名言DB

9412 人 / 110637 名言

ティム・ブレットの名言

twitter Facebook はてブ

ティム・ブレットのプロフィール

ティム・ブレット。経営者。「日本コカ・コーラ」社長。セント・アンドリュース大学歴史学修士課程修了。ザ・ギネス・グループ、ウォーカーズなどを経て米コカ・コーラに入社。日本コカ・コーラ副社長などを経て社長に就任。

ティム・ブレットの名言 一覧

大改革を実現するためにも楽観性は欠かせない。要するに「素晴らしい現状であっても、それをさらに良くすることはできる」と信じること。


絶えざるイノベーションのためには、常に「今、改善できることに」に目を向けることが大切。私たちは、仕事のやり方をより良くするための方法を探し続けなければいけない。


重要なのは、その利益を上げる方法に重点を置くこと。地域の自然環境やコミュニティーに配慮しなくてはならない。企業は持続可能な方法で利益を出すことが求められる。


地域社会の活性化なくして、企業の成長はない。


リーダーには楽観性が不可欠。よりよい未来、より幸せな未来を約束してくれるリーダーでなければ、誰もついて行きませんからね。


私もまだまだ学ぶべきことは多くあり、日々、優れたリーダーになるための努力をしています。


コカ・コーラは、人々のライフスタイルに変化をもたらすべく、自分で自分のポジションを再構築し続けている。それはつまり、決して古びた存在にならない、ということ。


我々は、ビジネスだけでなく地球や地域にも正しいことをせねばならない。その想いから、使用した水の還元にも力を入れています。


我々の会社は海外から日本に来る人材も多数います。私もその一人です。そこで大切なのは、日本や地域の歴史、文化や仕組みを学ぶこと。


ダイバーシティは大変重要なことです。女性の積極採用は、ビジネスとしてプラスであるだけでなく、社会全体にとって有意義なことです。当社についていえばスーパーで買い物をするお客様の多くは女性です。女性社員が増えれば、それだけ多くのお客様目線を取り入れることができます。


リーダーにはコミュニケーションの能力も重要。ビッグ・ピクチャー(ビジョン)の中で従業員がそれぞれどのような役割を担っているかについて自分の部下に理解してもらうためには、頻繁に対話をすることが必要。


変化を起こすためには、常に健全なプレッシャーが必要。ザ コカ・コーラ カンパニーは中長期成長戦略の中で、今後10年で事業規模を倍にするという目標を掲げており、これはまさに健全なプレッシャーでもあるのです。


地域と上手く交流する秘訣は、その地域が良い時も悪い時も、サポートを続けるということでしょうね。東日本大震災の時に、地域ですぐに必要とされたものは水でした。私たちは速やかに、必要な飲料水を被災地に提供しました。


私たちも社員一人ひとりが地域社会の一員としての自覚を持つ必要があります。工場も、社員も、お客様も、ステークホルダーも、同じ地域社会の中で共存している。そこで認められることから私たちの事業のすべてが始まるのだと思います。


日本市場向けに開発された製品で、世界中に展開されているものも多数ありますし、日本国内においても、我々は地域ごとにローカルボトル会社を持っています。このローカルとグローバルの組み合わせこそが重要だと考えています。


コカ・コーラの強さは、ブランド自体に力があることはもちろんですが、最大の強みは、その素晴らしい人材たちによって常にイノベーションが起こされていることではないでしょうか。実はイノベーションという言葉は誤解をされやすい。イノベーションは新製品の開発だけではなく、たとえば広告などのコミュニケーションの方法、製品パッケージの選択肢を増やすことなど、仕事のやり方の中にもあるのです。


ティム・ブレットの経歴・略歴

ティム・ブレット。経営者。「日本コカ・コーラ」社長。セント・アンドリュース大学歴史学修士課程修了。ザ・ギネス・グループ、ウォーカーズなどを経て米コカ・コーラに入社。日本コカ・コーラ副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

山本多聞

多くの社長は、好奇心旺盛で社交的。おまけに、独立前後に苦労した人が多いので、同じような環境にいる人に共感するケースが多いのです。仲良くなって相談すれば、親身なアドバイスがもらえると思いますよ。


