名言DB

9490 人 / 112001 名言

ティム・サンダース(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ティム・サンダース(経営者)のプロフィール

ティム・サンダース。アメリカの経営者、コンサルタント。「Deeper Media」CEO(最高経営責任者)。ブロードキャスト・ドットコム、米ヤフー・バリューラボ所長、米ヤフーCSO(最高ソリューション責任者)などを経て「Deeper Media」CEO。著書に『好かれる人は得をする』『責任革命 あなたの仕事が世界を変える』。

ティム・サンダース(経営者)の名言 一覧

好感度を構成する要素は4つ。「フレンドリーな姿勢」「相手との共通点を見つけ関係性を具体的に築いていくこと」「共感、積極的に相手の視点に立って、物事を捉える姿勢」「誠実であること」。


ティム・サンダース(経営者)の経歴・略歴

ティム・サンダース。アメリカの経営者、コンサルタント。「Deeper Media」CEO(最高経営責任者)。ブロードキャスト・ドットコム、米ヤフー・バリューラボ所長、米ヤフーCSO(最高ソリューション責任者)などを経て「Deeper Media」CEO。著書に『好かれる人は得をする』『責任革命 あなたの仕事が世界を変える』。

他の記事も読んでみる

金子博人

日本でチームワークといえば、「和」が最高の徳目である。しかし、コンフリクト(衝突・葛藤)は「和」の最大の敵である。となれば、日本式チームワークが効率よく機能するほど、顧客の欲しているものが見えなくなり、「いいものを作れば売れるはず」という、一人よがりの発想がはびこることとなる。高くて使い勝手の悪い製品を顧客に押しつけることとなる。


三村孝仁

日中関係は非常に難しいが、それを意識しすぎると大胆な手が打てない。中国は反日的といわれますが、日本で喧伝されているほどではありません。現地の対日感情はあまり意識せずに前に進むことを決めました。


カーネル・サンダース

信じてもらうのは難しいかもしれないが、1か月で1万2000ドルを売り上げたものだ。これはガソリンスタンドができて以来、他人の3倍にも相当する額だった。ハードワークは割に合う。このことが証明されたわけだ。
【覚書き|ガソリンスタンドを経営していたときを振り返っての発言。洗車やタイヤの空気入れ無料サービス、早朝営業など他にないサービスを行って大繁盛させた】


矢ヶ﨑健一郎(矢ヶ崎健一郎)

数十年単位で会社を成長させていくには「人」に尽きます。上場の目的は、資金調達ではなく、知名度を向上し、優秀な人材を確保すること。


オグ・マンディーノ

ゆりかごから墓場まで、あなたの一生涯の間に横たわるすべてのものには常に不確かさがつきまとう。ゆえにあなたの疑いや不安を笑い飛ばして前進しなさい。


伊勢谷友介

僕自身、自分の命で何かが変わるとは思っていませんが、諦めることは誰でもできることですから、諦めることをやめました。挫折禁止がモットーですから。


白潟敏朗

「この仕事は、私にとって何のメリットがあるんですか?」と部下に詰め寄られて、ムッとした経験を持つ上司もいるのではないでしょうか?このような部下のやる気をアップさせるには、仕事の面白さを実感させるのが非常に有効です。


エレン・クルマン

数年前の話です。防護服や防弾チョッキなどに使うケブラーという繊維を作っている工場で従業員に「あなたはどんな仕事をしているのか」と聞いたところ、こんな答えが返ってきました「私は命を救っているんです」と。世界を安全なものにするために貢献しているというプライドを持って働いていたんですね。メガトレンドを基にデュポンの方向性を明確にする。それによって、多くの従業員が目的意識を持ち、プライドを持てるようになるわけです。


柴山政行

ROAは強い会社であるかどうかを見る指標でもある。このROAを向上させるためにも、収益を生まない「悪い資産」を駆逐する必要がある。そのためには、日ごろから潤沢な自己資本を用意しておくべきなのだ。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

お互いに許すことができない唯一の罪は、意見の相違である。


和田裕美

メールを書くときに大切なのは、ポジション・ライティング。自分と相手の立ち位置を考えてから打ち始めることです。自分自身の立ち位置を考えて、お客さまや上司、同僚の立場を上げる書き方をする。これをすることで非常識な文面で相手をムッとさせることはなくなります。


荘司雅彦

上司や部下の関係を含め、様々なしがらみがある社内において、これらの関係をコントロールするには、「心理術」の心得が支えになります。人間心理を利用すれば、少々の難題でも相手を説得できる――これは私自身、前職の銀行勤務時代や法廷において大いに実感してきたことです。