名言DB

9425 人 / 110833 名言

ティム・ペックの名言

twitter Facebook はてブ

ティム・ペックのプロフィール

ティム・ペック。ワイン・スピリッツメーカー「ペルノ・リカール・ジャパン」社長。オーストラリア出身。アデレード大学経営学修士、サウスオーストラリア大学マーケティング学士。ペルノ・リカール・グループ、オーランドワインズに入社。北米、台湾法人などで要職を歴任したのち日本法人社長に就任。

ティム・ペックの名言 一覧

お互いが納得してこそ、パートナーシップを築ける。


社内に密なコミュニケーションが存在することは、トラブルが起こったときにも強みを発揮してくれる。


様々な文化圏で大きく異なるマナーが存在するのも確かですが、気持ちを伝えること、そして相手を思いやることが重要なのは変わりありません。


日本のビジネスマンは保守的で慎重な人も多く、発言にブレーキがかかりがちですが、自身の情熱をストレートに伝えることが重要なのではないでしょうか。


これはオーストラリアの国民性に由来するかもしれませんが、私はポジティブな話しかしません。「できます」「可能です」ということを伝えるのです。


私にとっての接待は、自己表現の場です。自分のビジネスを最大限象徴し、相手を大事にしたいという気持ちを表現することが重要なのです。


当社の企業風土のひとつとして、分権化を重視していることが挙げられます。これはグローバルカンパニーでは珍しいことですが、個々のグループ会社が、担当するマーケットに関しての全責任を負っているのです。つまり、会社組織自体が、上部組織に相談しなければ何事も決められないという体制ではないのです。


対面で厳くとも、相手を思いやる気持ちを伝えることは可能です。相手の状況に思いを馳せているということが伝われば、それだけで受け手の気分は違ってくる。


一方的な価値観の押し付けになってしまうと、その接待は失敗です。ともに過ごす時間が、お互いにとって最上級のものになるようにしなければいけません。接待はエンターテインメントなのです。


海外赴任が決まったとき、私は必ず現地で生活した同僚に話を聞くことにしています。その国の文化のことを知り、基本的な挨拶ができるぐらいの簡単な勉強もします。


ティム・ペックの経歴・略歴

ティム・ペック。ワイン・スピリッツメーカー「ペルノ・リカール・ジャパン」社長。オーストラリア出身。アデレード大学経営学修士、サウスオーストラリア大学マーケティング学士。ペルノ・リカール・グループ、オーランドワインズに入社。北米、台湾法人などで要職を歴任したのち日本法人社長に就任。

他の記事も読んでみる

西多昌規

本当に仕事がデキる人は、完璧ではない部分を積極的に受け入れて、「頑張り8分目」で動いています。「100%の気持ちでやらないと失敗する」という不安が動機では、どうでもいいことや細かいことにエネルギーを割いてしまい、不安を解消するための行動になってしまうからです。気持ちは8割で十分。そのほうが仕事の全体像を大きく見渡せ、本来の目的(成果を出すこと)からズレずにすむのです。


藤原大

どんなに素晴らしい考え方やアイデアがあっても、それが形にならなければ意味がないし、精緻に仕立てられた服でも、アイデアの力が弱いと魅力的になりません。


鍵山秀三郎

平凡なことを徹底して続ければ、平凡の中から生まれてくる非凡が、いつかは人を感動させる。


日覺昭廣

医療分野で、人工腎臓透析器の販売が伸び悩むという課題を抱えている時期がありました。担当者は病院を攻略するためにいくつもの対策を出してくるのですが、どれも説得力がない。そこで、「既に買ってくれた病院に行って、その理由を聞いてこい」との指示を出したところ、事実の徹底究明からヒントをつかみ、販売を伸ばすことに成功しました。


マーク・マコーマック

それまでにないことができる可能性はあるかもしれないと思った。
【覚え書き|アスリートに対するエージェント事業を思いついたときを振り返っての発言】


中島武

イタリア料理を始めた時、「なんでこんなにお客様が喜ばない料理を出すんだ」と言ったんですね。そうすると調理人はうるさがる。私は素人のオーナーですから。(その後、料理人全員が今日でやめると言い出す騒ぎが起きる。)こんなことは僕にとっては何でもないことなんです。腹をくくっていればね。お店を閉めてしまう一日や二日なんて、人生の中で考えたらなんでもないでしょ?メンツを気にすることはないんです。本当のメンツの方が大事です。


本田圭佑

振り返ると、父親の教育は異色だったなと思います。幼稚園の時はサッカーブラジル代表のペレの白黒ビデオ、小学校1年生のころにはボクシングのモハメド・アリとジョージ・フォアマンの試合を見せられました。映画の『ゴッドファーザー』や『三国志』の本も勧められました。そして、何がすごいかを淡々と語るのです。「本物」を見せるのが父の教育スタイル。材料を示して、僕に選ばせてくれるのです。そして、「やるなら1番になれ」と繰り返し言われました。


満尾正

35歳を超えると、人体のホルモン分泌量は低下し、筋肉量も減っていきます。体力は衰えているのに、若い頃と同じようなライフスタイルを続けていては、せっかくの夏バテ対策も意味がありません。食事でも運動でも、現在の自分に一番必要なものを見極めることができる。真の健康人とは、そういう人のことをいうのだと思います。


明石康

OECDの統計を見ても、我が国は予算をもっと教育費に注ぐべきです。しかしそういうマクロな政策変更を待つのではなく、札幌農学校のクラーク先生を仰ぎ見ながら、私たちもできることはどんどんやります。


ダライ・ラマ14世

起こってしまったことは、どうしようもありません。いつまでも、悲しみに暮れていてはいけないのです。辛いかもしれません。苦しいかもしれません。しかし、前を向いて歩いていくしかありません。