中村義一

学歴があっても、アイデアが出せなければしょうがない。うちには中卒も大卒もいるよ。昔から学歴を問わない代わりに、採用試験で器用さ、洞察力、ものづくりへの思いを徹底的に調べるんです。昼食に出す焼き魚の食べ方までチェックするくらい。入社後も、便利な機械は独創性を奪うから、課長以下の職員にはCADの使用を認めません。


辻村深月

自分が詳しい分野のことでなかったとしても、自分の言葉で話せる人は一目置かれる。ネットから拾い集めたものではなく、自分の言葉で話す訓練をしてみてください。


関淳

まず海外では文化や風習の違いを強く認識し、現地の価値観や風習を理解するのは非常に骨が折れることだと覚悟しなければいけません。その一方で、同じ人間であり、本質的な部分では分かり合えるし、同じことを望んでいると信じることが大切です。


石川康晴

当社が駅ビルに進出し始めた頃、当時は駅ビル開発が盛んではなく、「駅ナカ」という言葉もありませんでしたから、アパレル業界からは変人扱いされましたよ。安物のイメージが強い駅ビルなんかをどうして攻めるのかと2年くらい言われ続けました。その後、彼らは今度は「やっぱり駅ビルだよね」と言い出した(笑)。


出井伸之

私自身はすぐに組織に限界を感じて働きたくなってしまう性分で、これまでも三年に一回は動くという主義でやってきました。三年過ぎたらポジションをかわる、それを三回やったら次は全く違うところへ行くという具合に、どんどん動いてきましたね。


小林喜光

ハングリー精神を身に付けさせるためには、子供を厳しい環境にさらすべきではないでしょうか。海外に行かせるのもいいですし、無人島に閉じこもって仮想のハングリー体験をする機会を作ってもいいかもしれません。子供を海外に出すと同時に、海外から指導者を呼ぶことも必要だと思います。その効果は経営のみならず、スポーツでも表れています。卓球やバドミントンなど海外から指導者を招いた強化策が実って日本から世界で勝てる強豪選手が登場しています。技術力も向上しているのかもしれませんが、世界で戦うメンタリティーを鍛えられるのでしょう。


木暮栄一

全員がそれぞれの作る曲に理解はできないけど、その設計図通りに作ってみようと取り掛かるから、うちのバンドは変な曲が多いんです(笑)。


江上治

戦略をどうするかで、風はフォローにもなるし、アゲインスト(向かい風)にもなる。


山下和美

数寄屋を建てなければ、たぶん『ランド』は描けなかったですね。数寄屋は、手間的にも資金的にも大変でした。それによって自分を崖っぷちに追い詰めて、マンガ家として奮起しようという気持ちもありました。数寄屋のおかげで向上したとまでは思わないまでも、描かなきゃという気持ちは強くなりましたね。それもあって、『ランド』の新連載を始められたと思います。


吉田浩一郎

インターネットサービスは最初に使っていただく人を増やすことが大切なので、当初は収益を低く抑えるのが定石。


元谷芙美子

今のようなネット時代は、スピードこそが価値を生みます。時間がとにかく大切。「タイム・イズ・マネー」じゃなくて、「タイム・イズ・ライフ」「時は命なり」と号令をかけています。


藤田晋

悩んでいる時は、他人からアドバイスをもらうのも手です。ブログやSNSなどのツールを使って悩みを発信するといいでしょう。悩みの相談に乗ることが好きな人も多いので、何らかの返答があると思います。自分で思うほど深刻な問題でなかったり、簡単な解決方法が見つかったりします。


臼井由妃

週も半ばになると、やっぱり中だるみしやすいものです。そこで気分を変えるためにちょっとした挑戦をしてみるんです。自分が苦手だと思っていたことや、初めての分野に手を付けてみる。大げさに考える必要はなくて、いままで読んでなかったビジネス書を読むとか、慣れた人にノウハウを教えてもらいながらファイリングの仕方を工夫してみるとか、そんなことです。そこで思いがけず「できる自分」を発見できれば言うことなしです。


下園壮太

自分が担当したいと望んでいた重要なプロジェクトに、上司が同僚のSさんを任命したとします。単に事実だけを受けとめれば、「そうか。残念だけど、また次の機会に頑張ろう」と思うはず。がっかりはしますが、心は疲れません。ところが実際には、重要な案件から外されたというショックが大きいほど、「何で私ではなくてSなんだ」「上司は私を信用していないのではないか」「自分はもうダメかもしれない」といった様々な怒りや不満、不安といった感情が湧き起こってきます。