ティム・サンダース(経営者)の名言

ティム・サンダース(経営者)のプロフィール

ティム・サンダース。アメリカの経営者、コンサルタント。「Deeper Media」CEO(最高経営責任者)。ブロードキャスト・ドットコム、米ヤフー・バリューラボ所長、米ヤフーCSO(最高ソリューション責任者)などを経て「Deeper Media」CEO。著書に『好かれる人は得をする』『責任革命 あなたの仕事が世界を変える』。

ティム・サンダース(経営者)の名言 一覧

好感度を構成する要素は4つ。「フレンドリーな姿勢」「相手との共通点を見つけ関係性を具体的に築いていくこと」「共感、積極的に相手の視点に立って、物事を捉える姿勢」「誠実であること」。


ティム・サンダース(経営者)の経歴・略歴

ティム・サンダース。アメリカの経営者、コンサルタント。「Deeper Media」CEO(最高経営責任者)。ブロードキャスト・ドットコム、米ヤフー・バリューラボ所長、米ヤフーCSO(最高ソリューション責任者)などを経て「Deeper Media」CEO。著書に『好かれる人は得をする』『責任革命 あなたの仕事が世界を変える』。

他の記事も読んでみる

池森賢二

よその店で勧められるままに買い、家に帰って失敗したと悔むケースがすごく多い。売上至上主義がお客様を忘れさせてしまう気がします。基本が、いかに買っていただくかではなく、どう売上を増やすかですから。私は売上計画が未達成だったからと社員を怒ったことは一度もありません。株主やアナリストに言い訳しなきゃいけないのはつらいけれど、やっぱり、うちはお客様のほうが大事です。


金子豊久

私たちの仕事はなくてはならない業種だと思います。ますます注目度が増し、必要性とともに社会的な責任が増してくるとも思います。一企業としてのみでなく、社会の模範となるような企業となるべく社員とともに頑張っていきたいと思います。


松本久晃

掃除の持つ効用はとても大きなものです。しつけにも最適だと思います。我々プロのノウハウを生かし、産学協同で教育事業としてのプランも考えています。たとえば、近所のお母様方を集め、掃除の仕方をレクチャーし、それをご家庭でお子様と一緒に実践してもらうのもいいかもしれません。


稲盛和夫

想定外の事態が起こったときに、その後、復活していくのには、その組織の末端が元気に生きていることが大事。トップの脳神経が壊れれば手足が麻痺するというのではなしに、それはもう下等生物みたいに、腕や足が切れても腕や足そのものが動いているということがありますね。つまり、全てが、全組織が生きているという状態であれば、想定外の事態に遭遇しても、それぞれが自発的に対処し動いてくれますから、復旧も早い。


田中仁(経営者)

私の責務は、現場がすぐ動けるように、意思決定を早くすること。社員にも会議や資料作成に費やす時間は徹底して削ることを求め、前倒しできる仕事は次々と進める。時間を最大限に捻出して、本当に重要な案件の検討に全力を注ぎます。


水谷佑毅

企業である以上、売り上げ目標を掲げるのは当然のことですが、それ以上に地域や社会と共に歩み続けることが重要です。これからも社会貢献性の高い事業分野で成長し続けていきます。


菰田正信

物流施設は以前は「倉庫」であり、単に「保管する」場所でした。それが今では「ショッピングセンター化」しています。私も中に入って驚きました。物流センターで商品をピッキングする作業は、言い換えれば、アルバイトのスタッフがお客様の代わりに、倉庫の棚から買い物をしているようなものです。eコマースの伝票を持って、陳列棚からどんどん選んでいく。まるでショッピングセンターのような光景です。そして、効率よく梱包し、集配、配送する。それを1日に何度も繰り返すのです。


村岡恵理

私自身にもいくつかの曲がり角があった。むしろ自分の思い通りにならないことのほうが多かった。ただそんな場合でも、アンや祖母・花子の言葉に支えられ、その先にあるものを信じることができた。


内藤忍

毎朝書くブログは半分義務のように感じていますが、やはり楽しいことでもあるから起きられます。起きてしまえば出かけるまでの日課はルーティン化されているので、体が自然に動くのです。


山本多聞

多くの社長は、好奇心旺盛で社交的。おまけに、独立前後に苦労した人が多いので、同じような環境にいる人に共感するケースが多いのです。仲良くなって相談すれば、親身なアドバイスがもらえると思いますよ。


根岸秋男

身の丈に合った背伸びをして欲しい。私は受け身の人は絶対に評価しませんし、チャンスも与えません。前向きに、能動的、主体的に仕事をして欲しい。


鮎川義介

「All OK = All no good(誰もが賛成することは、総好かんと選ぶところはない)」。売り方と買い方の競り合いなしに相場が成り立たないのと同じ理屈である。


宮内誠

立地が良いにもかかわらず、その潜在力を生かしきれていない物件を見た時は、潜在力を引き出すためにどうしたらいいか、そういう考えで再生を進めています。


坂本孝

いくつものビジネスを立ち上げては失敗し、40代までに成功したのは中古ピアノ販売業だけ。50代でようやくブックオフを成功させましたが、それを含めても「2勝10敗」。ただ、何度失敗しても、いつかツキが来ると信じて、鉱山を掘りまくっては金脈を探し続けてきた。


寺門ジモン

僕らはなぜか、もう打ち切りが決まっている番組の最後に呼ばれること多いよね。僕らが大切にしてきたのは、たとえ敗戦処理だとしても、その日、その現場でいかにいい点を取れるかということ。いかに全力を出し切れるかってことを続けてきた30年なんですよ。


ページの先頭へ