名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ティム・ペックの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ティム・ペックのプロフィール

ティム・ペック。ワイン・スピリッツメーカー「ペルノ・リカール・ジャパン」社長。オーストラリア出身。アデレード大学経営学修士、サウスオーストラリア大学マーケティング学士。ペルノ・リカール・グループ、オーランドワインズに入社。北米、台湾法人などで要職を歴任したのち日本法人社長に就任。

ティム・ペックの名言 一覧

お互いが納得してこそ、パートナーシップを築ける。


社内に密なコミュニケーションが存在することは、トラブルが起こったときにも強みを発揮してくれる。


様々な文化圏で大きく異なるマナーが存在するのも確かですが、気持ちを伝えること、そして相手を思いやることが重要なのは変わりありません。


日本のビジネスマンは保守的で慎重な人も多く、発言にブレーキがかかりがちですが、自身の情熱をストレートに伝えることが重要なのではないでしょうか。


これはオーストラリアの国民性に由来するかもしれませんが、私はポジティブな話しかしません。「できます」「可能です」ということを伝えるのです。


私にとっての接待は、自己表現の場です。自分のビジネスを最大限象徴し、相手を大事にしたいという気持ちを表現することが重要なのです。


当社の企業風土のひとつとして、分権化を重視していることが挙げられます。これはグローバルカンパニーでは珍しいことですが、個々のグループ会社が、担当するマーケットに関しての全責任を負っているのです。つまり、会社組織自体が、上部組織に相談しなければ何事も決められないという体制ではないのです。


対面で厳くとも、相手を思いやる気持ちを伝えることは可能です。相手の状況に思いを馳せているということが伝われば、それだけで受け手の気分は違ってくる。


一方的な価値観の押し付けになってしまうと、その接待は失敗です。ともに過ごす時間が、お互いにとって最上級のものになるようにしなければいけません。接待はエンターテインメントなのです。


海外赴任が決まったとき、私は必ず現地で生活した同僚に話を聞くことにしています。その国の文化のことを知り、基本的な挨拶ができるぐらいの簡単な勉強もします。


ティム・ペックの経歴・略歴

ティム・ペック。ワイン・スピリッツメーカー「ペルノ・リカール・ジャパン」社長。オーストラリア出身。アデレード大学経営学修士、サウスオーストラリア大学マーケティング学士。ペルノ・リカール・グループ、オーランドワインズに入社。北米、台湾法人などで要職を歴任したのち日本法人社長に就任。

他の記事も読んでみる

岩波貴士

会社にいても、会社の外に出ても、稼ぐ力があれば困らない。長く安定収入を確保し、充実した人生を送ることが出来る。


ジャック・アタリ

私は、何か行動したときに何が起こるか、何もしなかったときに何が起こるか、を提示しているのです。


太田肇

褒められ世代に対しては、普段から軽めに叱って免疫をつけていくことが重要です。


兵頭誠之

入社5年目にヨルダンで最初の海外駐在を経験した。自分が入札した発電事業の案件で、現場の所長を任せてもらった。しかし現地は食べ物、飲み物にも事欠く岩だらけの土壌で、日本人はただ1人という過酷な環境だった。そこで3年を過ごして帰国すると、昭和が平成になっていて浦島太郎のようだった。赴任直前に生まれた娘は、見知らぬおじさんが家にいると怖がって抱っこもさせてもらえなかった(笑)。


寺尾玄

扇風機に限らず今の家電製品には、心地良いという視点が欠けています。当社の製品はデザインにも相当こだわっているので「デザイン家電」と呼ばれますが、デザインと心地良さの両立がなければヒット商品にはなりません。


北条晋一

外食産業は非常に競争の激しい業界です。以前は根性だけで何とかなっていましたが、これからはそうはいきません。ただラーメンを作れるというだけでなく、経営者としてのスキルを磨いていくことも必要です。そこで我々が行っているのが、「グロービート・ユニバーシティ」というビジネススクールです。1年半ほど前に社内向け研修としてスタートしたものを加盟店にも開放しました。加盟店オーナーだけでなく店舗で働くアルバイトスタッフなども自由に受講でき、最近は加盟店が店舗内の教育の参考にしたいと参加されるケースが増えています。


張瑞敏

自発的な意欲をかき立てる仕組みさえあれば、従業員一人ひとりが最大限の能力を発揮してくれます。それこそが、最終的に計画以上の結果を出すために必要な要素ではないでしょうか。


岡素之

会社の信用とは、結局、社員一人一人が支えていくものです。毎日の仕事の中で、それぞれの社員が取引先やパートナーに信頼されることがすなわち、我が社の信用そのものなのです。


茂木健一郎

走ることには、身体のコンディションが整ったり、より健康になったりといったメリットがある。さらに、走っている間に、脳がアイドリングして、特別な回路が活性化し、様々な記憶が整理されたり、ストレスが解消されたりといった効果もある。このような「ご利益」は、短い距離でも、あるいは歩いても得ることができるから、ぜひ試してほしい。例えば、仕事に行くときにひと駅前で降りて歩くというのでもいいのである。


涌井雅之(涌井史郎)

先進国、とりわけ日本のような立ち位置にある国というのは、これからどうやって産業を引っ張るのかというと、多分、才能で引っ張る以外にないと私は思っているんです。つまり感性価値。日本から新たなライフスタイルを世界に対して提案する、ということです。


笠原健治

人を紹介してほしいとお願いしたり、業務提携を申し込まれたり、仕事の中で依頼という行為は日常的に行っているものです。依頼状を書く際は、相手の立場になりきることを心がけています。文章の一字一句を見て相手がどんな印象を受けるかを考えるのです。


藤原和博

報酬とは、もちろん仕事の対価として得られるものですが、自分が積み上げてきた信頼と共感の関数=信用度に対して支払われるものでもあります。いくら能力や自信や知名度があろうと、他者からの信用が得られないような仕事の仕方をしていたら、素晴らしい実績を挙げることはできないでしょう。報酬は決して信用度に先立つものではなく、信用度があってこそ手にすることができるものです。