名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ティム・ブレットの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ティム・ブレットのプロフィール

ティム・ブレット。経営者。「日本コカ・コーラ」社長。セント・アンドリュース大学歴史学修士課程修了。ザ・ギネス・グループ、ウォーカーズなどを経て米コカ・コーラに入社。日本コカ・コーラ副社長などを経て社長に就任。

ティム・ブレットの名言 一覧

大改革を実現するためにも楽観性は欠かせない。要するに「素晴らしい現状であっても、それをさらに良くすることはできる」と信じること。


絶えざるイノベーションのためには、常に「今、改善できることに」に目を向けることが大切。私たちは、仕事のやり方をより良くするための方法を探し続けなければいけない。


重要なのは、その利益を上げる方法に重点を置くこと。地域の自然環境やコミュニティーに配慮しなくてはならない。企業は持続可能な方法で利益を出すことが求められる。


地域社会の活性化なくして、企業の成長はない。


リーダーには楽観性が不可欠。よりよい未来、より幸せな未来を約束してくれるリーダーでなければ、誰もついて行きませんからね。


私もまだまだ学ぶべきことは多くあり、日々、優れたリーダーになるための努力をしています。


コカ・コーラは、人々のライフスタイルに変化をもたらすべく、自分で自分のポジションを再構築し続けている。それはつまり、決して古びた存在にならない、ということ。


我々は、ビジネスだけでなく地球や地域にも正しいことをせねばならない。その想いから、使用した水の還元にも力を入れています。


我々の会社は海外から日本に来る人材も多数います。私もその一人です。そこで大切なのは、日本や地域の歴史、文化や仕組みを学ぶこと。


ダイバーシティは大変重要なことです。女性の積極採用は、ビジネスとしてプラスであるだけでなく、社会全体にとって有意義なことです。当社についていえばスーパーで買い物をするお客様の多くは女性です。女性社員が増えれば、それだけ多くのお客様目線を取り入れることができます。


リーダーにはコミュニケーションの能力も重要。ビッグ・ピクチャー(ビジョン)の中で従業員がそれぞれどのような役割を担っているかについて自分の部下に理解してもらうためには、頻繁に対話をすることが必要。


変化を起こすためには、常に健全なプレッシャーが必要。ザ コカ・コーラ カンパニーは中長期成長戦略の中で、今後10年で事業規模を倍にするという目標を掲げており、これはまさに健全なプレッシャーでもあるのです。


地域と上手く交流する秘訣は、その地域が良い時も悪い時も、サポートを続けるということでしょうね。東日本大震災の時に、地域ですぐに必要とされたものは水でした。私たちは速やかに、必要な飲料水を被災地に提供しました。


私たちも社員一人ひとりが地域社会の一員としての自覚を持つ必要があります。工場も、社員も、お客様も、ステークホルダーも、同じ地域社会の中で共存している。そこで認められることから私たちの事業のすべてが始まるのだと思います。


日本市場向けに開発された製品で、世界中に展開されているものも多数ありますし、日本国内においても、我々は地域ごとにローカルボトル会社を持っています。このローカルとグローバルの組み合わせこそが重要だと考えています。


コカ・コーラの強さは、ブランド自体に力があることはもちろんですが、最大の強みは、その素晴らしい人材たちによって常にイノベーションが起こされていることではないでしょうか。実はイノベーションという言葉は誤解をされやすい。イノベーションは新製品の開発だけではなく、たとえば広告などのコミュニケーションの方法、製品パッケージの選択肢を増やすことなど、仕事のやり方の中にもあるのです。


ティム・ブレットの経歴・略歴

ティム・ブレット。経営者。「日本コカ・コーラ」社長。セント・アンドリュース大学歴史学修士課程修了。ザ・ギネス・グループ、ウォーカーズなどを経て米コカ・コーラに入社。日本コカ・コーラ副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

片野坂真哉

関ヶ原の戦いでは徳川家康と石田三成が争いました。結局、勝った徳川家康のほうがリーダーとして優秀であったわけです。お陰で300年もの間、平和をもたらしたわけですから。企業も、業績を悪化させてはならないわけです。「我々はどこへ向かうべきか」を社員に明示して、説得し、奮い立たせて、一緒にゴールまで行かねばなりません。それが、企業にとってのリーダーの姿であると思います。


大坪速男

地道に続ければ、お客様に役立つ会社であり、社員にやりがいのある会社であり、社会に貢献・評価される企業になれる。


高田明(ジャパネットたかた)

ジャパネットにとって生命線になるのが、販売する商品の選び方です。カギになるのは「使いやすさ」です。高齢者でも簡単に操作できる商品が最も適しています。買った商品が届いて、使いにくかったらどうなるのか。説明を求める購入者からの電話がカスタマーセンターに集中して、電話がつながりにくくなります。そうなると、他の商品を買ったお客様からの電話がとれなくなり、ジャパネットというブランドの品質を落としてしまいます。そんな商品は売ってはいけません。


ジャン=パスカル・トリコワ

国によって確かに違いはある。ただローカルな視点で見ると各国で共通している部分が非常に大きいことも分かる。


西田一見

一流の方は成功体験を積んでいるからポジティブ。意識して成功者や一流の人に会いに行くのはいい。本やテレビでもOK。前向きな成功者に触れるだけでも「自分もやれる」と思えますから。


吉越浩一郎

独立後、講演を頼まれることが多いのですが、講演後に面倒な仕事を押し付けられて「引き受けない方が良かった」と後悔することが過去何回かありました。そこで、そうした失敗経験を基に、講演を引き受けるときの事前のチェックポイントをリスト化し、秘書に渡しました。こうしておけば、講演を受けるかどうかをスピーディに判断できますし、あとからトラブルが起こることも防げます。決断のスピードアップという意味では、チェックリストをつくるというのも有効な方法です。


本田宗一郎

社長なんて偉くも何ともない。課長、部長、包丁、盲腸と同じだ。要するに命令系統をはっきりさせる記号に過ぎない。


ロバート・キヨサキ

キムと私は一文無しだった頃から、人生で実現したい目標をはっきり決めていた。毎年、新年を迎えると、お金に関する目標を考え、紙に書きつけた。私の目標は、ファイナンシャル教育を提供する会社を立ち上げ、いくつかのビジネスを築き、石油や不動産に投資することだった。そして毎月、年初めに設定した目標や目標達成のためのプランについて、これまでにどれだけのことを達成できたかを話し合い、互いを励ました。必要なときは、目標やプランの軌道修正を行った。目標達成のために、あらゆる場面で努力した。お金に関して明確な目標を持ち、綿密なプランを立てていたことは、手にしたお金をどう使うか、どの選択肢を選ぶか、どのような契約を結ぶかといった日常の判断に大いに役立った。何より、キムと私は、互いの目標についてよく話し合い、それぞれがこの結婚生活に何を期待しているかを、しっかりと理解していた。


工藤啓

会議で強い印象を残すには「一番いい内容を話す」か「一番最初に発言する」かのどちらか。


本庶佑

超高齢化社会というのは、世界中で日本が最初に経験する特異な社会です。逆に言うと、それは新しいビジネスチャンスになる。


ピーター・ドラッカー

手っ取り早く、効果的に生産性を向上させる方法は、何を行うべきかを明らかにすることである。そして、行う必要のない仕事をやめることである。


佐久間昇二(佐久間曻二)

今では、破産状態の会社の方が社長は引き受けやすいとさえ思っています。経営が順調な会社をさらに良くするのは大変ですし、社員もプライドがあるから聞く耳を持ってくれないでしょう。