名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ティム・サンダース(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ティム・サンダース(経営者)のプロフィール

ティム・サンダース。アメリカの経営者、コンサルタント。「Deeper Media」CEO(最高経営責任者)。ブロードキャスト・ドットコム、米ヤフー・バリューラボ所長、米ヤフーCSO(最高ソリューション責任者)などを経て「Deeper Media」CEO。著書に『好かれる人は得をする』『責任革命 あなたの仕事が世界を変える』。

ティム・サンダース(経営者)の名言 一覧

好感度を構成する要素は4つ。「フレンドリーな姿勢」「相手との共通点を見つけ関係性を具体的に築いていくこと」「共感、積極的に相手の視点に立って、物事を捉える姿勢」「誠実であること」。


ティム・サンダース(経営者)の経歴・略歴

ティム・サンダース。アメリカの経営者、コンサルタント。「Deeper Media」CEO(最高経営責任者)。ブロードキャスト・ドットコム、米ヤフー・バリューラボ所長、米ヤフーCSO(最高ソリューション責任者)などを経て「Deeper Media」CEO。著書に『好かれる人は得をする』『責任革命 あなたの仕事が世界を変える』。

他の記事も読んでみる

山崎将志

どれだけ頑張っても利益が上がらないときに、これから自分はどうなるんだろうという不安にかられる。沈滞した職場を明るくするのに、お金もかからずすぐにできる方法が、声をかけることだ。部下への声かけが、「新規どれくらい増えた?」とか「売上伸びた?」あるいは「目標達成できた?」といった言葉に終始してしまうのも残念である。これらのワードは、すべて会社側の都合によるもので、お客さんの視点が抜けている。「売上増えた?」ではなく「お客さん、増えた?」、「新規どれくらい増えた?」ではなく「お客さん、喜んでる?」と言うようにするといい。同じような意味でも、視点が変わることで意識がまったく変わってくる。結局、それが売上増加にもつながる。


由井常彦

全体として見ると日本はそんなに悪くないし、そんなに悲観するのはおかしいのです。それはちょうど、バブルのときに「日本は世界一」と言ったことの裏返しなのです。


米重克洋

子供の頃から新聞とテレビのニュースが好きでした。私自身は覚えていないのですが、家族の話だと、3歳ごろから普通に新聞を読んでいたそうです。記憶にあるのは、政権でいうと村山政権あたりのニュースです。新聞が普通に家で購読されていて、目につくところに置いてあったからでしょうか。それを自然に読むようになって、政治や経済に関心を持つようになりました。


上垣内猛

当社は、既存店の付加価値を高めることを最も重視しています。店の数が多ければいいというわけではなく、現在ある店舗という財産を伸ばすことが必要なのです。


内藤忍

暴走を止めるには、最悪の場合を想定し、ハイリスクの金融商品に投資する上限額を、事前に決めておくこと。「事前に」というのがポイントです。少しうまくいき始めると誰でも、「もうちょっと投資額を増やしても大丈夫では」などと考え始めます。そうやって落とし穴にはまる。冷静な時に決めた「限度」を守ることが大事です。


吉田忠裕

(社風の)原点は、創業者が富山の漁師町である魚津出身ということにあるのではないでしょうか。漁師の世界はいつ嵐になるか、天候が良くなるか分からないわけです。ですから、いつでも船を出せる、または船を港に戻す準備をしておかねばならないわけです。どんな状況になっても自らの判断で対処できるように、しっかり準備をしておくようにと言われていました。


桐谷広人

株は忍耐。上がっていく株を見て自分も欲しいなと思っても、忍耐なしに飛び付いたら必ずやられちゃう。いくら欲しくても割高なら下がるまで待つ。それも忍耐だと思いますね。


矢﨑雄一郎(矢崎雄一郎)

数年前、それまで立ち上げてきた多くの事業から手を引き、治験に集中する意思決定をしました。治験には時間だけでなく、お金もかかります。ただ、治験製品の製造体制を一度整えてしまえば、それは他のがん種にも応用できるため、加速度的に横展開できると考えています。がん患者の方は年間100万人いらっしゃいますので、より多くの方に貢献したいですね。


小堀秀毅

最も悪いのは逃げること。別の者に任せたり小手先で対応したりといった逃げの姿勢はすぐにバレる。


新将命

座学とは読書をするとか講演会やセミナーに出席して知識や見識を養うことです。そのメリットはものごとの原理原則や本質を体系的に学べることです。私はよく「1日4度の飯を食え。1度は活字の飯を食え」と言いますが、将来会社の経営陣入りを目指すなら、経営学も勉強しておくべきでしょう。


トーマス・カーライル

人は、人間を着ているものを通して洞察せねばならない。そして、その人が着ているものを無視することを学ばなければならない。


野口健

富士山やヒマラヤでの清掃登山、沖縄での戦没者の遺骨収集など、批判も受けながら、でも「やるべきことだ」と思って始め、様々な活動を続けてきました。どの活動も始めた以上は続けなければいけないし、一時の正義感だけではつまずきます。やっぱり自分がワクワクしている時間がないとバランスが取れないんです。そういう意味でカメラはすごく役立っている。視点を変えて、距離を置くことや、客観的に物事を見ることの大切さを教えてくれました。