみ働ける環境を作ることで、人生はより生産的で楽しくなる。


残業がイヤだとか、もっと楽をしたいとか言いながら、みんな自分でやらないと気がすまない人が多いですね。まずはその辺の意識改革から始めていきましょう。


ティモシー・フェリスの経歴・略歴

ティモシー・フェリス。アメリカのネットコンサルタント。プリンストン大学卒業後、ベンチャー企業勤務を経てサプリメント販売会社を設立。同社で成功したのち、多忙な人生に嫌気がさし、週4時間だけ働くというライフスタイルを確立。著書に『なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?』。

他の記事も読んでみる

柴田励司

仕事の時間を目いっぱい仕事に使わないということが、逆に仕事の質を上げることにつながります。1日に30分でもいい、忙しいときほど意識して仕事から離れる時間を持つようにするといいですね。


澤上篤人

これから起業する人は、最初の夢や意欲を失わないようにしてほしい。男性に多いのが、会社を大きくしようと意識しすぎて、最初から経理や営業担当などのメンバーを集めて組織を固めるタイプ。しかし、スタート時に固定費を膨らませると、それに見合った売り上げを求めるようになる。短期の利益を追い、それが無理につながり起業時の夢や意欲も薄れてしまう。事業をやりたいのは誰なのでしょうか。やりたいことがはっきりしていれば、仲間なんか要りません。


井阪隆一

仮説を立てて、テスト販売で検証するのが、商品開発の基本。


高橋政史

解決しない問題の多くは、ゴールが不明確なため、取り組むべきことが見えてこないのが原因です。まずは具体的な数字をあげてゴールを設定する。そして現状の重要な事実を3つほど抜き出し、ひとつひとつに、状況解釈と行動提案を見つけていく。そうすると問題が整理され、解決策が見えやすくなります。


志賀内泰弘

「ギブ&ギブ」の考えを基に、自分のできることから相手に与えてあげること。遠回りのようですが、これが人脈をつかむ一番の近道だと思います。


大前研一

世界中で活躍するユダヤ人は、「全員一致の意見はむしろ怪しい」と教え込まれる。大勢に流されがちな日本人は、大いに参考にすべきだろう。


小宮山宏

情報爆発ともいえる現代、自分の頭で考えることの重要性がますます高まっています。自分の頭で考えるにはそれなりの訓練が必要ですが、大前提として押さえておくべきことがあります。課題を指摘するだけの議論はやらない。ある課題と、それに対する自分なりの答えを必ずセットにして考え、答えが提案できない問題提起はしない、ということです。


牧野正幸

念頭に置くべきは、「他責NG」ということ。常に自分が主役となり、現状をブレークスルーするためにはどうすればいいかを考えるのです。


坂根正弘

我々の強さは現場力にありますから、それを失ったら絶対に米国企業に勝てません。現場力を磨いた上で、米国よりもビジネスモデルで先行できれば「鬼に金棒」です。


福沢諭吉

宇宙の間に我が地球が存在するのは、大海に浮かべるケシの一粒というも中々おろかなり。我々の名づけて人間と称する動物は、このケシつぶの上で生まれまた死するものにして、生まれてその生まれるゆえんを知らず、死してその死するゆえんを知らず、よって来たるところを知らず、去ってゆくところを知らず、五・六尺の身体わずかに百年の寿命も得がたし。塵のごとく埃のごとくたまり水に浮沈するボウフラの如し。


浜口隆則

問題が発生した時、自分の中に原因を探す「自責型」と、自分以外に責任を求める「他責型」の2つのタイプがあります。これまで多くの起業家を見てきましたが、「自責」の意識が強く、責任範囲が広い人ほど成功しています。


有田浩之

数字とは「ものごとを正確に理解するための手段」であると私は考えています。日本人は良くも悪くも、曖昧に物事を理解する傾向があり、あうんの呼吸を大切にします。しかし、バックグラウンドが違う人には通じません。すると、数字で表現することが重要になってきます。