ティモシー・フェリスの名言

ティモシー・フェリスのプロフィール

ティモシー・フェリス。アメリカのネットコンサルタント。プリンストン大学卒業後、ベンチャー企業勤務を経てサプリメント販売会社を設立。同社で成功したのち、多忙な人生に嫌気がさし、週4時間だけ働くというライフスタイルを確立。著書に『なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?』。

ティモシー・フェリスの名言 一覧

既成概念を打ち破ることは恐怖感を伴うが、一度でも克服するとすごい自信になる。


「いつかやる病」はあなたの夢を墓場まで連れていこうとする。「いつか」やりたいことならば、「いま」それをやろう。


忙しがっているだけの無意味な仕事をやめ、意味のある仕事に取り組むようにする。それによって仕事量は減り、より重要なことに集中して打ち込める。必然的に生産性が高まっていく。


本で読んだ知識や、自分の営業術なども情報としてほしい人がいたら商品になる。


僕はランチの時間に新聞の自動販売機から見える一面の見出しだけ見ている。それで十分。


定年退職は使えない生命保険のようなもの。備えは大切だけど、長年の労働でガタが来た体では、望みはかなわない。


仕事一辺倒ではなく、活動と休息を交互に取る必要がある。人の能力や関心、忍耐力は強弱の波があります。成果があがるときのみ働ける環境を作ることで、人生はより生産的で楽しくなる。


残業がイヤだとか、もっと楽をしたいとか言いながら、みんな自分でやらないと気がすまない人が多いですね。まずはその辺の意識改革から始めていきましょう。


ティモシー・フェリスの経歴・略歴

ティモシー・フェリス。アメリカのネットコンサルタント。プリンストン大学卒業後、ベンチャー企業勤務を経てサプリメント販売会社を設立。同社で成功したのち、多忙な人生に嫌気がさし、週4時間だけ働くというライフスタイルを確立。著書に『なぜ、週4時間働くだけでお金持ちになれるのか?』。

ページの先頭へ